中編2
  • 表示切替
  • 使い方

イミテーション

wallpaper:1223

「いってきまーす」

そう言って玄関を出た真由は、学校に向かう。

そして何事もない日常を楽しむのだ。

家に帰れば父と母が待っている。

父は朝早い代わりに帰りも早く、母は専業主婦だ。

両親は優しく、真由はそんな両親が大好きだった。

nextpage

ある日、珍しく父の帰りが遅かった。

心なしか母の顔色が悪く見える。

何かあったのか聞いても答えてくれなかった。

ニュースで近くの道路で交通事故が起こったと報道された。

夜11時、父が帰ってきた。

「おかえり」「遅かったね」

喋りかけても返事はなかった。

nextpage

次の日は父も普段通りに戻っていた。

でも、どこかが違う気がすると真由は思ったが、口には出さなかった。

母は何故か寝込んでしまい、その日のご飯は真由が作った。

父は早く帰ってきた。

夜になっても母は寝込んだままだった。

「お母さん、夕飯…」

真由が夕飯を持って行ったとき、母はすすり泣いていた。

nextpage

次の日、母の部屋には手紙が残されていた。

『探さないで』

母が居なくなった。

学校も休んで必死に探し回ったが、結局見つからなかった。

父はそんな状況でも危機感を抱いていなかった。

「いつか帰ってくるよ」なんてのんきに言って。

真由はそんな父を見て違和感を覚えた。

前の父なら私以上に必死になって探すはずだ。

遅く帰ってきた日から何かが変だ。

家を飛び出した真由は夜までずっと探し続けた。

nextpage

見つけきれずにそのまま家に帰ると、母が帰っていた。

「どこ行ってたの」と聞いても返事がなかった。

まるで父の時と同じだ。

次の日、やはり母に違和感を抱いた。

まるで同じ姿をした別人みたいだ。

真由はその日、学校に行くふりをしてサボった。

違和感の正体を暴くために。

nextpage

父と母は私が家を出てすぐどこかに向かった。

それは町はずれの大きな工場だった。

その中に入って行った父と母は暫く出てこなかった。

真由は気になり、工場に近付いて窓から中を覗くと

「なにこれ…」

大量の人型ロボットが作られていた。

それを見て真由は違和感の正体が分かった。

ロボットだったんだ。

父は交通事故、母は自殺して死んだんだ。

すべて分かった時、真由は後ろに気配を感じた。

振り向くとそこには数体のロボット。

「侵入者、直チニ抹消シマス」

nextpage

学校で真由は人気者になった。

いろんな話題に詳しく、誰とでも仲良くできた。

ある日友人が笑顔で言った。

「真由、前より明るくなったね。まるで別人だよ!」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5151
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

こんな時代が来たら嫌ですね。
妙にリアリティーがありました。