中編3
  • 表示切替
  • 使い方

【セブンスワンダー】顔

music:4

wallpaper:208

――じゃあ、七不思議のひとつを話してあげる。

nextpage

今から二十年くらい前の話。

とある男子生徒が教材の倉庫になっていた部屋に、授業で使った世界地図を仕舞いにきたの。

冬の日の夕方、窓の外はもう暗かった。

彼は手探りで部屋の電気のスイッチを入れたけど、それは切れかかっていた。

チカチカと苦し気に明滅する電灯に照らされた部屋の中、地図を所定の場所に片した彼は、ふと壁にへこみがあるのを見つけたの。

nextpage

目、目、口、

それは、そう、――人の顔に見えた。

人間って三つの点が集まったものは、なんとなく人の顔のように認識してしまう性質があるそうだけど、

それにしても、薄暗い部屋で見つけたそれは、彼を睨んでいるように見えた。

彼はとても恐怖したの。

そして、すぐさま帰宅した。

nextpage

wallpaper:965

家に着いて、自分の部屋で一息ついた彼は、そこで壁のへこみを見つけたの。

それもやはり、――顔に見えた。

顔に見えたの。

nextpage

怖くなった彼は、部屋にあった工作用の粘土を、壁のへこみに塗り込んだの。

へこみはそれでなくなった。

彼は安心した。

――でもね。

nextpage

wallpaper:208

次の日、教室の自分の席で授業を受けていたとき、彼は気づいたの。

窓際の自分の席、そのすぐ横の壁に、三つのへこみがあるのを。

慌てて彼は美術室から粘土を持ってきて、へこみを塗りつぶした。

彼は安心した。

――それでも。

nextpage

wallpaper:965

自宅の自分の部屋、昨日は気が付かなかったのかしら。

今度はふたつも。壁のへこみ。

また塗りつぶす。塗りつぶす。

でも、

やっぱり。

うふふ。

nextpage

彼はね、顔に見えるへこみが怖くて怖くて、やがて本当に人の顔を見るが怖くなってしまったの。

ついには学校に行けなくなって、自分の部屋に閉じこもるようになってしまった。

nextpage

部屋の中の、顔に見える壁のへこみは

塗りつぶして塗りつぶして塗りつぶして塗りつぶして

すべて塗りつぶして。

nextpage

ところで、彼には当時付き合っていた彼女がいた。

その日、彼女は彼の家を訪ねていった。

ちょうど親御さんはいなかった。だから彼が彼女を出迎えた。

彼はその時にはもう、彼女の顔をろくに見ることもできなくなっていた。

nextpage

顔をあわせず、それでも彼は彼女を自分の部屋に招き入れた。

彼女は部屋に入った瞬間、悲鳴を上げそうになった。

壁という壁、床という床、家具という家具に

べたべたべたべたべたべたべた

粘土が

nextpage

彼はそれでも我慢していたんだと思う。

目の前に顔がある。顔。顔が。

怖い怖い怖い。

だからね、

nextpage

塗りつぶしたの。

粘土で。

彼女の、

顔を。

nextpage

wallpaper:208

「――それは…」

俺は言葉に詰まる。そして

「…よくできた話ですね」

そう続けた。

すると部長は少し得意げな表情をしながら、古いノートを開いて俺に渡してきた。

そこには古い新聞記事が貼り付けられていた。

nextpage

男子高校生、女生徒を殺害――

12月某日、○○高校に通う男子生徒が、自宅を訪問した同じクラスの女生徒○○さんを襲い、顔面に粘土を塗りつけ窒息死させた疑い。男子生徒は警察の調べに対し「怖かったから」と錯乱した様子で応えた――

nextpage

――これって。

「本当にあった出来事なんですか?この高校で」

部長は首をすくめて、両手で口元を隠してクスクスと笑う。

くすぐったそうに。目を細めて。

「ふふ、おかしぃ」

nextpage

そして最後に一言、部長はこう付け加えた。

「そこの棚の裏の壁にね、板が打ち付けてあるの。――覗かない方がいいよ」

Normal
閲覧数コメント怖い
4510
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ