短編1
  • 表示切替
  • 使い方

アイヲツラヌク

初恋。産まれて初めてあんなに愛おしいと思える女性はいなかった。ただ、シャイだった俺は話しかけようとすることが難しく、親友のKに相談した。

nextpage

「愛を貫けば良いのさ!」

当たり前の様にKは言う。

『そんな勇気、俺にはないさ。』

簡単に言うなよ。と返答する。

「俺は愛を貫いたから、今、こうして最愛の彼女がいるのさ。お前は、俺と何処か似ているし、きっと出来る。」

『それは、お前がポジティブな頭をしているからさ。お前と一緒にすんなよ。』

確かこんな会話をしたっけ。

ただ、そんな事を言いつつ内心

《愛を貫く。愛を貫く…》

と復唱していた。

nextpage

場面は雨降る街中。そうだ。この時俺はやっとの事で彼女をデートに誘えたんだっけか。間近で見る彼女はいつも以上に綺麗で美しく、さらに俺の心を掴んでいった。

nextpage

「あら、あそこに子猫が!危ないわ!」

そう言うが早いか、彼女は俺の手を振りほどき道路に飛び出していった。

separator

俺の制止する声も聞かずに__

nextpage

ハッと暗く深い夢から覚める。

地につかない足。気分がいいとはとても言えない。

俺は、目の前にある、宙に浮いている俺の姿を目の当たりにしていた。

nextpage

《アイヲツラヌク》

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
37800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ