中編5
  • 表示切替
  • 使い方

午前2時の誘惑。

私には悪癖がある。それは夜も更けてからという遅い時間帯に無性に、甘い物が食べたくなるのだ。

遅い時間帯に食事、それも甘い物を食べるということがどれだけ体に良くないかは分かっている。肥満になるだけではなく、逆流性食道炎や糖尿病になるリスクもあるのだと、看護師をしている友人から聞いたこともある。だけど、食べたいのだ。我慢が利かなくなる。食べちゃだめ、食べちゃだめと強く念じれば念じるほど、体が甘い食べ物を欲求してやまないのだ。

家に甘い物を置いておくと、結局食べてしまうので、極力置かないようにはしているのだが。そんな私の涙ぐましい努力を嘲笑うかのように、近所に新しいコンビニがオープンした。近頃のコンビニでは、スイーツに力を入れているらしく、ケーキ屋さん顔負けな豪奢なスイーツが勢揃いするようになった。ケーキ屋さんで買うより安いし、味も劣ってはいない。ふんわりとした生地に生クリームを挟んで巻いたロールケーキや、サクッとした皮にトロリとしたカスタードがたっぷり詰まったシュークリームなど、考えるだけで涎が出そうだ。

もういても立ってもいられない。私は財布を掴むと、パーカーを羽織って表に飛び出した。

深夜帯のコンビニには、数人のお客がいた。仕事帰りのサラリーマンや見た目が派手な若者が、手に飲み物や雑誌を持ってレジに並んでいる。私はそそくさと菓子棚のほうへと歩き、じろじろと物色した。新発売になっていた杏仁豆腐やマンゴープリンに加え、定番のロールケーキやプリン、抹茶味のシュークリームなどをカゴに入れ、レジに向かった。レジには若い店員がいて、カゴに入った数々のスイーツと私の顔を見比べ、小さく肩を竦めた。だが、そんな態度にも別に腹は立たない。そんなことよりも早く家に戻って、このスイーツの数々を頬張りたくて仕方なかった。

はやる気持ちを抑え、足早にコンビニを出る。すると出た直後、「ユリちゃん!」と声を掛けられた。見れば知らない女性が私を見てにこにこしている。セミロングの黒髪に、皮のジャケット、ジーンズにロングブーツを履いた、30代くらいの人だ。キツイ香水の匂いが鼻をつく。親しげな様子で近寄ってくるが、先述した通り、知り合いでも顔見知りでもない。第一、私の名前は「ユリ」ではない。誰かと勘違いしているんだろう。そう思い、口を開こうとした途端、腕を掴まれた。

「遅いじゃない。約束の時間は午前1時でしょ。もう2時になるわよ。電話しても出ないし、メールもラインも返ってこないし。心配したのよ。遅れるくらいいいけど、せめて連絡はしてよね」

「は・・・・・・?いや、私は」

「早く行きましょう。近くの駐車場に車停めてるから。準備は出来てるし、抜かりはないから」

「ですから、私は」

「レターセットとペンも用意したし、良かったら使って頂戴。ふふ、私って準備いいでしょ」

そう言って歩き出そうとする彼女を私は必死に止めた。

「ちょっと待って。私の名前はユリじゃないです。人違いされているのでは?」

「やだー、またそんな冗談言って。前、メールで言ってたじゃない。左目の下に黒子があるって」

確かに私の左目の下には泣き黒子がある。彼女が本来、待ち合わせをしていた「ユリ」という女性にもまた、同じように左目の下に黒子があるというのは偶然にしては出来過ぎているが。しかし、私は「ユリ」さんではない。完全に人違いだ。私は女性の手を振り解くと、「人違いですよ」とやや力を込めて言った。

「私はユリさんではありません。ちょっとコンビニに買い物があって来ただけに過ぎません」

流石に大量のスイーツを買ったことは伏せた。女性は目をぱちぱちさせ、しばらく黙っていたが、ようやく人違いに気付いてくれたようだ。彼女は頭を何度も下げ、「ごめんなさいね」と謝った。

「人違いだわ。待ち合わせの相手の顔を知らないものだから・・・・・・。でも、前、電話をした時に左目の下に黒子があるって聞いてたから、あなただと思っちゃったの。待ち合わせ場所がここのコンビニだったしね。本当にごめんなさい」

「いえ・・・・・・。分かって貰えればいいです」

「この調子だと、ユリの奴、来ないかな・・・・・・」

女性はポケットからスマホを取り出して弄り始めた。ようやく解放された私は、軽く会釈をしてその場を立ち去ろうと歩き出した。すると、女性が「ちょっと待って」と私の袖を掴んだ。何だろう、まだ何か私に用があると言うのだろうか。早く家に帰って、お宝とご対面したくてうずうずしているというのに。人違いされたこともあり、幾らかムッとした表情を作り、振り返る。女性は相変わらずにこにこしていた。

「ねえ、あなた。○○○っていうサイト、見たことある?」

「・・・・・・?」

見たことはないし、聞いたこともない。名前だけではどんなサイトであるのか、全く分からない。無言で首を振る私に、女性はさらりと言った。

「自殺サークルのサイトなのよ。私も、それからユリもそのサイトに登録しているの」

自殺サークル____自殺志願者を募るサイトのことだ。自殺をしたい、もしくは自殺に興味がある、そういった人々が集まり、思い思いに言葉を交わす。そういったサイトがあるということは知っていたが、実際にサイト利用者に出逢うのはこれが初めてだ。目の前にいる、ごくごく普通の女性。人生に悲観しているようでも絶望したようにも見えない雰囲気の彼女が、自殺サークルのメンバー?今度は私が目をぱちぱちする番だった。

そんな私をよそに、女性はにこにこしながら更に追い打ちを掛けた。

「ユリとはサイトで知り合って、凄く気が合ったの。サークル内では1番の友達だった。でね、今日会う約束してたのよ。お互い生きていくの厭になっちゃったクチだし、心中しようって話し合ってたの。このコンビニ前で待ち合わせして、私の車の中で練炭自殺しようかって話してだんだけど・・・・・・・やっぱり怖くなっちゃったのかな。連絡取れなくて」

女性は私の顔を両手で挟むと、じりじりと自分の顔を近付けて来た。細い目を何とか大きく見せようと、必死で偽装した跡が見て取れる。かぴかぴになったアイテープや、何度も引き直したせいで滲んだアイライン、取れ掛かった付け睫毛に、淵のあるカラーコンタクト。濃過ぎるファンデーションとチーク。年齢にしては痛々しいメイクだが、死んだ後も美しくありたいと願うその努力だけは伝わった。だが、その異様なまでの迫力に、私は声も出ない。通行人が不振そうな眼差しでこちらを見てくるものの、関わり合いを恐れてか誰も助け船を出してくれようとはしなかった。

女性は真っ赤に塗りたくられた唇を歪ませ、ぼそりと呟いた。

「ユリの代わりにあなたでもいいや。むしろあなたがいいや。これから一緒に行かない?大丈夫、遺書も練炭の準備も出来ているし_____」

私は踵を返し、今しがた買ったばかりのお宝が詰まったコンビニ袋を投げ出して走り去った。

それ以来、あのコンビニには行っていない。

Normal
閲覧数コメント怖い
2,16724
25
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

hikaさん、コメントありがとうございます。

お久しぶりでございます。お元気でしたか?年末で仕事納めでバタバタしていたり、お酒が弱いのだからよせばいいのにワインなど飲んで気分を害して寝込んでいたりして、コメント返しが遅くなってしまい、申し訳ありません。

自殺者の心境というものは計り知れないです。ただ、中には錯乱状態にある方もいらっしゃるようですね。本で齧っただけの知識ですので、詳しいことは分からないのですが。死を目前にして、その恐怖や葛藤と闘うあまり、錯乱状態になり、わけがわからないまま自殺をしてしまう方もいるようです。また、中には身辺整理をしたり、残された家族のために保険に入ったり、そしてこれは女性限定ですが、メイクや服装などをきちんと整えてから自殺を図る場合もあるようです。

私もhikaさんと同様、道連れの心境は理解出来ません。死は受容するものですが、強要されるものでも共有するものでもないのですから。

あんみつ姫さん、コメントありがとうございます。

年末でバタバタしており、コメント返しが遅くなってしまい、申し訳ありません。

あんみつ姫さんの仰る通り、死は受容するものです。人間は生まれた時から既に死へと向かっていくものだ____という言葉を聞いたことがあります。産声を上げてこの世に生を受けたその瞬間から、死へのカウントダウンはスタートしているのでしょう。あまり縁起がいいとは思いませんが。

最近、若輩者による自殺が増加傾向にあるようです。一昔前では働き盛りの5、60代くらいの方の自殺が多かったようですが、最近新聞やニュースで聞くのは中高生が多いです。中には小学生もいるというのだから、何とも痛ましい話です。高校時代の友人は、かつて中学生の時にクラスメイトが自殺したそうです。苛めを苦にしてとのことでしたが・・・・・・友人は時折、「何で助けてあげられなかったのだろう」と呟いています。

中高生の自殺の場合、やはり苛めによるものが多いですね。私自身、中学時代に苛めを体験したクチですので、苛めがどんなに辛いものかを微弱ながら理解しております。クラスに居場所がないことが悲しいと言うより恥ずかしかった。休み時間、お喋り出来る友人が少なくて寂しい思いもしましたし、悪口を言われて泣きながら帰った日もありました。哀しいかな、人間というものは弱者をいたぶることによって、自尊心を満足させたり優越感に浸ることが出来る生き物です。人と比べなくてもいいんだよ、などと言うのは建前。自分より才能に満ち溢れている人を妬み、自分よりも劣っていると認識している人間を蔑む。人間の本質はそうそう変わるものではありませんし、変えられるものではありません。余談ですが、例えば時間にルーズな人間に、時間をしっかり守るよう命じても、短期間で治せるものではないそうです。時間にルーズということは、だらしがないというわけでなく、その人間の特性であり本質だからだそうです。なので、他者からどれだけ時間を守るように言われても改善するものではありませんし、本当に治そうと思うのならば専門機関によるカウンセリングが必要だそうです。人間の本質は、基本的には変えることは難しいようです。

芥川龍之介をはじめ、太宰治など名作を世に残した人間は自殺を選択する場合が多いのでしょうか____芥川龍之介は自殺する以前に自身のトッペルゲンガーを見たという逸話が残されていますが、その辺りも関係しているのでしょうか。現在も尚、芥川賞と名の付く賞があるように、芥川龍之介といえば日本を代表する作家の1人ですよね。ただ、私は彼の作品や彼が著名な作家であったということしか知らないのです。彼の心の在り方、人生観、価値観など全く知らない。彼が何を思い、感じ、笑い、喜び、怒り、悲しみ、嘆き、死を選択したのか。傍から見れば幸福そうな人間でも、心の内は真綿でじわじわと首を絞められるような、そんな思いでいっぱいなのかもしれません。ただ、知らないということは、無知であることは罪なのかもしれません。知らないのなら知ろうとしなくてはならない。人間は生まれて死ぬまでが勉強ですし、少しでも多くのことを学びたいです。それが人の心の痛みを和らげる方法であるのなら尚更。

人間1人を救うということは、物凄く難しい。身を切るような思いをしても、或いは精一杯の努力を以てしても容易いことではありません。しかし、ほんの些細な一言で救われることもあるのだと信じたい。私もある人の一言で救われた経験を持つ者ですから。その人は別に私を励まそうとか勇気付けようとか思ったわけではなく、ありのままに自分が思ったことをそのまま言葉にしてくれました。むしろ励まされたり勇気付けようと思って掛けて頂く言葉よりも言葉に響きましたね。それくらいの加減で丁度いいのかもしれえません。励ましや勇気付けの言葉は、時に重荷になりますから。

「今日、貴方が無為に過ごした一日は、昨日亡くなった人が生きたいと願った明日である。」

この言葉、ネットの名言集で見たことがあります。落ち込んだ時や辛い時など、ネットの名言集を開いてためになる言葉を拾って明日に生かそうと思っております。心に響き、染み入る言葉ですね。今現在、ご病気で療養中の方、今まさに病気と闘っておられる方。そして闘うのは病気ばかりではありません。人は様々なものと闘わなくてはいけない____人生とも。

夜が来れば朝が来る。

しかし、朝が来るということはどれだけ大切なことなのか。それを改めて実感させて頂きました。明日という言葉は希望の光だということも。

題材が題材でしたので、皆様も色々とお考えになることが多かったと存じます。読者様の中には、こういった内容にご気分を悪くされた方もいらっしゃるかもしれません。謹んでお詫び申し上げます。

今年も残すところあと僅かとなりました。皆様が良いお年をお迎えできますよう、お祈り申し上げます。

mamiさん、コメントありがとうございます。

私も同感です。どんな理由があろうとも道連れや心中はご勘弁頂きたいと強く思います。1人で死ぬことが寂しいから他者を巻き添えるというやり方は、あまりにも身勝手な方法ではないでしょうか。1人で死ぬことが寂しいのであれば、共に逝くのではなく、共に生きましょう。共に死ぬことは出来ないけれど、共に生きることは大歓迎です。

主人公の「私」が無事に逃げおおせることが出来、私も安堵しております。火事場の莫迦力といいますか、人間はいざとなると、物凄いパワーを発揮しますから。わざわざ買いに行ったスイーツが入った袋を放り出して全力疾走していますしね。確かに片手に何か持っている状態では、バランスが崩れ、走るのに支障が出ますし。咄嗟に放り出したのか、或いは走るのに邪魔だったのかは判断がつきませんが。

まあ、主人公の「私」に対しても、深夜帯に女性が1人で出歩くことは色々な意味で危険が伴いますから、今後は注意して頂きたいものです。

珍味さん、コメントありがとうございます。

午前1時のスケッチ、という曲ですか。申し訳ないのですが、私はその曲を存じておりません。今度、検索してみますね。

午前1時に待ち合わせをしたのは、主人公の「私」と自殺志願者の女性マキさん(ロビンⅯ太郎・comさんが命名して下さいました)を午前2時に出逢わせたかったからです。マキさんはユリさんと心中を計画するのですが振られてしまい、1時間待ちぼうけをする。そこで1時間後に「私」と出逢った。このような流れにしたくて、マキさんとユリさんの待ち合わせの時刻を午前1時に設定致しました。

午前2時にしたのは、丑三つ時だからです。午前2時から4時にかけての時間帯は、最も幽霊に遭遇しやすいと遥か昔から考えられてきました。あとは逢魔が時、ですか。夕刻から夜にかけての時間____黄昏時ですね。この世ならざるモノ達が姿を現す時間帯のことです。縁起が悪いとされている時間帯を使おうと思っていまして。丑三つ時か黄昏時か、待ち合わせ時間をどちらにしようか迷いましたが、題名を考えた時に「午前2時の・・・・・・」というタイトルのほうがしっくりきたので、そちらにしました。

赤煉瓦さん、コメントありがとうございます。

仰る通りです。自殺を図るということは、生半可な覚悟では出来ません。私など採血1つでヒィヒィ騒ぎます。痛みに対する堪え性がなく、痛いことは基本的に苦手です。自殺など痛いだろうし苦しいだろうし、想像するだけでも全身がぞわりと粟立ちます。

色々と大変な思いをされたのですね。その心中、お察しします。赤煉瓦さんの心労を何1つ知らない私がこのようなことを申し上げることこそ、大変心苦しいですが。生きることは、時に死ぬことよりも辛く苦しいものなのかもしれません。しかし、そうした思いや葛藤を乗り越えて力強く生きていらっしゃる赤煉瓦さんとサイトを通じて巡り逢うことが出来、私は本当に嬉しく思います。思えば、当初の頃からとても良くして頂いておりました。これからもこうして繋がりが持てたら、と勝手ながら思っております。

最近、自殺をする若者が増加しているように感じます。特に最近は自殺層が若年化されていて、中学生や小学生に至る未来ある子ども達が死を選択するということは、何とも痛ましいことです。彼らの思いを何も知らぬ私が「簡単に命を投げ出さないで」と豪語したところで、説得力はありません。しかし、私は彼らに一言問い掛けてみたいのです。

「あなたは本当に死にたいのですか」と。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

りこさん、コメントありがとうございます。

なるほど。それは実に興味深いというかためになる話です。午後2時頃が食べ物を摂取しても太りにくいということはありがたい話です。昼食はまだなので、2時に食べようか思案しております。

友人は自炊もするんですが、外食が好きで。小食な割にどこそこへ食べに行ったとか、どこそこのお店が美味しかったとか、よく教えてくれます。最近ではどこの何がお勧めかと聞いたら、「セブンのカルビ弁当」と力強く言い切られ、オシャレなレストランの名前が出てくるかと思っていた矢先でしたので、吹き出しました。まあ、確かに美味しそうですね。私はコンビニにはあまり行かないため、食べたことはないんですが。彼女は食にも服にもこだわるので、彼女が言うならばセブンのコンビニ弁当も美味しいのでしょう。今度、食べてみようかな。

ロビンⅯ太郎・comさん、、改めましてコメントありがとうございます。続編を書いて頂き、とても嬉しく思います。

こういったリレー方式は面白いですね。同じ作品を原点としていますが、作風が違うため、全く別物の独立した作品として成り立っていますので、実に面白かったです。

私の周囲にはホラーが苦手な人間が勢揃いしており、なかなか同じ趣味を持つ方との交流が出来ずにおりますので、怖話様のほうで何かイベントなど企画して頂けたら嬉しいです。こうしてネットを通じての交流も楽しいですが、デジタルではなくアナログ____ネットで交流を深めることも大切ですが、直接お会いしたりして皆様のご意見を聞きたいです。交流会みたいのがあれば、是非とも参加したいです。

私、ロビンМ太郎さんがどんな方なのか非常に興味があるんですよ(笑)。会ってお話ししてみたい。

鏡水花さん、コメントありがとうございます。

仰る通りですし、私も同感です。レジャーへのお誘いでしたら喜んでお受けしたい次第ですが、あの世までの道連れにはご勘弁頂きたいものだ。旅は道連れ世は情けとは言いますが、決して楽しい道中ではありませんから。自殺というものは、生きている人間が最も犯してはならないという大罪であるという話を聞いたことがあります。変な話、他者殺しよりも重い罪なのだとか。自殺をした人間には同情の余地もなければ憐れんでも貰えず、問答無用で地獄に堕ちる____らしいです。一説によれば。

無限地獄、でしたか。死して尚、魂が浄化されずに何度も何度も自殺を繰り返すのだとか。魂が浄化されないということは、成仏することも生まれ変わることも出来ないわけですからね。自身が犯した罪とはいえ、死後も救われることなく、罪滅ぼしも出来ず、延々と自殺を繰り返すというのは、何とも哀れといいますか。現世では幸せになれなったから、来世では幸せになろうねという話には、残念ながら叶わないようです。来世で幸せになりたいのであれば、まず現世を生き抜くことが必要不可欠な条件であるのかもしれません。

夜中、私もお腹が空いて、みかんを4つほど食べ、翌日お腹を壊したというエピソードがあります(笑)。食べたいは食べたいんですが、お腹がついていけないんです。胃腸が弱くて・・・・・・。

りこさん、コメントありがとうございます。

さあ、どうでしょうか(笑)。そういった理由も考えられますね。

人間というものはえてして自分を基準に物事を計ります。自分自身が基準とみなし、自分より幸福であるか不幸であるかを計測し、一喜一憂する。自分より幸福だと思う人間は妬み嫉み、自分より不幸だと思う人間を見て安心する。人と比べなくてもいいんだよと誰しもが謳いますが、悲しいかな人間にはそれが出来ないのかもしれないですね。

作中の女性____ロビンⅯ太郎・comさんにマキさんという名前を付けて頂きました。彼女もまた、自分と他者を比較してばかりいたのかもしれません。他者を心中相手に相応しいか相応しくないかという理念でしか見ていない。そういった目線でしか他人を計れないというのも、何だか寂しい話です。是非ともマキさんには自殺を思い留まり、更生への道を歩んでいってほしいところです。

のりたま子さん、コメントありがとうございます。

人違いで終わらせてくれれば良かったのに・・・・・・ですね。人違いをされたというだけでも迷惑だというのに、更に心中しようと持ち掛けてくる。作中の自殺志願者の女性はどこか図々しいところがあります。女性の名前はマキさんという設定です。

マキさんはユリという女性と心中することを計画していたようですが、今回はフラれてしまったようですね。某漫画の受け売りですが、女性というものは自殺の直前、とても身嗜みに気を遣うのだそうです。自殺というものは他者に発見されるわけですから、すっぴんだったり部屋着のままだったりすることは美徳に反するようですね。普段は眼鏡を愛用していても、自殺を図る時はコンタクトにするとか、念入りにメイクをして服装もきちんとした物を身に着けるなど、女性はどんな場面に置いても美しくありたいと思うようです。自殺志願者の女性がこれに全て当て嵌まるとは言いませんが。

そういった女性特有の本能というものが、私には恐ろしくも惹かれてやまないのです。美しくありたいと思うのは、女性ならば誰しも望むことですから。それが例え死に顔であったとしても。

にゃんさん、コメントありがとうございます。

自殺サークルというサイトは実際にあるサイトとして、今尚運営状態にあるようですね。以前、実際に自殺サークルに登録していた人間が集団自殺を図ったという事件もあるまたようです。この話を書く際にあたり、私も自殺サークルについてネットで検索してみました。ざっと調べただけですが、膨大な数がヒットしました。中には自殺を取り止めるよう促すサイトもありましたが。

某アニメの受け売りですが。例えば水中心中をした場合、共に死を誓い合った仲にも関わらず、相手を犠牲にしてでも自分が助かりたいという本能が働くのだとか。窒息死という死に方は、物凄く苦しいものだそうです。当たり前のようにしている呼吸が出来ないわけですから、その苦しみはひとしおです。なので、心中相手の頭や体に爪を立てて押し退け、自分が呼吸を確保出来るようにと本能が働く____らしいです。死にたいという意思とは関係なく、生き物の生存本能ですね。

死を覚悟しているにも関わらず、本能が生きようとするこの現象。人間というものは、生に対して本当に貪欲です。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

鏡姐さん、夜中にアイスを食べるとブ◯になりますよ…ボソリ…

表示
ネタバレ注意