中編4
  • 表示切替
  • 使い方

友人とは

music:7

思い出してはいけないものを

思い出してしまった

それは私の人格を否定してしまい

過去と向き合わなくてはいけないものに

なってしまうからである

music:4

昔から人には見えないモノが

見えてしまい

怖がられたり

邪険に扱われたりしたことがある

その中で

私の過去に

余り人に言えない期間がある

小学5年〜

高校1年の夏くらいまで

どうしても記憶が曖昧で

しかし部分的に鮮明で

nextpage

当時を知る友人や

知り合い

親に

付き合っていた人に聞くと

人格が別人になったように

明るくなったり

暗くなったり

博識だったり

飄々としていたり

していたようだ

nextpage

良い面が沢山あるようであるが

全く別の意見も言われることがよくある

nextpage

「些細なことで突然キレた」

「いきなり泣き始めて止まらなくて困った」

「いきなり何処かに消えてしばらく帰ってこない」

nextpage

最近になって自分で

微かにだが思い出したことがあった

少しずつ

ほんの少しずつだが

私はイジメにあっていたようである

nextpage

出来事の始まりは

小学の担任の先生

クラス単位でのイジメに発展し

首謀者は担任の先生

5〜6年は同じ担任で

2年間の地獄を味わった

nextpage

その時に唯一の友人だったのが

沖田裕也という少年だった

同じクラスで

ほとんど目立たないが

優しく

「大丈夫だよ」

「元気出して」

そんな言葉をよくかけてくれた

nextpage

中学に上がると

小学生の時の人達と一緒に上がり

立場は同じだった

それよりも

歯止めの効かなくなったために

イジメは凄惨なものに変わった

集団での人格否定

血を流すまでの集団的な暴力

nextpage

唯一の友人だった

沖田くんは小学校を卒業して

何処かに行ってしまった

誰もいない

キツかった

2年生になった時に

坂下宏という友人ができた

どこか飄々とした性格で

今までいなかったのに

突然現れて

誰もいない校舎裏などに

2人でいき

ボーッと空を眺めている

nextpage

ある日

2人でいつものように空を眺めていると

先生に見つかった

僕等は職員室に連れて行かれたが

坂下くんは途中でどこかにいつも行ってしまう

先生達は彼のことはいつもの気にしなかった

nextpage

中学を卒業した時に坂下くんとは

会うことはなくなった

nextpage

高校1年の夏までの3ヶ月

憎しみが渦巻き

殺意が芽生え

今までの自分をイジメた関係者達や傍観者達の

大切なものを

壊し、殺し、傷つけ

地獄の底に落としてやりたいと

思う衝動に駆られて

秋山修二というクラスメイトと

仲良くなり大暴れしていた

2人でイラつくと何かを壊して暴れる

そんなことを繰り返していた

だが直ぐに怒りは収まり大人しくなって

自分を認めてくれる友人ができた

秋山とは疎遠になって

気がつくと彼はいなくなっていた

nextpage

最近になって

卒業アルバムを開いて

疑問に思った

考えないようにしていた

だけども思い出してしまったのだ

小学校の卒業アルバムに

沖田裕也という少年はいなかった

当時を知る知り合いに聞いても

「そんな人は知らない」と

言われてしまう

nextpage

同じように中学校の卒業アルバムに

坂下宏という者はいない

高校の友人に聞いても

秋山修二は知らないと言われる

nextpage

あの時に助けてくれた3人は

存在してなかった

nextpage

自分が泣いてる時に常に側にいて

励ましてくれる沖田くんは人には見えなくて

nextpage

辛いことがあると一緒に空を眺めていた

坂下くんも誰にも見えなくて

nextpage

イライラしていた自分と一緒にいて

大暴れしていた秋山くんも

nextpage

1年ほど前に

Yが除霊をしようと言ってきた

「お前は気付いてなかっただろうけども

出会った時からお前には3人の霊が憑いてる

しかも、依存度が強過ぎて融合してる

剥がそうと思ってたら

お前が弱って出来なかったけど

今ならお前に強さが戻ってるから剥がせる

やるか?」

nextpage

12月の寒い日に

Yは私の除霊をした

剥がすのに4時間ほどかかった

除霊をしてる最中に私は夢を見た

夢の中で

自分の半身が

引きちぎられるように感じ

悲鳴をあげた

nextpage

目が覚めて

Yとお茶を飲みながら

話を聞いた

「1番剥がしやすかったけど影響があったのは

キレやすいヤンキーだった

お前が突然キレるときはこいつが影響してる

で、お前がボーッとしてうわのそらの時があるけど

それはお互いに気があったんだろうな

それでだ

1番大変だったのは

昔から一緒だった子供

あれは引き込んでた

お前が落ち込むと励ましてるようで

落としてる

仲間が欲しかったんだろうな

小5の担任は

たぶん追い詰めて子供を1人殺してる」

nextpage

しばらくして最初の頃は

心が落ち着かなかったが

だんだんと精神的に落ち着くようになってきて

今は、人よりも少し怒りやすい

人よりも感情の振り幅が大きいぐらいになって

精神的に楽になりました

Normal
閲覧数コメント怖い
6342
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意