中編2
  • 表示切替
  • 使い方

DQN親よもやま話

先日、友人が我が家の生保の保障見直しで来た。

彼女は私より年上で、某大手生保会社に勤めていて生損保のアドバイスやセールスを仕事としている。

そして3児の母。

長男は20代、次男は中学1年、長女は小学5年生。

バツイチなので長男だけは前夫の子である。

nextpage

「最近の若い親ってさー、ホント常識知らずでビックリしたよ!」

コートを脱いでソファーに腰掛け、開口一番にこう言った。

私が淹れたてのコーヒーを出すと、「ありがとね」と言って一口啜る。

nextpage

「普通、授業参観って親は静かに子供の授業を見守るものでしょ?それをさ、◯◯ちゃんのお母さん久しぶり〜!なんてデカい声で廊下で井戸端会議よ?しかも授業中よ?先生の声も聞こえないくらいって、あり得んでしょ!?」

彼女の剣幕に押されて、私も夫も「そうですね…」と小さく返事。

nextpage

「1番ビックリしたの、次男の卒業式だよ!卒業式の案内には『小学校の卒業式に相応しい服装で』って書いてあるのにさ、紋付袴とか振袖とか、はいからさんみたいな服装の子もいて、大学の卒業式か!成人式か!ってツッコミどころ満載だったよ!」

そう言いながら、コーヒーをまた啜る。

nextpage

「子供だけならまだしも、お母さんまで振袖とか袴姿の人いてさ、◯◯ちゃんのお母さん可愛い♪とか言っちゃってドン引きしたわ」

モンペ(モンスターペアレンツ)が跳梁跋扈する時代であるから、そういうDQNな親もいるんだろうなぁと思いながら話を聞いた。

nextpage

「何が怖いって、親のDQNさがハンパないトコだよね!」

大人になりきれていない親が子育てをする今、子育ての質も落ちているのだろう。

卒業する我が子よりも目立つ親って、確かに神経を疑う。

nextpage

「おまけに親睦会すら来ない親いるんだよ?そういう場所で意見言わないくせに、何かあるとケチ付けてきてホント、ムカつく」

今の教育の現場って、不祥事をやらかした教師ばかりに焦点を当てやすいが、生徒の親だって学校に全てを押し付けるのもどうかと思う。

nextpage

本来なら親の役目であることまで学校に求めるのは、間違いだ。

家庭の問題は家庭で解決するのが当たり前。

「校庭で子供と草むしりする企画があった時もね、スカートにピンヒールよ!?普通、そんな格好で来ないでしょ!?」

nextpage

友人の話に、すでに苦笑しかできない私と夫。

「ゴテゴテのネイルまでしちゃって、『私、軍手も何も持ってきてないんですけど〜』だって。やる気ないなら来るな!って感じだよね」

そんな親の育てた子供が将来、政治を担うのかと思うと寒気がした。

nextpage

果たして、こんなDQN親はどこまで増殖するのだろうか…。

将来の日本は、どうなってしまうのか…。

不安というより怖くて仕方ない。

[おわり]

Normal
閲覧数コメント怖い
6562
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意