中編4
  • 表示切替
  • 使い方

エホバの証人

昨年の夏くらいから、だっただろうか。

「聖書に興味はありますか?」

【目覚めよ!】という小冊子を手にした2人組みの女性が、我が家に訪ねて来るようになったのは。

私は土日祝祭日を中心に、ヴァイオリン講師の仕事をしていて、平日はほとんど家にいる。

nextpage

老人ホームや幼稚園、結婚披露宴や学校行事等にも演奏に行くので、全ての平日に在宅しているわけではないが、なぜかこの2人組みは私の在宅中に必ず来る。

…そこが、ちょっと不思議。

元々、聖書やら神話を読むのが好きなので、訪問されても苦ではない。

nextpage

訪問してきた2人が何を話すのかと言うと、人間としての基礎的なもの…『人を殺すなかれ』『略奪するなかれ』『貶めるなかれ』等々、当たり前だろってことを含めて『人生ポジティブが一番』『財布を拾ったら届けた方がいいに決まってる』等、他愛のない話である。

nextpage

入信するわけでもないが、2人は話して満足すると帰っていく。

本人達は、それでいいらしい。

話は聖書の言葉を引用したりするので、なかなか面白かったりもする。

ただ…、皆さんも知っていらっしゃるとは思うが問題の多い団体でもあるのが、このエホバの証人。

nextpage

過去には輸血拒否で我が子を死なせた事件だとか、折檻の末に子を死なせた事件とか、寄付金横領事件だとか、オウムほどではないにしろ、痛ましい事件は存在する。

それに、調べれば調べるほど内部はハチャメチャ。

不倫は罪だとか説きつつも、信者の上役である長老が不倫してたり。

nextpage

血は摂取しちゃいけないとか言いながら、肉は焼いちゃえば大丈夫とか魚は血が少ないから血抜きしない、とか矛盾だらけ。

極め付けは、聖書の教えがしょっちゅう改訂されていること。

彼らは『新訳世界聖書』なる独自の聖書を使っている。

nextpage

カトリックの一端としているが、カトリックからは異端視され、カルトとまで言われているのだ。

ハルマゲドンを重要視するあたり、カルトと呼ばれても仕方ないのかもしれないが、教えを改訂しまくるのは信用に欠けるというものだろう。

その教え、というのも「やれやれ」と思ってしまうものばかり。

nextpage

・人は死ぬと消滅する(=輪廻転生は無い)

・キリストは「神の子」であって「神そのもの」ではない

・この世の唯一絶対神はエホバである

・ハルマゲドンの際にはエホバの証人の中でも洗礼を受けた144千人しか助からない

・神の意に沿わぬ者は排斥される

nextpage

表向きは「他宗教を敬う」と言ってるが、自分達以外の宗教は邪教としている。

…なんとも夢も希望もない教えだと思わないだろうか?

輪廻転生が無いとか、いくら善人でもエホバの証人でありかつ洗礼を受けた者じゃないとハルマゲドンで助からないとか、臭いものに蓋をするように教団にとって都合の悪い者は排斥するとか…。

nextpage

それでも彼らが布教活動をするのは、やはりそこに【洗脳】なるものがあるからでないのか…。

現に、エホバの証人から脱退した人達のカウンセリング専門窓口まである。

親がエホバの証人だと、その子供は鬱病に罹患したり自殺する率が増えるとのこと。

nextpage

エホバという神が本当に存在するなら、自身が作った人間達を死なせるような教えはしないと思う。

それができるのは、それこそ悪魔の所業だ。

ハルマゲドンの予言を外しまくっているが、新しく入信した者には古い予言は教えないらしい。

この辺が、ご都合主義と言われる所以か。

nextpage

それでも世界には、たくさんのエホバの証人がいる。

客観的に見ると「おかしいだろ」と思う教えが満載なのに世界中に信者がいると思うと、それだけでなんだか怖い。

信仰の自由があるので、どんな神を拝もうが人それぞれだが…。

nextpage

「ヴァイオリニストだなんて、素敵!」

ニコニコしながら言う2人組みを見てると、私の中ではいろんな葛藤がおこる。

基本、否定されると全て「悪魔が邪魔をした」と捉える教団であるので、バカバカしくて否定する気にもなれない。

nextpage

今のところ実害のようなものはないし、話をしてスッキリすると帰って行くのもあって、話をするだけなら楽しいので月1の訪問もウザいとか思ったことはない。

旧約聖書を読んだことのある者なら、彼らの教えの矛盾が次々と出てくるのでアラ探しというと言葉は悪いかもしれないが、調べてみるのも楽しい。

nextpage

ちなみに、剣道や柔道は『暴力』に分類されるので禁止だそうだ。

…私には剣道も柔道もスポーツだろ、としか思えないが…。

エホバの証人、調べれば調べるほど摩訶不思議。

そういう意味では、退屈しないかもしれない。

nextpage

ただ…、痛ましい事件はもう起こさないでほしいものである。

特に、何の罪もない子供が犠牲になるのは神の教え云々の前に親としてあってはならないことだろう。

人間ですら他所の子が怖い目に遭っただけでも心を痛めるのに、神がそれを良しとするわけがない。

nextpage

創始者のラッセル氏は、どんな意図でエホバの証人を開いたのかは知らないが、本来、純粋なものであるはずの神の教えは確実に歪曲されていってるよ!

とラッセル氏に教えてやりたいと思うのは、私だけではないはず…。

nextpage

エホバの証人といいオウムといい、果てはイスラム国といい、宗教は捉え方1つで怖しい集団になるのですね。

…今月は、どんな話を持ってきてくれるのだろうか…あの2人。

[おわり]

Normal
閲覧数コメント怖い
1,67512
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

不知火 様

おはようございます、コメントありがとうございます。

宗教は人の心を救うものだと言われていますが、そんな宗教にも闇があるのだと思うと怖いですよね。

これはこれでこええっ

はな 様

コメントありがとうございます。

ご理解いただけて嬉しいです(^-^)
そうですね、宗教という昔から受け継がれてきたものは、それだけで興味深いですよね。
最近は新興宗教も乱立するようなご時世ですし、政治にまで宗教介入があるくらいですから、そういうのも何だか怖いなと思います。

saneatsu 様

コメントありがとうございます。

怖いというのは、ひとそれぞれです。
日常のちょっとしたことにも、恐怖は潜んでいます。
自転車とあわやぶつかりそうになっただけでも、ヒヤッとするように。

表示
ネタバレ注意

怖話として良いと思いますよ!( ̄∇ ̄)
私は何年もこのサイトのお話を読んでいますが、ただの幽霊話だけでなく、世の中の色んな事柄を載せています。
宗教に関する、伝説的な怖話も沢山生まれています。話を作る立場の人たちから見ても、興味深い怖話だったと思いますよ(*´▽`*)

表示
ネタバレ注意

あのう、言ってることが間違ってるとかそういうことじゃないんですけど、これ「怖い話」なんですかね...?宗教批判と怖い話は別物だと思いますよ。

表示
ネタバレ注意

ゼロさん、こんばんは。

我が家にもやってきます。エホバの証人さん。
私は、うまく時間が合わず、話をしっかり聞いたことは無いのですが、必ず同じ2人でやってきます。

私の小さい頃、ばあちゃんがエホバさんの訪問の相手をしてた時に、
何を言われたかはわかりませんが、
『そんな、自分勝手な神さん、振り回されるのはゴメンだわ。
そんな遊びのような神さんより、そこらの山の神さんの方が、よっぽどありがたいよ。』
とキツイ声で追い返していたのを覚えています(´Д` )笑

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意