コオリノ怪談「悪魔超人」

中編6
  • 表示切替
  • 使い方

コオリノ怪談「悪魔超人」

 これは、福岡県に住む友人Aから聞いた話。

話したい事があると飲みに誘われ、話ってなんだろう?と思いつつ、近場の居酒屋でAと落ち合う事にした。

時間通りに来たAと店に入り、まずは乾杯。

お互いの近況やくだらない世間話に花を咲かせ、ほどよく酒も回り始めた頃、急に神妙な顔をしたAは、

グラスをテーブルにそっと置き、ポツポツと語りだした。

「なあコオリノ」

「なに?」

「お前、その、ほら、オカルトって言うか、怖い話とか集めてたよな?」

「あ、うん。」

「やっぱりそういうの信じてるわけ?」

Aにそう言われ、私はやや考え込む。

私はどちらかと言えば否定派でも肯定派でもない。

怪談とはその雰囲気を楽しむ事。ただし、あくまでも境界線を踏み越えないようにだが……

「うーん、信じてるっていうか、酒の肴ってとこかな」

「酒の肴?」

「うん。怪談は酒に合う。チビチビ酒を飲みながら聞く怪談ってのもいいもんだよ?信じる信じないとかはやぼってもんだ」

「なんだそれ、ふっ、相変わらずだなお前」

「ほっとけ」

そう言って私はグラスの中身を喉に流し込んだ。

するとAは改まったかのように姿勢を正し、こちらに振り向くと

「ならさ、その酒の肴ってやつ、聞いてくれないか?」

と言って再び神妙な顔を見せた。

「えっ?あ……うん」

私はAに返事を返すと、カウンター越しに、店員に空いたグラスのお代わりを注文した。

以下Aの語り。

何分古い話だからさ、当時の事を母親に聞いたりしながら思い出した話だから、

曖昧な部分もあるけど、まあ飲みながらでもいいから聞いてくれ。

俺は子供の頃、早くに亡くなった爺さん婆さんの家に、家族三人で住んでいた。

家は一軒家の平屋だが、広さは十分だった。

俺が三歳くらいの頃には、元々爺さんの部屋だった場所を、専用の子供部屋にしてもらった。

だけど、その子供部屋で、あんな体験をするとは思っても見なかった。

俺が小学校に上がり立てくらいの時、子供部屋の隅に、一箇所だけ変な場所を見つけたんだ。

学習机を置く事になり、それまであった古い箪笥を、母親が動かした時に見つけたんだけど。

箪笥の裏、木造の壁の一部分が、大きさにして約1mぐらいのコンクリートで塞がれていたんだ。

明らかにそこだけ色も模様も違う、無機質なむき出しのコンクリートになっていて、誰が見てもおかしいのは一目瞭然だ。

すると俺の様子を見ていた母親が、ケラケラと笑いながら言った。

「あら、懐かしいわね。Aね、いつもこの壁に向かって喋っていたのよ?」

俺が?正直思い出せなかった。

壁に話しかけるってなんだよって、率直に思った。

「なんだっけ?ほら、悪魔超人とかなんとか……?」

母親のその言葉を聞いて、なんとなくだけど頭を過ぎる言葉が見つかった。

「悪魔超人を、閉じ込めた……?」

俺がそう言うと、母親は思い出したかのように口を開いた。

「あっ、そうそう!それそれ!Aね、ここには悪魔超人を閉じ込めてあるんだ。こいつらいつもここから出せって言うけど、絶対に出してあげない!って。私とお父さんがその壁を見ようとしたらAが凄い剣幕で怒るもんだから、こうやって箪笥を置いて蓋しちゃおって話しになってね。懐かしいわ。この壁、元々はお祖父ちゃんがこの部屋をリフォームしようとしてた時の名残だったらしいけどね」

そう言ってクスクスと笑う母親を見て、俺はなぜか突然恥ずかしくなったんだ。

確かにそんな事を言っていたような記憶はある。だがそれは幼い俺の単なるごっこ遊びだ。

自分がヒーローにでもなったつもりで、悪魔超人達をここに閉じ込めたんだっていう空想の産物。

だがそのときの俺は小学生にまで成長していた。何ていうか変な自尊心みたいなもんもできちゃってたのかな。

とにかく、顔を真っ赤にした俺は、横にいた母親の笑い声を掻き消す勢いで、叫んだんだ。

「出て来い!出てこいよ、このっ!」

そう言いながら、壁の部分を強く蹴ったんだ。

そんな俺にすぐさま叱咤する母親の声が聞こえた。

だが次の瞬間。

shake

ドゴンッ!!

と、まるで家に何かがぶつかったような大きな音と、それに続いて何か色々なものが崩れ落ちる音がした。

そして、

『出れど!出れさヨ!はリガど、アリがとっ!!出れた、デレタ、出れた、デれタ、出れた!あははハハハはっ!!』

甲高い子供の声。だが、気持ちの良い声ではなかったのをよく覚えている。

根拠も何もない、だけど幼かった俺にでも分かる位、嫌な声だった。

子供の声のはずなのに、言い知れない悪意に満ちた声のような気がした。

呆然とする俺と母親をよそに、今度は家の周りを何かが走り回る音が聞こえてくる。

ドスドス、と大きな地響き、家が震動して、部屋に干してた洗濯物が落ちてくるほどだった。

母親が青ざめた顔で俺をギュっと抱きしめた。

何が何だか分からないまま、俺は外で何が起こってるんだと窓に目をやった。

その時、

shake

wallpaper:669

バンッ!!

とガラスを強く叩く音と同時に、庭先に通じている窓のすりガラスに、

両手を押し付けるようにして部屋を覗き込む、子供のシルエットが映りこんだ。

だけど明らかにおかしい。窓にへばり付くそいつの全身はどこまでも黒い、真っ黒だったんだ.

引きつるような母親の悲鳴を耳元で聞きながら、俺も凍りつき、文字通り身も心も震えていた。

すると、すりガラス越しに黒い奴が僅かに動いた。

口をゆっくりと開けているようだ。

真っ黒な身体とは違い、口の中は赤い。その赤い輪郭が、歪に開いたんだ。何か言っている。

それが何なのか、また、何を意味しているのかを考える暇もなく、俺の意識は遠のいていった。

wallpaper:1

それからは大変だった。気が付くと、俺と母親は同時に意識を無くしていたらしく。

仕事から帰ってきた父親に発見された。

母親が取り乱しながら部屋で起こったことを説明し、父親が家の周りを調べてみると、

部屋の外の壁の一部分が、イノシシでもぶつかったかのように壊されていたらしい。

もちろん場所は、あのコンクリートで塞いであった場所の向かい側だ。

しかも、壊された箇所で変な物が見つかった。

そこには、人一人が座れるくらいの埃臭い空間と、赤茶色に変色した、腐ったようなボロボロの座布団。

もちろんそんな恐ろしい事があった後だ。

俺達親子は、住み慣れた爺さん達の残してくれた家を後にし、逃げるように引越しを決めた。

家は更地にし、土地は父親が売り払った。

そこまで話をして、Aはテーブルに置いてあった、ウィンストンと書かれた銘柄のタバコを手に取ると、

重い空気を振り払うように、ふうっと、煙を吐いた。

「あれから何十年も立つ。父親も亡くなって今は一人になった母親は、俺の家族と一緒に住んでるんだけど、この前、妙な事があってさ」

「妙な事?」

そう聞き返す私にAは話を続ける。

「夜中に母親が飛び起きてさ、突然窓から庭先をキョロキョロ見渡すんだよ。そして言うんだ」

『今、子供の声がしたの。来たよって聞こえたの、って・・・』

「来たのって、何が・・・?」

私がそう言うと、Aはくわえていたタバコを灰皿に擦り付け、こちらを見た。

何かに怯えているような、そんな印象だった。

顔を強張らせたAが口を開く。

「なあ……俺さ、あの時あの黒い奴が、すりガラス越しに何か言おうとしていた事が、何となく分かった気がしたんだ」

「何て……なんて言ったんだ?」

聞き返す俺に、Aは僅かに震えるような声で言った。

「『またね』……って」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7241
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖っっ!!!!
久々に怖い話を読んで鳥肌が立ちました。

これからも面白い(怖い)お話期待しています。
(=´∀`)