16年03月怖話アワード受賞作品
中編4
  • 表示切替
  • 使い方

張り詰める食卓

wallpaper:2136

朝目覚めると、鼻腔を久しぶりに味噌汁の匂いが満たした。

長らく、この匂いを嗅いだことがない。

胸が、しあわせな気分でいっぱいになった。

階段を下りると、母の柔らかな笑顔。

いつものエプロン。

「ごはん、出来てるわよ。」

すでに、弟の和真も席について、ご飯を食べていた。

和真はまだ小学5年生。

そして隣には生意気盛りの妹、美波は中学2年生。

「お兄ちゃん、寝癖ひどーい。」

美波が笑う。

こんな当たり前の風景がこんなにも幸せだとは。

母が癌で入院して一年間、我が家はぽっかりとそこに穴が開いていた。

もう末期でダメだと言われていた母の癌細胞は奇跡的に消え、昨日退院の運びとなった。

俺は自分の席に座り、いただきますと手を合わせた。

俺の隣では、和真と美波が、おかずをとったとらないで小競り合いをしている。

微笑ましく俺はその様子を見ていた。

「さて、次のニュースです。昨日未明、〇〇区在住の、田沢さん一家が自宅で死亡しているのが見つかりました。

田沢さん宅は二階の一戸建て住宅で、一階の居間に田沢 良介さんと妻の恵理子さん、二階の子供部屋に、長男祐樹くん10歳、階段で、長女の友里ちゃん7歳が、死亡しているのを、訪ねて来た近所の女性が発見。

死体は、何かに食いちぎられたような跡があり、そのあたりは閑静な住宅地で、近くに山林も無く、熊などの動物によるものとは考えづらく、現在、警察で事件として捜査中です。事件後、同居していた、祖父の幸助さんの行方がわからなくなっており、現在行方を追っています。

なお、都内の各地で、このような事件が多発しており、同一犯によるものかは不明です。」

いつの間にか、小競り合いをやめた美波が怖いね、と俺に不安そうな瞳で問いかけてきた。

俺も、不気味な事件だと思っているし、なまじ近くの区で起こった事件なので、早く犯人には捕まって欲しい。

「裕也、おかわりはいいの?」

その母の一言で、家族全員が、母の顔を怪訝な顔で見つめた。

テレビでは、辛口のコメンテーターが騒ぎ立てている。

「これはね、電脳ゾンビの仕業ですよ!目撃者だっているんだ!」

周りのコメンテーターやMC,アナウンサーなども冷ややかに笑っていた。

「電脳ゾンビは、人を食う。いつの間にか、家族と入れ替わるのが奴らの常套手段ですよ。これには、国が一枚噛んでいて・・・。」

「まあ、まあ、デニーさん。それは都市伝説みたいなもので、あくまで噂・・・。」

「いいや、電脳ゾンビはいる!俺は知り合いが、ヤツにやられたことを知っている!俺に最期の電話がかかってきて。あいつらの弱点は!」

辛口コメンテーターのデニー・佐藤の画像がプツリと切れて、CMが流れたあとにはその人はいなかった。

皆が注目する中、母は首をかしげて俺にもう一度問いかけた。

「裕也?おかわりはいいの?」

俺は、静かに立ち上がると、玄関に向かう。

そして、俺は、玄関に立てかけてあったバットを手にした。

台所に引き返し、ぽかんと俺を見つめる母の頭に、思いっきりバットを振り下ろした。

ごがんという鈍い音とともに、その頭は陥没した。

「いやああああああああ!」

美波が甲高い声で叫ぶ。

何が起こったか一瞬わからなかった、父が慌ててこちらに駆け出す。

「何やってんだ!お前!母さんに何を!」

弟の和真は失禁して泣き喚いている。

父が俺を羽交い絞めにしようとした時に、母から妙な音がした。

nextpage

wallpaper:938

shake

「ビビビビビビビビビッ」

皆が一斉にその音のする方向を見た。

母の頭が青白くスパークしている。

手も足も滅茶苦茶な方向に動かして、制御不能になって倒れた。

そして、皮膚と思われる組織全てが溶け出した。

nextpage

wallpaper:2137

ガチャガチャと歯と思われる組織が、俺に向かってすごいスピードで迫って来たが、素早く俺はスリッパで踏み潰す。すると、その歯も溶けてなくなってしまった。

母と思われる物体は、しばらく制御を失いじたばたしていたけど、時間が経つとともに、ドロドロと溶けて行き、ついには、頭部に埋め込まれていたと思われるチップのみになった。

その様子を見る間中、美波と和真は泣き叫んでいたし、父は唖然と立ち尽くしていた。

nextpage

wallpaper:2138

「電脳ゾンビだよ。父さん。母さんはたぶんもう死んでいる。入院中に死んでるんだ。」

俺がそう言うと、重い空気がたちこめて、しばらくすると、すすり泣きに変わった。

ここ近年、癌の画期的な治療薬が開発され、死亡率が飛躍的に下がり、ほぼ人は病死しなくなった。

臓器に重い疾患があっても、その人間の細胞があれば、臓器を作ることができるようになり、日本の人口はますます過密になり、逆に出生率は低くなり、少子高齢化が急速に進む昨今、まことしやかな都市伝説が流布していた。

国が、殺人をする。殺人マシンを製造して、人口減少を謀っているというのだ。

その名は、電脳ゾンビ。重い疾患で、もう手の施しようのない患者の情報をスキャンしてICチップにコピーし、特殊な溶融物質で人体を形成。つまり、ゾンビだ。

俺はネットで囁かれている情報で、ヤツの弱点を知っていた。

頭部を破壊すると、ゾンビの機能が停止し、体の溶融物質を溶かす液体が全身に流れて完全に液化する。

つまりは、証拠隠滅だ。残されたICチップのデーターもその物質により、全て読み取り不能となるのだ。

俺は、溶け出した液体に浮かぶチップを踏み潰しながら言った。

「今度はいいOSを入れてもらうんだな。俺は、裕也(ゆうや)じゃなくて、裕也(ひろや)だ。」

その時、玄関でチャイムが鳴った。

「ただいまー。母さんよ。開けてちょうだい。やっと退院できたの。」

どうやら、すでに破壊された情報が飛んだようだ。

いったい母さんで何体作ったんだ。

nextpage

wallpaper:2139

俺はゆっくりと、バットを拾い上げ、玄関に向かった。

Normal
閲覧数コメント怖い
15,78237
83
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

ラグト様
コメント、怖い、ありがとうございます。
あれ?そのセリフはどこかで聞いたことがあるようなw
そういえば、あの方、最近見ませんね。
読まれてはいるようですが。

返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

いつもなががよくまとめられた丁寧な文章で、スラスラと読めてしまいます。
私もここまで書けるようになりたいものです。

開始からどことなく不気味な食卓風景、いやあドキドキしました。

返信