短編2
  • 表示切替
  • 使い方

嫁いできた嫁

私の祖母から聞いた話ですが、祖母が幼い頃に住んでいた

結構な田舎の地元では、祖母の親戚に犬神憑きが来たそうです。

来たとうのは、よその村から祖母の親戚に嫁いできた嫁さんが犬神憑きだったらしい。

祖母の田舎は何世帯かの本家とその親戚一同が近くに集まって、出来ていた田舎で犬神憑きの嫁さんも

その田舎で暮らす事となった。

ちなみに、嫁ぐ時に嫁さんの両親が犬神憑きというのを自己申告してこちら側が了承した形だったみたい。

で祖母の田舎では、田舎特有のよくあるおはぎやちらし寿司を大量に作って近隣の親戚に配るっていうことをしていたんだけど、

嫁さんが嫁いできてからは

全ての親戚に配らないため作り置きをしていたはずのおはぎがいつの間にか何日も放置したようにカチカチになって食べれなくなっていたり、

いたって普通のちらし寿司に箸をつけた瞬間にガピガピになってしまったと。そんな現象がたびたびあったみたいだ。

祖母は笑いながら、

「犬神様は嫁いだ先の親戚を全て見て回るから

食べ物を隠そうが隠れて食べようがどうしても見つかっていた。」

と言っていた。

で、その嫁さんは40~50代の若さで亡くなった。

葬式の手伝いで嫁さんの体を見る機会があったが

犬に噛まれた様な跡があったと言っていた。

そのあと、旦那さんも数年経って追う様に亡くなったらしい。

嫁さんが亡くなった後、村で犬神憑きや、狐に化かされた親戚の叔父さん、コトリバコらしき話の噂がありその中で

「猫神様」っていう話も出てきたらしい。

幼かった祖母は全貌を教えてもらえなかったみたいなんだが

村の中で

「あの家の嫁に猫神様が憑いた。」

「可哀想に、もう助からん。」

と、大人が話している事がたまーにあったと。

猫神が何処から来てどのように憑くのかさえ教えてもらえなかったらしい。

犬神様と猫神様、はたしてどちらが憑いていたのか、それともどちらも憑いてしまったために亡くなってしまったのか未だ謎のままです。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,0290
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ