中編3
  • 表示切替
  • 使い方

腕の夢

wallpaper:517

music:1

これは夢の話だ。

nextpage

僕は真っ暗な夜の街にひとり、立っている。

街は荒廃していた。家屋やビルは半壊し、植物の凶暴な蔓が、それらをゾゾゾと飲みこむように茂っている。

当然、電気などは通じておらず、街灯や窓に明かりはない。

ただ、夜空に異常に大きな黄色い月がぽっかりと浮かんでおり、その澱(よど)んだ月光が、頭上からザラザラと、蝶の鱗粉のように降り注いでいた。

風はなく、生ぬるく腐敗した空気が夜の底に停滞している。

nextpage

喉元を汗が流れて、それを左腕で拭おうとしたところ、肘(ひじ)から先が無かった。

まるで消しゴムでいい加減にゴシゴシ消したように。

断面はモヤモヤとしてあやふやだった。

まあいいか、と思った。

nextpage

瓦礫の散らばった夜道を、夢遊病患者のようにフラフラと歩く。

足元のアスファルトがブヨブヨとして歩きづらい。動物の死骸を踏んでいるみたいだ。

nextpage

真っ暗な曲がり角から誰かが歩いてきた。

それは両腕を前に突き出していた。

そして、それは、

肩から、

背から、

腹から、

脚から、

頭部から、

顔面から、

無数の腕を生やした、腕人間だった。

nextpage

突き出たすべての腕が、肘を曲げ、伸ばし、その手のひらの指が何かを掴もうとゆっくり蠢いている。

そして、腕人間はゆっくりと僕の方に向かって来る。

悲鳴が上がった。

それが自分の喉から出たものだと気づいたのは、数瞬あとのことだった。

nextpage

僕はブヨブヨとした地面を蹴って、腕人間の前を走り抜けた。

走って、走って、走って。

ブヨブヨ。ブヨブヨ。ブヨブヨ。

nextpage

やがて大きな通りに出た。

乗り捨てられた自動車がそこここに放置されている。

月光に照らされた道の先に、すすきの原のようなものがあった。

近づいてよく見ると、それは長く伸びた、白い、無数の腕だった。

風もないのに、海底の生えるウミユリのように、

ゆらゆら、ゆらゆら、

揺れている。

nextpage

背後にいつの間にか、何体もの腕人間が近づいていた。

僕は仕方なく、腕の原に身を投じた。

腕をかき分けかき分け、進む。

ちょうど顔の高さに手のひらがあり、僕の顔面を掴もうと指を閉じてくる。

それらを払いのけ、進む。

背後から、髪を、肩を、腹を、脚を掴まれ、引っ張られる。

それらを振りほどいて、さらに進む。

nextpage

腕の原を抜けると、道は小高い丘に向かって伸びていた。

丘の上には、先ほどよりもさらに大きくなった月が浮かんでいる。

ブヨブヨした上り坂を難渋しながら登りきると、足元に廃墟の街並みが一望できた。

nextpage

街のあちらこちらに、背の高いビルが生えている。

明かりのついていない、真っ黒な直方体は、巨大な墓石に見えた。

不意に地鳴りが響き、足元が揺れる。

見えていたビルの一つが倒壊しているようだ。

左右からボロボロと、蟲に食われるように破片を地面に落としていく。

やがてそれが収まると、ビルは直方体から、天に向かって伸びる巨大な黒い腕に姿を変えていた。

見ればあちらのビルも、こちらのビルも、すべて黒い腕になっていた。

ふと手元に視線を戻すと、僕の右腕が肘の辺りから消えていた。

nextpage

「ああ……」

僕は空を仰いで無意味な、空っぽの言葉を発する。

僕の目は、夜空に浮かぶ、黄色く濁った月をとらえた。

月のちょうど真ん中から、何かが降ってきていた。

それはとても遠くから、それこそ月からやってくるようで、近づくごとにみるみる巨大になっていく。

やがてそれは、夜空を覆い尽くす巨大な黄色い手の平になって、空から降ってきた。

nextpage

その手につぶされて、黒い街とともに僕は消えた。

nextpage

wallpaper:965

僕は、ベッドの中で目を覚ます。

窓の向こうは、すっかり午後の日差しに包まれている。

部屋は蒸し暑く、びっしょり寝汗をかいている。

喉元を汗が流れて、それを左腕で拭う。

右腕で重い体を支えて起き上がる。

たいそう喉が渇いている。

nextpage

wallpaper:944

僕は部屋を出て、階段を降り、台所に向かった。

ブゥーーーーーーーーーン……

大きな冷蔵庫が、かすかな振動とともに低い音を出している。

冷蔵庫のドアを開けると、汗に濡れた顔を冷気が叩いた。

nextpage

中には、腕が一本入っていた。

Normal
閲覧数コメント怖い
6204
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意