百物語【八十三話〜八十四話】

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

百物語【八十三話〜八十四話】

マリカさんのお話、背筋どころか魂まで凍ってしまいそうです。

もうすぐ百話。

一体何が起こるのでしょう…

そんな百話に近づく八十三、八十四話。

とっておきを用意しました。

では、どうぞ…

separator

【八十三話】

ザワザワ…

やはり、日曜日は混んでいるなぁ。

そんなことを思いながら俺は遊園地をうろついていた。

遊園地には遊びに来たわけではない。

勿論、凄く遊びたいが、大学で課題を出されたため、それを終わらせに来たのだ。

ある一つの「仕事場」に行き、そこで働いている人の職業をレポートにまとめるという課題。

まるで小学生の職場訪問のような課題だが、この課題、意外に重要でやらないと留学確定とも言われている。

そこで俺は近所にある遊園地に行くことにした。

今日は、機械をいじくっている人が多い。

おそらく、今日は機械を調節する日みたいなものなのだろう。

五人位に聞けば、この課題は終わりそうだ。

もう四人聞いたからあと一人か。

そこで、いわゆる絶叫系の(バイキングシップ的)柱みたいのをいじくっているおじさんに聞いてみた。

「これは何をしていらっしゃるのですか?」

「ああ、コレ。これはね、皆が楽しんで乗れるように調節しているんだよ。気を付けないと事故も起きるからね。オイル塗ったり、ネジ変えたり…。まあ、そんなとこだね。」

おじさんは、不自然なく答えてくれた。

トンカチでネジを打っ叩いていること以外は。

プルルルル…

アトラクションが始まるようだ。

『皆さん、行ってらっしゃーい。』

アナウンスが流れるとアトラクションが動き始めた。

上に、下に…

揺れながらアトラクションは角度を変え、機体を高くしていく。

一番機体が高くなった時だった。

ガッシャーン

そんな音と共に空からネジが降ってきた。

アトラクションの柱はバラバラになり、機体はメリーゴーランドの方に飛んでいくと、

炎を上げて四方八方に飛び散った。

「だから言ったろ。気を付けないと事故も起きるって。」

そう言っておじさんは汚い笑みを浮かべていた。

separator

【八十四話】

「イテテ…」

私は思わずそう呟いた。

最近、腰痛が酷く、立つのがやっとだ。

今日は冷蔵庫に何も無くて、買い物しなきゃヤバい。

そのことを親友の友子に話すと、買い物に自動車で連れてってくれることに。

友子を家に呼び、車に乗ると、いざスーパーに出発。

友子に支えられながら買い物をしていると、友子が不意に言った。

「あのさ、そんなに辛いなら私の通ってる整骨院行く?すぐ楽になるよ!今日行く?そうだね、そうしよう!」

「あ、うん…」

ということで友子行きつけの整骨院へ行くことに。

「お薬ももらえるから、凄いいいよ。それでね…

友子は車に乗っている間、ずっと整骨院の話をしていた。

いつもテンション低めの友子が今日ははしゃいでいる。

二十分程して、やっと着いた。

「早く行こう!」

友子は走って行ってしまった。

扉を開けると、目眩がした。

友子はもう、マッサージを受けていた。

「今、お香焚いて貰ってるんだ。」

おそらくそのお香が目眩の原因だろう。

「友子、私今日はいいや。外で待ってるね。」

「え〜。」

友子は不満げな顔をしていたが、止める気は無さそうだった。

しばらくして、友子と一緒にマッサージ師の人も出てきた。

「今日はありがとうございます。友子さん。はい、コレ友子さん用の薬。アッ、お連れの方もどうぞ。」

そう言ってマッサージ師は白い袋を渡してくれた。

separator

それから一ヶ月も経たない頃だった。

腰痛も治り、ふとニュースを見ると、あの整骨院のことが報道されていた。

しかし、整骨院の紹介とは程遠いものだった。

「〇〇整骨院で、大量の麻薬が取り押さえられました…

私はすぐに友子の元へ急いだ。

友子の家の前に到着し、インターホンを押したが返答が無い。

試しにドアノブを捻ってみると簡単に開いた。

扉の向こうには、友子がいた。

ロープで首を吊った、友子の姿が…

separator

いかがでしたでしょうか。

さあ、灯篭の間にお進み下さい。

何やら不穏な予感がしますね…

Normal
閲覧数コメント怖い
4357
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

皆様、コメントへの返信が遅れてすいません。
楽しんで頂いて良かったです。
アンチコメも大歓迎です(笑)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意