黄泉比良坂 ~後編… その後~

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

黄泉比良坂 ~後編… その後~

wallpaper:981

先日、車で30分くらいの所にある、あの世とこの世の境目“黄泉比良坂”に行ってからスマホの調子が悪くなった。

アルバムを開こうとすると、電源が落ちる…

メーカーに修理の依頼に出し、調査をしてもらったが、帰って来た返答は

「特に異常は見受けられない。」

だった…

nextpage

困ったオレは、遠くに住む宮司を務める叔父に相談してみることにした。

電話をかけ、一連の出来事を話し、何か出来る対策は無いかと聞いたところ

叔父「ほ~、お前にでもそんなことがあるんだな。

比良坂で起こったんなら、イザナミさんに視いられたのかも知れんな。」

nextpage

オレ「イヤ…、叔父さん、笑い事じゃ無いんだわ… 携帯が調子悪くて、困ってんだって…」

nextpage

叔父「まぁ、ホントにそれが原因かどうかはわからんが、イザナミさんが相手なら桃を試してみたらどうだ? ほれ、昔お前さんも祓いに使ってたろう」

nextpage

オレ「なるほど… ちょっと試してみるわ…

ありがとう、叔父さん」

nextpage

その日のうちに、100円ショップに行きシールと桃の香りの線香を買ってきた。

シールは、自分で祓いの文字を書き、それに沿って切り取り、携帯の裏に張り付けた。

そして、家にいる間は携帯の横で常に桃のお香を焚いた。

nextpage

本来は本物の桃の花がいいんだろうけど、この季節に花は咲いていない。とりあえず、線香で代用してみた。

nextpage

何日かはなんの反応も無かったが、数日たったある日、携帯の裏に張り付けた白いシールで作った文字が、急に黒っぽく変色していた…。

「ウソだろ…」

正直、ダメ元だった…

ホントに調子が良くなるなんて思ってもいなかった…

オレのスマホは何事も無かったかのように、通常の状態に戻った。

nextpage

携帯が復活した。

台風も過ぎ去った…

オレは再び黄泉比良坂を訪れた。

nextpage

wallpaper:3440

最初に先日は行くことが出来なかった黄泉比良坂から、逃げ帰ったイザナギノミコトが通ったとされる伊賦夜坂に行き、写真を撮る…

何事も起こらず、撮影出来た。

次に、黄泉の国からの道を塞いだとされる千引き岩の元に行く。

前回、携帯の調子が悪くなった所だ。

2本の石柱が建ち、そこに注連縄が渡してある。

ここから先は神域となる結界だ…

一礼をして、中に入る…

空気が少し冷たくなった気がする。

nextpage

しかし、前回と違い肌がヒリヒリするような感じはしなかった…

そして、千引き岩を写真におさめた。

nextpage

wallpaper:3441

こちらも何事もなく撮影出来た。

こうして、リベンジ参拝を済ませたオレは、深々と頭を下げ、黄泉比良坂を後にした。

nextpage

後は、この後何も起こらないことを願うばかりだ…

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
70911
13
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

鳥賊サマ師さん、先のコメントは名前を間違えてました。
申し訳ありませんm(__)m
奥深いお話、興味深く拝見させていただきました!
携帯が戻ったのも良かったですが、再び入る際に一礼、去る際に一礼した行動は大事だと思います。

表示
ネタバレ注意

千引岩が意外と小さいのに驚きました。
これだったら女性でも乗り越えられるのではないかとか思った罰当たりよもつですw
HNに拝借しているので、いつか行ってみたいです。