スキャナー【配達員シリーズ】

17年02月怖話アワード受賞作品
中編6
  • 表示切替
  • 使い方

スキャナー【配達員シリーズ】

メール便配達のバイトの流れはこうだ。

朝出社して、朝礼の後、電動自転車と商材を社用車に乗せ、2~3人組でその日の配達地域まで出掛ける。

現地のパーキングに車を止め、自分の担当する町の商材をスキャナーでどんどん読み込んでいく。

読み込み終えたら、人によって配達しやすいように商材の順番を組み替えたりして、準備ができ次第自転車に乗ってGO!

あとは延々と町を巡ってポストに投函するだけだ。

量が多くて自転車に乗せきれない時は、「積み荷がなくなり次第車に戻り、新しく積んで再出発」という作業を繰り返す。

先にバーコードを読み込んでおくのは配達時間短縮のために必要な手順なのだが、たまに投函直前にスキャンしなければならない厄介な商材が入っていたりする。

捨てたり、誤配したりしていないかの確認なのか、読み込みの場所を非常に気にするらしい依頼主がいるのだ。

そういった商材がある場合、スキャナーの電源を入れっぱなしにして、その場その場で読み込んでいくことになる。

nextpage

とある日、私はそんなちょっと面倒な商材のお蔭で悪戦苦闘していた。

目の前に建つ庭付きの一軒家に投函しなければならないというのに、スキャナーの電源が落ちてしまったからだ。

再度オンにしようとしても点かない。

おかしい。

充電は90%以上残っていたはずだった。

nextpage

仕方がないので、車中で既にスキャンしてある商材だけ先に、近くの民家に放り込む。

実は、最近担当し始めたばかりの町だ。

ポスト探しに手間取っている内にスキャナーが復活したので、1番地ぐるっと回って例の一軒家前に戻ってきた。

nextpage

いざ、読み込もうとして、スキャナーが再びシャットダウンの準備を始めていることに気付いた。

電源をオフにする時は、その前に自動でデータ送信がなされるのだが、画面が「送信中」表示になっているのだ。

結局、送信完了した後そのまま「シャットダウンしています」の表示に変わり、切れてしまった。

また、うんともすんとも言わなくなるスキャナー。

nextpage

困る。非常に。

近場は配達し終えてしまったし、この家だけ後回しにしてまた戻ってくるというのも、本来不要な時間がかかる。

できれば配達してから先に進みたい。

というか、万が一このままスキャナーが起動しなかったら後の読み込みが全くできない訳で、早急に対応策を考えなければいけない。

nextpage

初めての事態に焦ってしまって、私は岩城さんに電話をかけた。

岩城さんというのはバイト先の先輩で、40~50代のベテラン配達員だ。

今日は私とペアだから、今頃は隣の町を配達しているはずである。

僅か2回のコールで、岩城さんは電話に出てくれた。

nextpage

「あ、お疲れ様です。今大丈夫ですか?」

「おー、どした?」

「あのですね、スキャナーがちょっと調子悪くて…。どうしたものかと…」

困り果てた私の声を聞いて、岩城さんは携帯の向こうで苦笑いしたようだった。

nextpage

「あー、悪い。教えるの忘れてた」

そんなことを言う。

「何をです?」

「今いんのって○番地の○号だろ。そこ、スキャナー使えねぇんだわ」

「あー…」

nextpage

もう既に何度か不思議を体験していた私は、なんとなく察してしまった。

つまり今回も「そういうこと」なのだ。

「道、三叉路のとこまで戻ってみ。電源入っから。もうその家は仕方ないから、そこでスキャンしちゃっていい」

「了解です。ありがとうございます」

nextpage

「あ、あとな」

岩城さんはさらりとした口調のままで、

「その家、門の中には絶対入るなよ」

と、私に警告をした。

「つっても、門のとこにわかりやすーくでっかいポストあるからなぁ。入るようなことないだろうけど」

nextpage

「え、あ、はい。まあ…そうですね」

確かに、問題の家には門の隣にオーソドックスな銀色のポストがくっついている。

少し痛んではいるが、わざわざ探す必要のない位置にあるし、大抵の商材は曲げたりすることなくすっぽり入れられる良心的なポストである。

ドアポストしかない家ならば兎も角、門扉を開けて庭に立ち入らなければならない理由などあるはずもなかった。

nextpage

ところがだ。

その町の配達にも慣れてきて、電源の入らないスキャナーに違和感を覚えなくなった頃、事は起こった。

件の家に配達に行くと、珍しく(というか、私が見るのは初めて)家主が土弄りをしていたのである。

ご年配の女性だ。

まだ何も植わっていない花壇の前にこちらに背を向けてしゃがみ、文字通り土を触っている。

曰くあり気な家屋の居住者に内心構えつつも、私は「こんにちはー!メール便でーす」と一声掛けて、商材をポストに滑り込ませようとした。

が、投函完了するよりも早く、女性は振り向いて気さくに微笑んだ。

nextpage

「あらご苦労様。ソレ、もらうわ」

そう言ってこちらに右手を差し出す。

……手を伸ばして頂き大変恐縮なのですが、すみません、渡せません。

花壇は家のすぐ手前、つまり庭の奥にあり、門の外からでは投げ込みでもしない限り届かない。

手渡しするためには、どう考えても敷地内に入らなければならなかった。

nextpage

通常であれば、失礼しますと言ってお邪魔し、商材を届けて来るだけの簡単なお仕事だ。

集合ポストが一階にあるにも関わらず、三階のドアポストまで配達しろと宣う方々もいる中、庭にちょっと足を踏み入れる程度どうということはない。

「ポストに入れるな、何階まで持って来い」と貼り紙しておきながら、行くと塩対応な企業もまあまあ普通にある。

郵便ではなくメール便だからある程度は仕方ないけれど、「だったらポスト使わせてくれてもいいんですよ??」なーんて思ってしまう現実も存在する訳で…、

にっこり挨拶を返してくれるおばあちゃん相手なら、本当は喜んでお手元までお持ちしたい。

けれど、私は岩城さんの忠告を忘れてはいなかった。

曰く、『門の中には絶対入るなよ』。

nextpage

申し訳なさを感じながらも、「いえ、ポストに入れさせて頂きますねー」と精一杯の笑顔を振り撒き、商材をポスティング。そそくさとその場を後にした。

ちらりと後ろを振り返ると、彼女は庭仕事に戻っていて、もうこちらを見てはいなかった。

nextpage

その後も何度か土弄りをしている彼女に遭遇したが、声を掛けられる前に投函・投函と同時に挨拶、を徹底し、「ソレ、もらうわ」を回避していた。

言われることも皆無ではなかったが、「スミマセンもう投函しちゃいました」テヘペロ作戦で、何とか事なきを得ていた。

伸ばされた彼女の土に塗れた手を思うと、少しの罪悪感は無視できた。

nextpage

ポストがあるのに、わざわざ汚れた手で受け取ろうとする理由はなんだというのだろう。

いつまで経っても、花壇には相変わらず何も育っていなかった。

nextpage

ある日、その家のポストがテープで封鎖されていた。

投函できない。

(なんだ、引っ越したのか…?)

そう思って踵を返そうとした時、花壇の丁度真上にある一階の窓がカラカラと開いた。

ーーあの人だ。

nextpage

「ソレ、もらうわ」

にっこり。

貼り付けたような笑顔。

「あっ、えと、スミマセン、間違えました。別のお宅宛です」

咄嗟に嘘が出た。

nextpage

商材は、ただの紙切れ一枚の広告だ。

投函不可で持ち帰ったところでクレームには繋がらないし、大丈夫。

自分に言い訳をしながら、逃げるように自転車に跨がる。

彼女の顔をもう一度確認する気にはなれない。

家の中にいたはずなのに、伸ばされた手はその日も土で汚れているように見えた…。

nextpage

それ以来、そこへの配達物は全て「ポスト閉鎖」という理由で持ち帰っている。

ポストがなかったり使えなくなっている場合、投函不可で返品するのがルールだから何も問題はなかった。

彼女の姿はあれきり見ていない。

花壇は今も、土色のままだ。

Concrete
閲覧数コメント怖い
3,40035
51
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

こんにちは初めましてm(_ _)m
こちらのシリーズ面白くてすべて読ませて頂きました。
度々登場してくる岩城さんがすごく大好きです。
この度この作品を朗読させて頂いたものをyoutubeにて投稿しております。
作品がすばらしいだけに誠に勝手なのですが。
後の報告になってしみましたがこれからもこのシリーズ朗読させて頂いてもよろしいでしょうか?

ロボ斉藤さま、コメントありがとうございます!
怖いと思って頂けたなら、とても嬉しいです´ω`*

怖かったです〜((((;゚Д゚)))))))

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

ミート君さま、コメントありがとうございます!
お知り合いの奥方さま、怪異に会われたのではないとよいのですが…。なんだかこの界隈、割とそういう話を聞きますので、可能性はあるかもしれません。

そして、私には勿体ないお言葉を頂戴しまして、恐縮です…!なんだか緊張してしまいますね^^;
ですがやはり、ほかの投稿者さまの方が余程サイトの主旨に合っていたり読みやすいお話を書かれるので、日々勉強させて頂いております。
元来説明下手な分できるだけわかりやすく…とは心掛けているのですが、結局のところ好き勝手気ままに書き散らしているだけになってしまっております。色々試してみたいがために、「怖話」という主旨や皆様の興味関心からは外れる話も投稿してしまっているような気がして、不安もあります。
お気に召さないものも多々あるかと思うのですが、生温い目で見守りつつ「これはちょっとどうなの?」とか「ここおかしくない?」ということが御座いましたら、ばしばし指摘してやってくださるととても嬉しいです´`*
自己満足作品ばかりで恐縮ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。コメント、本当にありがとうございました´`*

表示
ネタバレ注意

ふたばさま、コメントありがとうございます´`*
PCメールを使っているので、いつ何度通知が来ようとうるさくないです!大丈夫です`・ω・*´
死体遺棄…Σ◎Д◎ 通報案件の可能性が…orz
最近怖話脳なので、頭にありませんでしたが、ふつうにボケてしまってる可能性も大いにありますよねぇ´▽` ボケても気さくに優しく接してくれるおばあちゃん……手元まで届けてあげればよかったかなあ…><;

雪さま、コメントありがとうございます´`*
雪さまの作品も拝見しているのですが、数々の恐ろしいエピソードをお持ちでちょっぴり羨ましくもあると同時に、私には霊感がなくてよかったな…と安堵しております。
雪さまがこの家を訪れていれば、もしかすると何かわかったかもしれませんね`・ω・´
人怖の方が恐ろしく感じるのは、きっと雪さまが心霊関係に慣れていらっしゃるからでしょう…お強い…´ω`*

月舟さま、コメントありがとうございます><*
じわじわ怖くなって頂けたなら、幸いです´ω`*
世の中には知らない方がよいこともあるのでしょうが……気になるものは気になっちゃいますよねぇ><;

shibroさま、コメントありがとうございます´`*
shibroさまの好奇心旺盛さは、本当に怖話投稿者の鑑ですよ~><* 私はチキンなのでお許しををを^p^;
なんで?って言うのは一応岩城さんに訊いときます(笑)一本投稿できるようなボリュームの話が聞けるかどうかはわかりませんが、何かわかったらまたご報告しますね`・ω・´

あんみつ姫さま、コメントありがとうございます´`*
ひー、異界への旅に一命様ご招待~なんてことにならなくてよかった…◎Д◎;
霊的な怖さとも人的な怖さとも、できれば無縁でいたいです…><;

返信に関するとても温かいお言葉も、本当にありがとうございます><* 大変嬉しく拝見しました´ω`*
読んでくださったり怖いを押してくださったりコメントをくださったりする皆々様への感謝の気持ちでいっぱいなのですが、無理はせずのんびりお伝えしていこうと思います´`*
いつもお優しい言葉をくださって本当にありがとうございます。何やら寒い日が続きますので、あんみつ姫さまも御家族さまも、お身体にはどうぞお気をつけください´ω`*

鏡水花さま、コメントありがとうございます´▽`*
岩城さんもなんと言うかアバウトな人なので…あんまり細かい話はされないんですよね><;
でも、皆様のコメントを拝見していると、私も気になってきました(笑)
とは言え、鏡水花さまのご忠告通り、なるべく関わらない方向で…^▽^;

珍味さま、コメントありがとうございます´`*
吸血鬼の例はわかりやすいですが、考えていくと出入り以外でもルールに縛られている妖物の多いこと多いこと…。悪魔にしろ日本の妖怪にしろ学校怪談にしろ。
約束事をないがしろできるのって人間だけなのかなあとか思うと、それでもうひと怪談できそうですね´▽`*
はっ…今気付いたのですが、私毎回珍味さまのコメントで次創作のきっかけをもらっている気がします…いつもありがとうございます`・ω・*´
あれ?なんだかコメントの返信からズレてしまって申し訳ないです^^;

セレーノさま、コメントありがとうございます´▽`*
殺される猫にはなりたくないので、危うきには近寄らず……我が身第一でいきたいと思います!(笑)
怖い話の投稿者としては失格ですねぇ´▽`;

身体の心配まで、本当にありがとうございます´ω`*
最近暇だなーと思ってたはずが、突然慣れないところに飛ばされたりして、てんやわんやになっちゃってました><;
そうですね、身体はちゃんと休めつつ…あー、でも交流も投稿も皆様の作品拝読するのも、楽しいからやりたいんだよなあ…><*
へへへ、無理はしないよう気を付けますね´ω`

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

mamiさま、コメントありがとうございます´▽`*
き…鬼畜…!(笑)
チキンなので、申し訳ないですが入りません`・ω・´ キリッ
でも何かしらわかりましたら投稿させて頂きますね。文章に纏めるのに遅くなるかもですが、岩城さんから何かしらは訊けるかと…たぶん…^p^