中編4
  • 表示切替
  • 使い方

触れてはいけない

皆様、初めまして。

私はキム・コンボと申します。

コンボというのは韓国語で「恐怖」を意味します。

いわば私は、恐怖の案内人というわけです。

nextpage

さて、皆様に私から質問です。

皆様の学校には「学校の怪談」ってありましたか?

歩き出す二宮金次郎、理科室のガイコツ。

美術室の絵が動くとか、夜中に音楽室から聞こえてくる声とか。

だいたいの人は触れたことはあるかと思います。

nextpage

さあて、古今東西まで行くかは分かりませんが、

皆様の国だけでなく、私の国、韓国にも、「学校の怪談」と言われるものがあります。

今回はそんな話の一つを、皆様にお届けしたいと思います。

nextpage

wallpaper:213

期末テストを明日に控えたとある高校。

二人の女子高生が、居残り勉強をしていた。

だが、もともと劣等生の二人。

いつの間にかおしゃべりに華が咲いていた。

nextpage

「マジでー。やっぱ泥棒はダメだね。もうデパート行きたくないわ…」

「それで、その絵を描いてた子はね…」

いつの間にやら、話題は怖い話に。

そして一人、ミヨンがこんな事を言い出した。

「ヒョンジョン、実はね…うちの学校にもあるんだよ、そういう話。」

「え?なになに?教えてよ」

nextpage

wallpaper:201

「校舎の三階にあるトイレなんだけど、昔いじめられた女子高生が自殺しちゃったらしくてね。

それから三階のトイレの一番奥の部屋を、空かずのトイレとして封印することになったの。

でも、その女の子は強い恨みを持って死んだらしくて、今でもあの世に行けず、あのトイレに留まってるらしいのね。」

nextpage

「それから、その空かずのトイレにはある噂が出来たの。」

「何何?」

「その空かずのトイレは大分年月がたっちゃって、もう板とかがダメになってて、簡単に入れちゃうらしいのね。

でも、トイレに入る時、必ずドアをノックしてから入らないと行けないの。」

「じゃあ、しなかったらどうなるの?」

ミヨンは首をかっ切る真似をした。

「やだー怖ーい!!!」

nextpage

「もう…こんな時にトイレ行きたくなってきた。行ってくるね。」

「あ、ヒョンジョン。」

「ん?」

「せっかくだから試してみれば?三階のトイレ、ここから近いでしょ?」

「え…マジで言ってんの?死ぬかもしれないんだよ?」

nextpage

「あれー?ヒョンジョンさん幽霊なんか作り話だょーっていつも言ってない?これホラ話かもしれないんだよ。」

「でもさあ…」

「怖いんだ、ヒョンジョン。」

「分かったよ、もう!」

ヒョンジョンはしぶしぶ、噂のトイレに向かった。

nextpage

三階の奥のトイレ。

確かにそこは空かずのトイレになっていた。

「じょ、冗談に決まってるじゃん。」

ヒョンジョンはゆっくり、そのトイレの扉を押した。

nextpage

「や、やっぱり誰もいないじゃん。ただの噂だよ」

「私ならここよ」

誰もいないことにヒョンジョンが安堵したのもつかの間、天井から声が聞こえた。

「ひっ!」

顔を上げる間もなく、声の主の少女がゆっくりと天井から降りてきた。

古い制服。生気のない顔。首に残る縄の跡。

間違いなく、噂の少女の幽霊だ。

nextpage

「また面白半分で私に会いにくるバカなやつが来たのね…私の姿を見たからには生きて返さないわ」

少女の幽霊は、恨みを込めた瞳でヒョンジョンを見つめた。

「ひぃぃ…ゆ、許してください…死にたくない…まだ若いし、たくさんやりたいことあるの…」

「身勝手な女ね。私だって好きで死んだわけじゃないの。噂を信じず私の姿を見た貴方が悪いのよ」

nextpage

ヒョンジョンは幽霊に土下座した。

「お願いします!許してください!なんでもします!なんでも貴方の言う事を聞きます!」

すると幽霊は言った。

「本当に何でもする気ある?」

「はい!!!」

「じゃあ、ねえ…」

nextpage

「私の姿を見た事を誰にも言わなければ許してあげるよ。

その代わり、もし誰かに言ったら、今度こそ貴方の生命はないから」

そう言うと彼女の姿は消え、扉が独りでに閉まった。

「た、助かった…」

ヒョンジョンは安堵した。

nextpage

「どうしたのヒョンジョン?顔色悪いよ!それに帰り遅くない?」

生命からがら生還したヒョンジョンは、ミヨンの質問攻めにあっていた。

「いや、何でもないよ。本当に。」

「本当に?本当に何にもなかったの?」

「ううん。ただの噂だったよ。それより、勉強しなきゃ、勉強。」

ミヨンの質問をごまかすように、ヒョンジョンは勉強をし始めた。ミヨンもしぶしぶ従った。

nextpage

wallpaper:95

やがて日も暮れ、二人は下校する事になった。

だが、帰り道が一緒のミヨンの質問は止まらない。

「ねえ、本当は何かあったんでしょう?教えてよ!」

ヒョンジョンはもうごまかすのは限界だと感じた。

だいぶ学校からも離れていた。

nextpage

(ああ言われてたけど、学校の外ならいいのかも…)

「ごめん、ミヨン。実はねえ…」

ついにヒョンジョンは耐えかねてその事を話してしまった。

「へえ、そうだったんだ…」

しかし、ふいにミヨンの顔が怒りに歪んでこう言った。

nextpage

「誰にも言うなって言ったじゃない」

Normal
コメント怖い
2
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信