中編3
  • 表示切替
  • 使い方

私が小学生の頃の話です。

私達は、当時、2LDKのアパートで、両親と私と弟の四人で暮していました。

父は自営で塗装の仕事をしており、自営とはいえ、決して暮らしは裕福ではなく、父と母は、よく喧嘩をしていました。金銭面でも女性面でも、父はだらしない人だったので、母も相当苦労したのではないかと思います。

そういうこともあり、母はまだ幼い弟を連れて、しょっちゅう実家に帰っていました。

私は、学校があるということで、まだ弟は当時保育園に通っており、母としては止むを得ない選択だったのかもしれませんが、当時、私は置いていかれることに傷ついていました。

そんなことも、もう社会人となってしまえば、遠い昔の話で、私と母は、仲の良い親子でした。

ただ、一つだけ、解せないことがありました。

あれは、小学5年の冬休みのことでした。

母がいつものように、正午前に昼ごはんの支度をするために、台所に立っておりました。

私は、だらだらとこたつに横になって、テレビを見ていたのですが、急に頭が重くなり、頭痛で起き上がれないほどになりました。母に助けを求めようと、台所に這って行くと、どうも妙な臭いがします。母は、ボーっとガスコンロの前に立っており、その臭いはガスの臭いでした。私は重い体をなんとか動かし、コンロのつまみを慌てて元に戻しました。

「お母さん、何しよるん!ガス、開きっぱなしやん!」

すると、母は無表情で私に向き直ると、黙っていました。

まるで、母ではないみたいに。別人のように私をキョトンと見ていました。

私は、慌てて窓を開けて換気をすると、ようやく頭痛がおさまってきました。

母は何をするでもなく、呆然としています。

私は、あの出来事は、もしかしたら、当時思い悩んだ母が、私を道連れに無理心中を図ろうとしたのではないかと、大人になって思いました。

その後、父は67という若さで他界してしまいましたが、その後も私と母は私が嫁いでも、時々遊びにきたりして、良好な関係を保っておりました。

ところが、最近になって母は、痴呆が始まってしまい、まるで別人のようになってしまいました。

あの、ガスを開いて呆然と立ちすくんでいたあの顔と同じ、無表情な顔で、徘徊を始めたので、やむなく弟は母を施設に預けることに。

最初は母を見舞って、時々施設を訪れておりましたが、弟は覚えていても私のことは全く覚えていません。

「おかしいなあ。俺より、姉ちゃんのほうが仲が良かったから、覚えてそうなもんだけどな。」

弟はしきりに、不思議そうに私に話します。

「仕方ないよ、呆けちょるんじゃけ。」

私はそう言いながらも、内心ショックでした。

そして、私は、あの日の核心へと、母の一言で導かれてしまいます。

「なあ、何であんとき、死なんかったん?」

いきなり母が私に、帰り際に言葉を投げかけてきたのです。

私が驚いて、母の顔を見ると、ニタアと笑いました。

母は、あの時と同じ、別人のようでした。

もしかしたら、母は、あの時も、別の何かに支配されていたのではないかと、そんな疑念にかられてならないのです。今、母は、完全に、あの誰かに支配された。

そんな気がしてならないのです。

その日から私は、母には会いに行っていません。

Concrete
コメント怖い
16
37
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信