中編2
  • 表示切替
  • 使い方

足音

<其の一> 法事でお寺に行った時の話

義父の三回忌の法要でお経をあげてもらっていた時、上からバタバタと音がした。

最初、猫かカラスが屋根にいるのかな?と思った。

でも違う。そんな小さな生き物がだす足音じゃない。それはまるで子供がパタパタと走り回っているかのような音だった。

後で主人に話すと、主人にもその足音は聞こえていたそうだ。そしてそれは今に始まったことではなかった。

主人が子供の頃からそのお寺に行くと、色々な場所で今回聞いたような、子供が走っているような足音が聞こえていたそうだ。

嫌な感じはしないので、悪いモノではないと信じたい。

separator

<其の二> 温泉宿で

去年(2019年)の秋に家族で岐阜県の、とある温泉宿に泊まった。

料理も温泉もとてもよくて、旅館のスタッフも親切で、とても素敵な宿だった。

AM1:00を過ぎた頃、眠っていたら突然息子が嘔吐した。中々具合がよくならなくて、救急病院に行くかどうするか検討していたが、1時間半くらいして落ち着いたので、このまま朝まで様子を見ることにした。

深夜に申し訳ないと思ったが、フロントに連絡して布団を汚してしまったことを謝罪した。

間もなく息子は眠りに就いた。

実は息子が吐いたとき、隣でうつ伏せになって寝ていた私の頭には、息子の吐物が落ちていた。

ここの温泉は24時間いつでも入れるので、私は息子が落ち着いたのを確認して、頭を洗いに行った。

夜中、館内は静まり返っている。

浴場には誰もいない。

泳げるじゃん!

と思いながら私は頭を洗った。

ふと物音がした。

私は手を止めて耳を澄ました。

パタパタと音がする。

私は洗い場にいたのだが、後ろの浴槽の天井からその音はした。

1人の足音じゃない。複数の足音がしていた。

目を閉じるのはちょっと怖いので、薄眼を開けて急いでシャンプーを洗い流して、露天風呂で身体を温めて部屋に戻った。

主人に話すと、気のせいだよと言った。

でもね 気のせいじゃないよ。

宴会でもやってたんじゃないか?

館内、静まり返ってたけどね。

それに浴場の上の階は、本館から別館への移動通路になっていて、宴会場じゃない。

深夜だし、館内静まり返ってたし。

あの足音、生きてる人の足音じゃないよ。

でも、お寺で聞いた足音もそうだけど、悪いモノじゃないと思う。

Concrete
コメント怖い
2
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

@天津堂さん、いつもコメントありがとうございます。
私には霊感ないんですけど、たまにこういうのがあります。視えないので何とも言えませんが、最初の話の足音は、音からして子供のような気がしてなりません。。お寺に座敷童子か?なんて考えると楽しくなりますが、多分何処かのお墓に入っている子供なんだろうな。
天津堂さん、今回も御読みくださりありがとうございました。

返信
表示
ネタバレ注意
返信