短編2
  • 表示切替
  • 使い方

クネクネ

はじめて投稿しますので、乱文等ご容赦ください。

実体験です。

そしてあまり怖くありません。

3年ほど前の話です。

私と友人のKは、よく夕方から深夜まで遊びに出ていました。

東北の都会でもなく田舎でもない地元なので、することと言えば無駄にドライブに行ったり、どこかに駐車してくだらない話をするくらいでした。

ある日の深夜、いつものようにKに送ってもらった時。

私の家の隣にはアパートがあります。

そのアパートの一室の窓、カーテン越しに両手を広げた人のようなモノが写っていました。

私「おいK…あれ…」

K「あ?…なんだありゃ…」

私「人…じゃねぇよな?」

K「人じゃねぇべ…形がヘンだろ…」

それは、確かに人が両手をピンと伸ばしているようにも見えましたが、おかしな点がいくつもありました。

まず、体全体がそうですが、広げた両手の先がなめらかな曲線を描いており、細い事。

大げさに言えば細長いカラーコーンのようでした。

それに、下半身の細さ。

腕から下が異常に細く、もはや人の形ではありません。

最後に、頭。

髪の毛の影は全くなく、ボウリングの玉のような形状をしていました。

全体の見た感じを例えるなら…

カカシ

案山子でした。

これだけならば、ただの置物かと思うのですが、その頭がゆっくりと動いているのです。

まるで辺りを見渡すように。

私「なんかヤバいんじゃねぇ?」

K「ヤベェだろ…早く帰るべ?」

私「んだな…んじゃな」

私がKの車を降りようとしたその時。

それは動きはじめました。

腕が頭が体が

人としてはあり得ない体なのに、どこか人のように動きはじめました。

やがてそれは、人が動ける範囲とスピードを易々と越え、窓がひらいてカーテンが風になびいているのに物音一つせず暴れはじめました。

私「…!! 出せ!!早く車だせ!!」

K「……!!」

私「行け!!早く!!」

Kは猛スピードで車を発進し、数キロ離れ公園に駐車しました。

真っ青になった私に、同じく真っ青になったKが問いただしました。

K「いきなり叫ぶなや…びっくりすんだろが…」

私「おめぇ…気付かねぇのか?」

K「あぁ?」

私「窓…最初は開いてなかっただろが…」

怖い話投稿:ホラーテラー くろさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ