短編2
  • 表示切替
  • 使い方

理想の夫婦像

遺された写真で見る祖父母は、いつも一緒に穏やかな笑顔でいる。

夏は一緒に扇風機にあたり、冬は一緒にコタツに入ってにこやかに話してた。

喧嘩したとこなんか、見たことない。

共に戦時中を生き抜いて添い遂げた、夫婦だからだと思う。

私は祖父母に懐いていて、幼い頃はいつも祖父母の部屋で、戦時中、戦後の話をよく聞いた。

祖父は兵士として満州に行き生還、祖母は一人で子供達を守った。

その過程で、戦地や戦後の様々な話を聞いた。

でも、それはまたいつか…。

私が20歳のクリスマスイブ…祖母が亡くなった。

県外にいた私は、ショックで雪の降る街をさ迷った。

俯いて歩く私の顔を、笑いながら覗き込むカップルが恨めしかったっけ…。

翌日、実家に。

礼服が無かった私は、成人式の祝いに祖母が買ってくれたスーツで参列した。

そのスーツは、今でも形見として持っている。

仲の良い夫婦は、日をあけずに逝く…と言うけど、その通りだった。

年が明けた1月4日、後を追うように祖父も他界した。

祖父の葬儀が終わり、母から聞いた話に私は泣いた。

祖母が亡くなった時、祖父は病院で寝たきりの状態だった。

正直、意識も混濁して、話すことも出来なかった。

しかし、祖母が亡くなった夜…祖父は病院のベッドで、涙を流しながら天井に震える手を伸ばし、

「おお…おお…」

と声をあげていたそうだ。

「きっと…おばあさんが、おじいさんを迎えに行ったんだよ…。仲、良かったもんね…」

私も、そう思う。

理想の夫婦像は?と尋ねられたら、迷わず祖父母と答える。

同じ人、いるんじゃないかな…?

怖い話投稿:ホラーテラー 元業担改め、まささん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ