短編1
  • 表示切替
  • 使い方

女が居た。

血まみれの女がいる。

俯いてなんかブツブツ言ってるし

異様にいや、尋常じゃ無いくらい髪が長い。

フツーなら、俺は一人暮らしだから隣に女なんか居ないハズ・・・・

しかも俺には彼女も居ない暦10年だから、

俺以外は女なんか居ないんだ。

女「ナンデナノ?」

俺「・・・・」

女「ナンデヨウ!」

俺「・・・・?」

俺(何言ってんだコイツ?)

女「タクチャン・・」

俺「・・・・」

すると女が俺の上に乗ってきた。

俺(何すんだよ!)

女の冷たい唇が近づいて来た。

女「スキヨ・・タクチャン」

何故か俺は殺されるっ!!

と思った。

俺(ああもう駄目だ)と思い目を閉じた。

すると、急に身体が軽くなった。

周りを見ても女は居なかった。

俺「助かった・・・」

そして、俺はそのまま眠ってしまった。

朝になって、女が居た辺りを見た。

夢だったかもしれないな

とか考えてみてみた。

でも・・・

夢じゃなかったらしい。

だって・・・

長い髪の毛が散らばっていたのだから・・・

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ