短編1
  • 表示切替
  • 使い方

タケさん

いとこの前住んでいた家には、“タケさん”という人(というか、霊?)がいたらしい。

うちの家系は全く霊感がなく、まだ幼かったその子だけに見えていた。

その子の名前を仮に、「彩花」とします。(本当はハーフ)

彩花はいつもタケさんと

話していました。

私たちには見えないタケさんに。

今は彩花も小学二年生。

当然、そのタケさんの事は覚えておらず、

性別も、年もわかりません。

私の母は

「七十歳くらいのおばあさん」

と言っていたり、

私のもう一人のいとこは、「そこの土地で戦死した、兵隊さん」

などという、説があります。

あと、知り合いの子供の

前住んでいた家の玄関には、鬼がいたらしいです。

そして、『鬼がいるから』と玄関にあまり近づかなかったと、言っていました。

小さい子って、本当に幽霊的なものが見えるんだなぁ〜と思いました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ