中編3
  • 表示切替
  • 使い方

幽霊船Second

「おい,大丈夫か!?」

「ああ,大丈夫だ!」

俺達の船は急速で進路を変えた.

お陰で,正体不明の影との正面衝突は避けることができた.

「・・・あと2分もしないうちにすれ違う.」

「・・・ああ.」

友人のその言葉に何か意味深なものを感じた.

後2分足らず,正体不明の影が俺達の船の真横に現れる・・・

緊張?いや,恐怖だ.

得体の知れないもの・・・

それが何なのかも分らずに,俺達はそれに近付いていく・・・

「来るぞ・・・」

「・・・.」

霧のかかった静かな海上.波の音も,風の音も,自分達の船のエンジン音すら聞こえない.

そんな中,正体不明の影は静かに,その姿を現した.俺達は,操舵室の大きな窓から外の様子を伺った.

とてもじゃないが,この状況で操舵室の外に出る勇気は俺達には無かった.

「・・・・!?」

「・・・・!!」

言葉が出なかった.

代わりに,冷や汗と異常な悪寒が俺達を襲った.

中世の帆が破れたボロイ帆船?

いや,違う.確かに帆船だが,帆の部分にはマストからぶら下げられた首吊り死体のような人,人,人・・・

そのすべてが,白濁した眼球を見開き,一斉に俺達を見る.

「駄目だ,眼を合わせるな!!」

友人が叫んだ.

俺は必死に帆船から視線をそらそうとした.

そんな俺達に,マストにぶら下げられた者達が呼びかけてくる.

「Wanna・・・

Wanna be die...」

出来る事なら殺してくれ・・・,

早く死にたい・・・.

そんな意味合い・・・

「・・・マジかよ.」

「何だ,これ?」

帆船はちょうど,俺達の船の真横.

そしてさっきソナーで確認していた速度が嘘かのようにゆっくりと航行している・・・

「な,何かしてくるつもりか?」

「・・・落ち着け,落ち着け.」

うろたえる友人を俺は必死になだめた.

しかし,俺だって気が気ではない.

その時だった.

首吊り人達の声が一斉に止み,代わりに帆船の甲板を誰かが歩く音が響きだす.

コツンッ,コツンッ

ドアをノックするような,,,

いや,違う.これはこの船の操舵室のドアをノックする音そのものだ.

「Please Please open the door...」

「・・・まさか,あの船の生き残りか?」

「バカ,んな訳ねえだろ!あれは明らかにこの世のものじゃない!!」

「だけど,外で助けを求める声が・・・」

「おい!一体どうしたんだ!?」

友人の様子がおかしい.

「開けなきゃ,このドアを,開けなきゃ・・・」

「バカ!やめろっ!!」

俺の制止を振り切り,友人は操舵室のドアを開けた.

「・・・・・・!!」

戦慄の光景とはまさにこの事.

ドアの前には誰もいなかった.・・・が,友人の顔が映りこんだ操舵室の大窓.

そこにヤツは居た.

ドアを開けっぱなした友人の真横に立つ感じで,ボロボロの軍服(今時のものじゃなくてもっと昔のナポレオンみたいな)を着た腐乱死体が薄暗い操舵室の中で口元に薄笑みを浮かべている.

「!!!!」

・・・・数時間?

いや,もっとだろう.

「・・・・た.おい,見つけたぞ!!」

「大丈夫か!?意識はあるか!!?」

「ん?・・・・・」

俺達は,船に乗ったまま意識を失っていたらしい.気づいた頃には海上警備隊の船の甲板に寝かされていた.

「一体何があったんだ?いつから漂流していたんだ?」

矢継ぎ早に海上警備隊の質問が続く.

意味が理解できない俺達・・・

「あの,僕達の船は・・・」

「船?ああ,この船の船尾に繋いである.」

友人が突然,走って船尾に向かう.唖然とする海上警備隊の隊員.

慌てて友人の後を追う俺達.

・・・そこにはコケとフジツボにまみれて古ぼけた俺達のクルーザーがあった.まるで何十年も海の上を彷徨っていたかのように・・・

「生きてただけでも・・・運がよかったのかな?」

友人が力なく呟いた.

怖い話投稿:ホラーテラー ジョーイ・トリビアーニさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ