恨まれた友人 その おわり。

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

恨まれた友人 その おわり。

俺「その写真、燃やすの?」

Aがピラッと写真を裏返して見せた。一枚一枚に達筆な文字でなにやら書いてある…読めない。

A「親父も少しは気にかけてるんだよ。これで少し位はなんとか心が和らぐんじゃないかって、書いてくれたんだ」

俺「お経?お札みたいなもの?」

A「いや、実にありがたーい言葉が書いてある…読めない」

そう言いながら、なにやら鞄からゴソゴソ取り出した。出て来たのは空の一斗缶

俺「公園で火を焚いてはいけません」

A「投稿長文だ。気にすんな」

軽く歩き回って枯れ枝や落ち葉を集めて缶に突っ込む。Aはトイレで空のペットボトルに水を汲んでいる。大五郎だ。

ぼーっとそれを眺めながら俺は考える。ハンチングが成仏出来なかったのは気掛かりではある。でも、それでAを責める訳にもいかない。

A兄やBさんに頼んであそこ(廃病院)に乗り込んで払ってもらう? 漫画やアニメのヒーローじゃあるいし、彼等がそこまでする理由は無いだろう。

だからもう、俺らに出来る事は何もない。すべて終わったんだ。引っ掛かってた疑問もこれで全部…あれ?

A「くそっ!水、重いよ。ドンにすればよかった!黄桜の!」 …同じだろ

俺「なあ、なんで受け入れろなんだ?」 俺の最後の疑問だ

A「ハァ?」

俺「彼はハゲを隠してた。受け入れて無かった。お前には言った…受け入れろって」

A「知らん。知る由もない」そう言いながら火をくべると一斗缶の中が赤く燃え上がる。

俺「なんか意味あんのかなって思って」

パチパチと小枝の弾く音がする パチパチ「パチッパチッ」パチパチ…

ラップ音だ!確かに火とは違う位置、Aの方、ちょうど頭の上の方から聞こえた!しかも2回続けて!Aは気付いて無いのか?

A「ハンチング、わけ判らん事言って、ハ、ハハ、俺、すべて受け入れてるし、秘密ないし」

その瞬間!

「なんでやねん!」 スパパパパパパーン 公園中に大きな音が響き渡った

A「ちょ、何すんの!」

俺「え?」

A「え?」 Aの頭が落ちる 頭?首!?

ボトン、 漆黒の塊が一斗缶の縁に落ちる。

ドサッ そして綺麗に一回転すると炎の中に消えて行った

俺「…してやられたな」

A「……たな」

俺「……日が暮れたな」

A「……暮れたな」

俺「なあ………頭、寒くないか?」

A「…ああ、なんか持って無い?」

俺は鞄から買ったばかりのハンチング帽子を取り出すと、そっとAに渡した。

おわり

怖い話投稿:ホラーテラー なみすけさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
34510
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

結構読めたよ~