中編4
  • 表示切替
  • 使い方

見てしまった代償

こんばんわ。何ヶ月か前に「感じたための代償」ってやつを投稿した者ですが、そこに出てくる自称霊感の強い先輩と久しぶりに飲んだ時に聞いた話です。

似たような話があったり、嘘かもしれませんが、暇だったら読んで下さい。長いですけど……。

その先輩は沖縄の大学を卒業して、某県の警察官になっていました。

この前のGWに、沖縄に帰って来ていたので、久しぶりに会って飲みました。

この話はそこで先輩が話した内容です。正直、久しぶりに会って怖い話しかよ!って思いましたけど(笑)

以下、先輩の話(先輩=俺)

俺が、初めて張り込みやった日の事なんだけど、詳細は言えないが、アパートに住む、ある男の仲間関係を調べるため、男の部屋を出入りする人間を調べていた。

けど、よく分からないから向かいのアパートを借りよう、ってことになったんだ。

そして大抜擢された俺?と上司が毎晩交代で、ベランダに設置した隠しカメラで撮ったやつを、モニター越しに見ることになった。もちろん男にバレないように、部屋は真っ暗にしていた。

そして俺は上司と2時間交代で、男の部屋を見張ることにした。

始めは興奮していたが、2、3回交代するうちに、何の変化も見せないモニターに飽きていた。

「チクショー!何もなしかよ」って愚痴っていた時、

……コツ…コツ…コツ……

『あれ?ハイヒールの音がする?』と、モニターを確認した。

借りたアパートと、男のアパートの間には道があるんだけど、カメラは車も記録させるため、道が入るように設置していた。

モニターを見ていると、道を歩いている女がいた。黄色のコートを着た女が歩いていた。

俺は『こんな夜中に…、奴の仲間か!?』と、若干興奮し、急いで上司を起こそうとした。

その瞬間、体中に悪寒がした。『おかしい!モニターって、夜は白黒だぞ!それにココは、五階だ。締め切った部屋で足音なんか聞こえるはずがナイ!』

俺がモニターから目が離せないでいると、さらに変なことに気づいた。

『女の足が片方見えない!ってかナイ!やっぱりこの世の人じゃない!』と思っていると、さらに違和感があった。

さっきから足音が何か違う。女の残っている足が動いた後、足音が聞こえてくる。

『距離があるからか?いや、聞こえるはずがナイ。五階なんだから!

……………………んっ!?後ろから音がしてる!後ろにいる!

なんで?見えちゃったから?後ろ見たくない。』と思っていたら、背中を押された。

ビックリして、思わず振り返ってしまった。

「ワァ〜〜!!」

悲鳴をあげてしまった。そこには、モニターの光で青白く見えた、ヒザから下の足が一本あった。勝手に歩いている。

さっきの女の足だとわかった。片足はハイヒールを履いており、そこから「コツ」っと、音がしていた。部屋中に血生臭い匂いがする。

俺は、モニターの横で寝ている上司を起こそうと振り返った。

その時、モニターを見てしまった!その瞬間、女と目が合った!

『ヤバイ!初めて霊と目が合ってしまった!』と思った瞬間、強烈な吐き気がして、俺はその場に両手を付き、吐いてしまった。

『はぁ〜、今後、幽霊見たら吐くのかなぁ』なんて、情けないことを考えていた。

しかし………………………………………………………………………………!?そこには嘔吐物は無かった。

その代わり、俺の眼下には『腕が三本』あった!

右腕が二本!?一本は口から出てる!!

まだ吐き気が治まらない私の口から、次は左腕が!そのまま、ずっとオエ〜オエ〜と吐いていたら、後頭部が出てきた。

その頃には、俺はそれが誰なのか、もちろん分かっていた。あの女だ!

頭が完全に出た瞬間、クルッと回転し、こちらに青白い顔を向けてきた。

女は俺に向かって、「もうすぐだ、早くしろ、早くしろ!」と、何度も何度も言ってきた。

口で息ができないのと、女を口から出しているという気持ち悪さから、もう死にたいと思った。

女をすべて吐き出し終わった時、俺の人生も終わったと思った。

しかし、女は俺には何もせず、ニヤリと笑った後、勝手に歩き回っている足を手に取った。取られた足は、強く握られているせいか、切れている部分から、「ブシュッ!」っと血が滴り落ちていた。

そして女は、こともあろうに、仮眠している上司のほうに歩いていった。

俺は上司を起こそうとしたが、さっきの事があり、むせて声にならない。

女はそんな私を見て、高笑いをしていた。そして上司の横に立つと、

「ほらぁ〜〜!

あなたが好きだって言った足よ!

ギャハハハハハッ!」

そう言って、女は手に持っていた足を、狂ったように上司に何度も叩きつけた。

俺は、その異様な光景を見たくないと思ったのか、そのまま意識が薄れていった。

俺はその後、女に叩かれていた、上司に起こされた。白目を剥いて、泡を吹いていた俺を見て、とても心配そうだった。

上司は、俺に張り込みを続行できるか確かめると、モニターを監視しはじめた。

先輩の話しはここまで。私は、その上司がどうなったか聞いた。

「私生活で問題が起きて、仕事辞めたよ。」って言ってました。

………?不倫相手の生き霊かなって思いました。

またなんか、怖い話し聞けたら、カキコします!

長文ですいませんでした。

怖い話投稿:ホラーテラー ハパイヤチャンプルーさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
31900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ