短編1
  • 表示切替
  • 使い方

被験者03号

某学園都市近郊での話。高校生だった俺は、深夜に母親から父親のタンクトップとブリーフとみそ汁茶碗を頼まれたんだ。

しちめんどくさいなぁなんて思いながらもけったを漕ぎ出した。

近くのコンビニまで行き、頼まれた物を購入。折り返して帰宅した。

途中、ハザードの黄色い看板がかけられてる金網の近くに不審な光沢のない黒いハマーが停車している。

こんな夜中に何しているか気になってしまい、けったを静かに倒し、茂みから様子を伺う。

「…逃げただと、被験者03号は危険だ…」

ハマーの周りをうろうろする黒服の男が迷彩服の男とひそひそとしゃべっていた。

これはただ事ではないと判断した俺はけったに素早く跨がり家路を急いだ

続く

怖い話投稿:ホラーテラー なめこさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ