短編2
  • 表示切替
  • 使い方

チキン冷めちゃった

wallpaper:5832

おはよう、涙出てきた

知らないうちに寝落ちしてたっぽい

nextpage

パソコンのデスクに並べてたケーキが床で潰れてた

チキンから滲んだ油でデスクがギトギトで冷えた脂が白くなって固まってる

寝落ちした時に机に突っ伏してたからか頬が引き攣るのも多分鳥の脂だ

nextpage

wallpaper:3053

携帯電話みても彼女からの着信は来てない

俺が寝落ちしてからも彼女から電話はなかったみたいだね

nextpage

wallpaper:5780

これから床に落ちたショートケーキ片付けて捨てるよ

お腹すいたからチキンはチンして食べようかな?

でもそんなみっともないことないよな、捨てるべきだろってよくわからない冷静な感情が交錯してる

nextpage

さっさと片付けてシャワー浴びて、今からでも手に入るクリスマスケーキもっかい探そうぜって心の中の俺が言ってくる

彼女の為に奮発した特製ケーキは床で潰れてるけど、コンビニとかスーパーのケーキでもいいよね?

nextpage

彼女と一緒にメリークリスマスってゲラゲラ笑いながら蝋燭吹き消せればそれでいいよね?

そんな、そんなさ…たったそれだけの望みだったんだよ。

nextpage

wallpaper:1069

彼女と一緒に夜にメリークリスマスって一言言葉をかけ合いたかっただけなんだ。

そんなことも僕の望み過ぎだったのかな?身の丈に合わないことだったのかな。

nextpage

wallpaper:5602

彼女がクリスマスの話をするたびに、そんな当たり前の夜が来ると思って上司に意地でも休むって有給申請書出してはんこ押させてさ

nextpage

周りの同僚に「お前彼女なんていないだろ?」って陰で笑われてるって自覚しながら、それでも胸張って休んで前もってケーキ頼んで

nextpage

あとは僕の家のインターホンが鳴って

nextpage

wallpaper:5715

こんばんわーあーんたリスマスになーにシケたツラしてんだよファファファ!

でも、私のためにクリスマスあけてくれて嬉しいよ!ファファファ!

nextpage

そうやって少し嫌そうな素振りみせながら、でも笑って不安な気持ち吹き飛ばして僕に笑顔をくれる。

そんな彼女とクリスマスイヴをたった一時間でも過ごしたかった。

ただ、それだけなのにさ。

nextpage

wallpaper:4938

だめだ、ぐだぐだ書いてても未練しか出てこねぇ

涙なんか乾きもしねえ

nextpage

wallpaper:4547

床掃除して風呂入ってくる

長文ごめんな

nextpage

wallpaper:5580

「きゃあああああ、あなた誰なんですか!?出て行かないなら警察に・・・

wallpaper:4835

shake

あーっ」

nextpage

wallpaper:2733

「クリスマスに彼女と会う?おまえ彼女いないだろ?」

nextpage

wallpaper:5053

「おなかすいたから彼女はチンして食べようかな?」

Normal
コメント怖い
1
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信