中編3
  • 表示切替
  • 使い方

とんからとん的な何か

これまでほとんど、読み専門でサイトを利用していたのですが、ふと思い出した怪異があったので、投稿してみようと思います。

これは、私自身が体験したわけでは無く、私の叔母夫婦が体験した聞いたお話です。怖く無いと思います。(2回目の投稿ですので、文章の拙さにはご容赦ください)

皆様は、「とんからとん」をご存知でしょうか?

都市伝説的なものかと思うのですが、全身に包帯を巻き、日本刀を持った姿で、「トン、トン、トンカラ、トン」と歌いながら自転車に乗って現れるらしく、人に出会うといきなり「トンカラトンと言え」と言い、そのとおりにすれば去っていくが、言わないと刀で斬り殺されてしまい、トンカラトンに斬られた者は全身を包帯で巻かれ、トンカラトンにされてしまうと言う、子供心に何とも恐怖心をそそるものだった気がします。

これに関係するのか、分かりませんが、20年位前の話です。

(場所は九州地方の田舎になります。)

真夏のある日に、父方の妹の、叔母が家に来るなり、リビングで怖かったと言いながら、ある話をし始めました。叔母は葬儀屋を営んでおり、その日も知り合いの葬儀後に、山の上にある火葬場から、知人のおばさんを車に乗せ、自宅に送っていこうと、たわいもない話をしながら、山道を下って行ってた時の事です。

車を走らせていると、車の横の狭い道幅の所を、結構なスピードで走って行く自転車が見え、「うわ、危ないなぁ」と思いながら、運転していると、助手席に乗っていたおばさんが、黙りこんでしまいました。

どうしたんだろうと思いながらもしばらく走っていると、「はぁっ…怖かったぁ…」と言うのです。何が怖かったのかと思い、「何が怖かったの?」と問うと、「はぁ?!怖かったでしょ?!山道の途中で、出会った自転車に乗ってた奴!全身包帯ぐるぐる巻きだったじゃない!」と言われたと言うのです。

その時、叔母は、ちらっとしか見なかったし、普通の人かと思っていたそうですが、自転車で山の上の火葬場に向かっていたらしく、とても異様だったとのことで、気味悪く思っていたそうです。

そうすると、今度は、次の日の夕暮れ時の事です。その時は、叔母の旦那さんが葬儀を終え、火葬場から自宅に帰る途中に、山道を下っていた時、同じ、全身包帯ぐるぐる巻きの人が自転車に乗り、火葬場に向かっていたのを、実際に目撃したそうです。

その日の火葬はそれで終了のはず。火葬場に何をしにいったのかは分かりませんが、同じく異様な姿だったそうです。

聞いた瞬間、ゾクっとし、幼い頃にトラウマになりかけた、とんからとんを彷彿とさせる話でした。怪異なるものなのか、はたまた、ただの不審者なのかは、定かでは無いですが、ただ場所が場所。山の上にポツンとある火葬場で、怪異なる事もたびたび聞こえてくる場所です。

車に乗っていた事もあるのか、話かけられる事すら無かったものの、実際、徒歩などで出会っていたらどうなっていたのか。

そう考えると背中に冷たいものが走りました。火葬場はいろんな方の魂が集まる場所。そういう事もあって不思議では無いのかなと思ったお話でした。

ご静聴ありがとうございました。拙く、とりとめの無いお話ですみませんでした。

Normal
コメント怖い
0
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ