「てのひら怪談」 第13話 

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

「てのひら怪談」 第13話 

nextpage

wallpaper:6657

「お帰りください。」

nextpage

wallpaper:6658

昭和レトロな喫茶店で、還暦を少しばかり過ぎた男性が語ってくれた不思議な話。

nextpage

separator

wallpaper:6682

wallpaper:6755

もう40年ほど前のこと。

うっすらと雪が降った日、友人宅を訪れるため、海辺の無人駅に降り立った。

夏場は、海水浴客で賑わう駅も、冬場は、暖を取る場所もなく閑散としている。

nextpage

wallpaper:6754

改札を出ようとしたその時、

「あの・・・。」

背後から声をかけられた。

「あの・・・、ちょっと。」

ホームには、自分以外誰もいなかったはず。

nextpage

幼い頃から、少しだけ、霊感らしきものがあった。

直感で、振り向いてはいけない気がした。

nextpage

wallpaper:1893

「あの・・・そこの人。」

ぽた、ぽた、ぽた、

コンクリートの床に、水滴の音がした。

nextpage

ぺたん

nextpage

女は、じりじりと水をしたたらせながら にじり寄って来る。

ぺたん

ぽた

ぺたん

ぽた

nextpage

ピタッ

水滴と足音が止まった。

「わたしの声、聞こえているんでしょう。」

じっとりと 粘っこい女の声がする。

nextpage

そういえば、この海岸には、海流に翻弄された遺体が、時折流れ着くと聞いていた。

自分の背後に立つ女も、きっと、この世の者ではないに違いない。

nextpage

wallpaper:3009

私は、改札を走り抜けると、コートの襟を立て、耳をふさぎながら、ひたすら海岸線を脱兎のごとく走り続けることにした。

nextpage

wallpaper:2369

背後から突き刺すような女の叫び声が、あたりに響き渡る。

「逃げないでよ。」

「あ~、あ~、あ~。あああああああああ。」

nextpage

wallpaper:2773

昼下がりとはいえ、車の往来もない。

片側一車線の道。

人っ子ひとりいないとは、どういうことだ。

nextpage

wallpaper:3176

心臓の拍動が、マックスを迎えようとしている。

それでも、一刻も早く、恐怖から逃れるため、一心不乱に走り続けた。

幸い追いかけてくる気配はない。

nextpage

何度か訪ねたことのある友人宅だが、周囲は、初めて見る景色ばかりだ。

道に迷う不安はあったが、わけのわからん女の霊に絡まれるよりはマシだ。

道なら、いずれどこかとつながるはず。

そう言い聞かせた。

nextpage

wallpaper:3801

10分も走っただろうか。

気がつくと、駅からかなり離れた上り坂を駆け上がっていた。

本来の目的地とは、真逆の方角。

どうやら、隣町に至る山道へと向かっているらしかった。

nextpage

wallpaper:4153

振り返ると、眼下遠方には、コバルトブルーの海が広がっている。

いつしか、女の声も滴り落ちる水音も 嘘のように消えていた。

nextpage

wallpaper:5099

坂道を上りきると、舗装された平坦な道にたどり着いた。

nextpage

wallpaper:6657

足を止め、あたりを見回すと、前方に アンティークな喫茶店が見える。

「よかった。人に会える。」

nextpage

wallpaper:6756

やっとの思いで辿り着いた店の前には、ピンク色の公衆電話が置いてあった.。

友人に連絡しなければと、一瞬受話器に手をかけたが、急に寒さに襲われ、軽いめまいを覚えた。

nextpage

wallpaper:6657

いや、まずは、この外気から身体を温めることが先決だ。

かじかんだ両手をすり合わせながら、

ふぅと息を整え、逸る気持ちを抑えつつ喫茶店のドアを開けた。

nextpage

wallpaper:6657

「いらっしゃい。」

マスターらしき男は、こちらを一瞥もせず、ダルそうにつぶやいた。

「わるいねぇ。ランチタイムは、2時で終わったんだよ。ここに貼ってあるメニューなら出来るけど。」

nextpage

wallpaper:5354

店に客はいないようだ。

やけに、閑散としている。

「食事は済ませてきました。コーヒーをください。」

nextpage

wallpaper:6641

男は、カウンター越しに顔を上げ、こちらを見るなり、目をかっと見開き、怒鳴り声を挙げた。

「お帰りください。」

「え?」

「いいから、お帰りください。」

nextpage

wallpaper:6753

あまりの剣幕にたじろぐも、男は、大声を挙げた。

「あんたさぁ。人の言葉には、耳を傾けるもんだぞ。さ、さっさと出て行け。」

「なんなんですか。いきなり。さっぱり意味がわからない。」

「いいから。あんたをここに入れるわけにはいかないんだ。」

nextpage

「どうしてですか。理由を聞かせてくださいよ。」

「あんた、どこから来た。」

「ここの駅から来たんですよ。駅で…厭なことがあって。ここまで、走って・・・。」

nextpage

wallpaper:6641

男は、激高し、私の胸ぐらをつかむと、荒々しくドアを開け、外に押し出した。

「お帰りください。」

もう二度と来るな。

と言わんばかりの 三度目の「お帰りください。」だった。

nextpage

尻餅をつきそうになり、とっさに電話台に手をかけ、ふと我に返る。

友人宅を訪問する約束の時間が、迫っていた。

nextpage

wallpaper:6756

そうだ。なんてこった。とにかく、友人に連絡しなければと思いたち、そばにある公衆電話から、友人に電話をかけた。

nextpage

数回コール音がした後、受話器から友人の快活な声が聞こえてきた。

「あ、あの・・・。〇〇だけど、ちょっと、面倒なことがあって、すまん、お前んちに行くの少し遅れる。待っててくれないか。今、駅と反対方向にいるんだが。」

nextpage

wallpaper:5213

しばし、沈黙の後、電話口から友人の困惑したような声が聞こえてきた。

「え?え?家に来るって。〇〇 お前、もう、ここにいるじゃん。」

(そんなばかな)

「あのさ。あんた、誰?」

nextpage

ぷつん 

ツーツーツー・・・

電話も会話も、二度とつながることはなかった。

nextpage

separator

wallpaper:6658

「記憶にあるのはここまで。あの日、喫茶店のマスターに、『お帰りください。』って三度も言われたんですが、無事に帰れたかどうかも定かではないんですよ。」

nextpage

wallpaper:6756

旅行客だと嘯く男は、店内においてあるピンクの公衆電話を懐かしそうに眺めながら、そう呟き、涙を拭いた。

Normal
コメント怖い
5
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信
表示
ネタバレ注意
返信

皆様、新年あけましておめでとうございます。
続いて寒中御見舞申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

相変わらずの拙作ですが、お読みいただきましてありがとうございました。

返信