心霊内科・薬師瑠璃の御薬手帖 (その弐)

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

心霊内科・薬師瑠璃の御薬手帖 (その弐)

「――『影の病』ですね」

それまでずっと黙っていたルリが、不意に口を開いた。

「『影の病』……って、芥川の『椒図志異(しゅくとしい)』に載ってるやつだっけ?」

私はつい普段の調子でルリに尋ねたが、それを聞いた加賀美は怪訝な表情を浮かべている。

例の左右別々の顔に、だ。

nextpage

「あ、ごめんなさい……。

私たち、同じ大学の国文科に通ってて、日頃からよくこういう会話をしてまして……」

私は慌てて弁解する。

nextpage

「彼女――メアちゃんが今言った『椒図志異』というのは、文豪・芥川龍之介が学生時代、見聞きした怪談・奇談を書き留めたノートのことです。

その中に、江戸時代の女流文学者・只野真葛が東北地方の奇談を集めた『奥州波奈志』という文献の記述があって、『影の病』という話が出てくるんです」

ルリが淀みなく話し始める。

こういう話題――古今東西の怪異譚――になると、彼女の人見知りはなりをひそめ、饒舌になる。

nextpage

「ある人が自分の部屋で、誰かが机に伏しているのを見つけます。

着ている服や髪型を見るに、それはどうやら自分自身の後ろ姿であるように思われます。

不思議に思って、顔を見てやろうと近寄ると、その人物はすぐ走り去って消えてしまった。彼は、その年のうちに死んでしまいます。

実は、彼の父親も祖父も『もうひとりの自分』に行き逢った挙げ句、亡くなっていたということが明らかになるのですが――」

nextpage

そう。『もうひとりの自分』――つまり、ドッペルゲンガーと行き逢い、結果死んでしまうことを、ここでは『影の病』と言っているのだ。

nextpage

「でもね、メアちゃん。

私が言いたかったのは、『奥州波奈志』みたいな『自分自身の分身』が現れるような症例のことじゃないんだ」

あらら。どうやら、私の早とちりだったらしい。

突然よくわからない古典の授業に引っ張り込んだ挙げ句、結局ただの回り道だったとは。

依頼人には申し訳ない。

nextpage

「加賀美さん。本題から少しそれてしまいましたが、それでもまったく関係ない話というわけではありません。

古来より、『影』という言葉には多くの意味があった、ということです。

光源の反対にできる黒い像である『影法師』の意味はもちろん、『月影』といえば『月の光』という意味を持ちます。

『影も見えない』といえば『姿や形』ということですし、『面影』という使い方もしますね。

そして――、『死者の霊魂』という意味もまた、あるのです」

nextpage

死者。

死んだ、宮下のどかの霊魂――。

nextpage

「本体と同じシルエットを持ち、身体の動きに連動し、生あるうちは離れることもない。

影はまさに、『目に見える魂』そのものです。

それが地を這うことをやめ、立ち上がってくる。

自身の影なら我が身の分身、『ドッペルゲンガー』です。

そして、他者のそれなら寄りつく影の呪縛、『影の病』となるのです」

nextpage

「影の病――」

加賀美が自分の左頬を撫でながら呟く。

ルリが続ける。

nextpage

「重なる陰影。身体への憑依。

それらの症状から、診断結果としては『影の病』で間違いありません。

通常、死者は何らかの『強い想い』を持った対象にとりつくのですが、それがあなたがおっしゃる『果たせなかった夢を叶えてほしい』という欲求であるかは、私にはわかりません。

あなた方の実際の関係性を私は存じ上げませんし、正直、興味もありませんので。

私ができることはただひとつ」

nextpage

そう。『薬師』が患者に対して行うことは、ただひとつ――。

nextpage

「お薬をお出しします。

用法用量を守って、正しくお使いくださいね」

nextpage

そう言って、薬師瑠璃は静かにうやうやしく頭を下げた。

〈続く〉

Normal
コメント怖い
0
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ