中編3
  • 表示切替
  • 使い方

公衆トイレ

wallpaper:1484

山道をツーリング中、急な腹痛に襲われ山中にあった公衆トイレに駆け込んだ。

広い男女兼用の個室になっているようだ。横にはオムツを変えるスペースが設けられている。

nextpage

座って用を足している時、ふと紙があるか心配になりホルダーに目を向ける。

よかった。かなり古いが十分な量のトイレットペーパーはあるようだ。

nextpage

見るとホルダーの近くにボールペンで書いたような落書きが見える。

汚い相合い傘のようだ。

nextpage

名前のところは掠れてあまり読めないが、辛うじて「ようこ」とだけ読み取れた。

よく見るとその他にも壁にチラホラ落書きがある。

面白半分で見やすい場所のものを見ると、

nextpage

○月✕日

ようこたちが大人になった日♡

nextpage

どうやら「ようこ」はここで男とちちくりあったらしい。

それをご丁寧に落書きで残している。

迷惑な話だ。

しかもまだまだ彼女の落書き日記は残されているようだ。

nextpage

○月✕日

3ヶ月記念!

○月✕日

××さいこ〜

nextpage

××の部分は擦れて読めない。

良くもまあこんな山奥にこまめにくるものである。

何を読まされているのかと馬鹿らしくなるが、腹の調子はどうも落ち着いてくれない。退屈なのでほかの落書きを探す。

すると隅の方に小さな文字で

nextpage

できちゃった

とだけ書かれていた。

nextpage

日付は書かれていないが、文字の感じからして「ようこ」の字のようである。ほかの落書きに比べ、字が弱々しく、書き手が弱っているのが透けて見えるような字だ。

嫌な想像をしてしまう。

nextpage

そろそろ出よう。

腹の調子は良くは無いが、山をおりるまでは大丈夫だろう。ケツの処理を済ませ、ズボンを履きながら立ち上がる。

そのとき正面の壁が目に入る。

nextpage

wallpaper:114

どうして連絡返してくれないの

nextpage

何か分からないインクででかでかと書かれている。

こんな落書き入った時あっただろうか。

すぐ下にまだ何か書かれている。

nextpage

よろこんでくれないの

nextpage

おかしい。

nextpage

産みたかったのに

nextpage

目眩がして便座に座り直す。

nextpage

生まれたかったのに

nextpage

見ると壁一面が落書きだらけになっている。

気が狂いそうだ。

もう見たくない。

wallpaper:1544

視線を床に落とし、頭を抱える。

nextpage

視界の上端に何かが見えた。

nextpage

見たくない。見てはいけない。

nextpage

そのとき

上から声がした。

nextpage

「見て」

nextpage

意志と関係なく頭が上を向く。

目が合った。

nextpage

wallpaper:7186

ボサボサの髪。

生気は無いがこちらをはっきり見つめている目。

伸びきった首。

嫌な色に変色したワンピース。

そこから覗く薄汚れた手足。

足を伝って流れていく汚物。

血の匂い。

nextpage

そのすぐ下。自分が今まで見ていた床。

肉の塊が糞尿と混ざっている。

nextpage

wallpaper:5697

その中に小さな手が見えた。

私は絶叫していた。

nextpage

wallpaper:6556

目が覚めると真っ暗だった。

パニックになりながら携帯を探し当て、辺りを照らす。

トイレの中。壁には落書きは無い。

急いでトイレを出て、震える手でバイクのキーを回し、シートをまたがる。

nextpage

10分ほどで山から降りることが出来たため、そのまま脇目も振らず自宅に帰った。

nextpage

wallpaper:2582

ベットに倒れ込み、体験したことを思い返す。

きっとストレスが溜まっていて悪夢を見たのだろう。来週末は休暇をとってどこかでゆっくりしよう。今日は酷く疲れた。

nextpage

天井を見つめ、ゆっくり目を閉じる。

wallpaper:4427

そのとき天井から声がした。

nextpage

「見て」

Normal
コメント怖い
0
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ