中編4
  • 表示切替
  • 使い方

死を告げた写真

母から聞いた話です。

 

wallpaper:162

 

以前、執筆させて頂いた「ついてきていた」に書いた様に、私の母はI県出身です。山奥の田舎ということもあって、学校とか少人数で皆、仲が良い…とは限らず女子は幾つかグループに分かれます。

(昔も今も変わらないですね)

母が中学生の時、自分のグループにFちゃんが居ました。

Fちゃんの家は、結構裕福な家庭で、母は貧しかったにも関わらず一緒に山や沢で遊んだり、かき氷を奢ってもらったりと仲が良かった。

 

nextpage

 

wallpaper:150

 

そのFちゃんには、3歳年下の小学5年生のMという弟がいました。

2人は結構仲が良かった様ですが、M君は少し身体が弱く、激しい運動とかは出来ませんでした。それでも別に、命に関わる病気と言う訳では無く、ただ身体が弱かっただけです。

wallpaper:47

 

夏休みが終わり、半袖では肌寒くなってきたある日、母はFちゃんと遊ぶ約束をして、学校の裏手の神社の境内で待ち合わせをしました。

しばらくすると、境内の階段をFちゃんが登ってきました。

(あれ…?)

Fちゃんの後ろに隠れる様に、男の子が1人います。小綺麗な服装をした小学生位の子、その子がM君でした。

「ごめんねぇ、なんか今日Mが調子良いみたいで。 一緒に遊びたいって言うんだけど、良いかな?」

Fちゃんの言葉に、母は頷き、一緒に遊ぶことになりました。M君は身体が悪いと言うことを聞いて、かくれんぼやお手玉、あやとりなんかを境内の石畳の上でやりました。

しばらくすると、M君が首にかけていたヒモを握って上に上げました。

服の中から、小さな黒いカメラが現れました。

ーわー、すごい! カメラだ!ー

母はカメラを触らしてもらいました。

表面が少しザラザラした、高級そうなカメラです。

(さすが、お金持ちだなぁ…)

カメラを堪能してM君に返しました。M君は、カメラを構えて境内の写真を撮り始めました。

M君に遠くに行かない様に、と伝えた、母とFちゃんは縄跳びで遊ぶことにしました。

しばらくして、視界からM君が居なくなっていました。大きな声で呼んでも、出てくる様子がありません。

慌てて、2人で手分けして境内を探し始めました。

しかし、M君は見つからなかった…

nextpage

…なんて事も無く、数分で境内の裏手の林の中で写真を撮っているM君が見つかった。見つけた母は、Fちゃんを呼びました。

FちゃんはM君に

「呼んだら、ちゃんと返事してよ! 心配したんだけど!」

キツメの口調で叱りつけます。

M君は少しシュンとしましたが、目線が一点を見つめています。その先には、しめ縄のされた立派な御神木がありました。

3人はその正面に立ちました。所々、コケがビッシリ生えていて、相当古い木だと分かります。

日が傾き始めてきました。林の中にいるせいか、周りがどんどん暗くなってきました。

「もう、帰ろうか」

「そうしようか。 この木、見れて良かったね」

母とFちゃんは話して、帰ることにしました。

「ねぇねぇ、写真とろー。 この木の前で、3人で」

突然M君が、Fちゃんの服をギュッと握って言いました。

じゃあ、帰る前に撮ろうか、と御神木をバックに写真を撮ることにしました。

御神木の前に、左から母•M君•Fちゃんの順で並んで写真を撮り、境内を後にして帰路につきました。

 

wallpaper:214

 

土日を挟んで、月曜日に学校でFちゃんに会いました。軽い挨拶をして、いくらか様子がおかしい事に母は気づきました。

「どうしたのー? 何か嫌な事でもあったの?」

心配して、放課後聞いてみました。

「うん、あのね。 金曜日遊んだとき、写真撮ったじゃん。 あの写真を日曜日に現像したんだけど…」

そう言ってカバンから、茶封筒を取り出して、机の上に置きました。母は茶封筒の中から数枚の写真を取り出しました。

wallpaper:112

 

境内の木や狛犬、雲などの写った写真の中にソレはありました。

御神木の前で並ぶ3人の写真。

「きゃああぁ!」

母は思わず叫び声を上げて、写真を落としました。Fちゃんがソレを恐る恐る拾い上げました。

「私も同じ反応したよ。 ビックリしちゃって」

母とM君とFちゃんが御神木の前で笑顔でピースをしてる3人の写真。

ただ、それだけだったら良い写真でした。

でも、確かに真ん中に立つM君の頭の上には一羽のカラスが羽を広げてとまっていました。

その異様な光景。笑ってるM君の上にカラスという奇妙な写真。

「この写真、M君には…?」

母は聞きました。

「もちろん、見せてないよ。 こんな写真見せたらM、益々身体悪くしちゃいそうだし…」

2人は少しの間、黙っていました。

そして、母が、その写真を神社に持ってって供養した方が良い、ということを伝えました。

Fちゃんは顔をしかめながら、コクン、と頷き、2人は別れました。

 

それから、5日後。ちょうど不気味な写真を撮って一週間後の金曜日、M君が風邪をこじらせて、そのまま息を引き取りました。

 

母曰わく、

「あの写真はM君の死を予告したものだと思う。 今はFと連絡取ってないけど、共通の友人を介して聞いた話じゃ、あの写真まだ持ってるみたいなのよね」

 

真顔で語った話(というかオカルトとか大嫌いで幽霊とか信じてない母が)なので実話だと思います。

 

最後に私は今、執筆中にあることに気がつき、鳥肌がたちました。読者の方たちは気づかれたでしょうか…?

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,9553
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

何が隠されてるんでしょうか?^^;

表示
ネタバレ注意