短編1
  • 表示切替
  • 使い方

生き地獄

wallpaper:8

wallpaper:138

music:4

皆さんは 死んだら天国へ行き 地獄へと行くと 親や 本などで教えられてきたと思いますが

実は 生きていることが地獄だと思うような目にあったら

果たして 生きたいと思うのでしょうか?

これからご紹介するお話は

行きながらにして地獄を見た とある 会社員のお話です

nextpage

その日は残業で夜遅くまで仕事をしていて気がつけば 辺りは真っ暗で

最終電車にぎりぎり間に合う時間であった

sound:25

wallpaper:166

最終電車に乗ると ガラガラで 誰一人乗っていなかった

そろそろ

目的地の時間なのだが 電車はずっと走ったままである

sound:5

かれこれ5時間は走ったままなのである

同じところを何回も何回も ぐるぐる回って

終わりのない 永遠が電車の中で続いていた

これはヤバイと思った会社員は車掌を探してみたが 無人であった

この電車の中には 誰一人乗っていないのである

そして10時間ぐらいが過ぎたときある駅に止まった

sound:24

sound:26

駅名には 「地獄村」と書かれていた・・・・・・・

nextpage

wallpaper:188

数日後 この会社員の家で遺書がみつかった・・・・・・・・

 

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9490
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ