中編2
  • 表示切替
  • 使い方

呪いの行方

苦しかった

辛かった

毎日私はあの子に嫌がらせされる。

おとといはハサミで髪を切られた

昨日は腐った牛乳を頭からかけられた

今日は顔を切られた

いっぱい血が出た

nextpage

嫌だこんな生活。

あの子を殺してやりたい

私が受けた苦しみを何倍にもして-------------------。

nextpage

彼女は執拗な虐めを一年間

ずっと受けている。

相手は同級生

何故こんな事をするのかも見当がつかない。

もう限界だった

家族にも心配かけたくない

彼女の家は母子家庭で母と彼女の二人暮らし

家が貧しいから彼女はこれ以上

負担をかけたくなかった

nextpage

そして

ある日。

彼女はある決意をする

nextpage

呪い。

虐めているあの子へ呪いをかけることだった。

手順は

深夜4時44分に水をはったコップの中に

相手の写真と毛髪を入れ

合わせ鏡の前に立つ。

そして鏡を見ながら相手への思いを4回言い続ける

と言うものだ。

nextpage

彼女は実行する

それ程までに追い詰められていたのだ。

あの子なんて苦しみながら死ね

ありったけの憎しみを全身から絞りだし

4回繰り返した

nextpage

呪いの手順を終了し、

鏡を片付けようとした時

鏡のずっと奥の一人の自分があの子に見えた気がした。

nextpage

翌日。

学校に行くとあの子はいない

朝の朝礼で先生は青ざめた顔で彼女らを見渡し告げた。

あの子は死んだ。

相当酷い死に方だったらしい。

身体中の血管という血管が飛び出し、破裂し

部屋中血だらけ

両手両足の爪は剥がれ

死体の周りに散らばっていた。

顔は腫れ、苦しみに塗れた表情をしていたという。

nextpage

彼女は安堵する

これで平和が訪れる。やり直す事が出来る。と

彼女は「ここで」安堵したのだ。

nextpage

彼女は晴れ晴れとした気持ちで

学校から帰り家に着く。

music:3

いた。

nextpage

いた。

死んだはずのあの子が

彼女の玄関先に立っていた。

死んだ状況聞いたそのままの姿で

あの子は彼女を見つめ

血管の浮き出たボテボテの顔で

ニィ...

と笑うと消えた。

nextpage

その時彼女は猛烈な嫌な予感を感じる。

家のドアを開けると

玄関の先にそれはいた。

身体中の血管という血管が飛び出し、

破裂し

そこら中血だらけ

両手両足の爪は剥がれ

苦悶の表情で息絶えた

nextpage

母がいた。

nextpage

え?

nextpage

どうして!

nextpage

なんでお母さんが......!

nextpage

茫然とする彼女の耳元に

nextpage

「苦しみながら死ね」

とあの子の声が聞こえた----------------------。

nextpage

翌日。

彼女の家で

変死体が二体発見された。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,2252
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

貴重なご意見をありがとうございました!
毎回アドバイスをいただける事に
感謝です!
確かにその方が伝わりますね!
これからもどうかよろしくお願いします。

人を呪わば穴ふたつという感じですね。

呪いと復讐は違うと思われるので、出来れば虐めていた母親から呪われるようにした方が良かったのではないでしょうか?

次も期待しています。