日直当番Ⅱ。【姉さんシリーズ番外編】

長編7
  • 表示切替
  • 使い方

日直当番Ⅱ。【姉さんシリーズ番外編】

俺には4つ年上の姉がいる。やることなすこと無鉄砲で、弾丸みたいな性格をしている。「1+1」が幾つになるかと姉さんに問えば、「根性次第で3くらいにやるんじゃねーか?」と言い出すくらいの暴れっぷりだ。

そんな姉さんも高校3年生。1つの節目を迎える彼女は、これからの進路について真剣に考えなくてはならない年頃なのだ。

そういえば、ついこの間、両親と姉さんが珍しく言い合いをしていた。喧嘩というほど大袈裟なものではなかったが、深刻そうな様子だったので、心配していたが……何のことはない、彼女の進路についての話し合いだったらしい。

両親としては、地元の大学に進学してほしかったらしいのだが……姉さんがそれを突っぱねたのだ。

「地元では進学しない。私は片田舎の大学に行って民族学を学びたい」

姉さんのいう片田舎とはーーー具体的な地方名は敢えて出さないけれど、片田舎というよりド田舎である。長閑な田園風景の広がる、山に囲まれた小さな町。その町に唯一ある大学に、姉さんは進学したいと言うのだ。

その大学では民族学の研究が有名らしいのだが……とにかく遠いのである。俺達が住んでいる町から新幹線で5時間、それから電車とバスを乗り継いで4時間。合計すれば9時間以上も掛かる。

そんな場所に進学したいと言うのだから、反対する両親の気持ちも分からないではない。結局、話し合いは平行線で、結論は出なかったらしいが……それでも姉さんの決意は変わらなかった。

「まあ、何とか説得させてみるよ。あの人達も頭が固いばかりじゃない。時間は掛かるだろうが……それでも、最後はうんと言ってくれるさ」

そう言って。朗らかに笑う姉の姿を見て、俺が感じたことは1つだけ。

”姉さんの未来は、一体どこに向かっているのだろう”

その日、俺は日直当番のため、誰もいない放課後の教室にて、一人日誌を書いていた。本来であれば、日直当番というのは出席番号が隣り同士の者でペアを組むのだが……生憎と俺のペア相手は不在だった。

といっても、その子は体調不良や忌引きなんかで欠席しているわけではない。欠席というか、永遠に欠席せざるを得ない状況になってしまったのだ。1ヶ月と少し前ーーー交通事故に遭い、亡くなった。

彼女の名前は國達晃。腰まである長い黒髪に、病人と見違えるほどの血の気のない素肌。常に右目を眼帯で隠している、オカルト好きな女子中学生。特徴的な笑い方をする奴でーーー

「きひひひひ。久しぶりだねぇ、玖埜霧。会えて嬉しいよ。最も、お前は私の顔なんか見飽きてるだろうけれど。見たくもないかもしれないけれどね」

「……何でいるんだよ。この間、成仏したんじゃねえのかよ」

俺は日誌を書く手を止め、頭上を見上げた。そこには蛍光灯にぶら下がるセーラー姿の女子中学生。ニヤニヤしながら俺を見つめている。

彼女こそ、1ヶ月と少し前、交通事故に遭って亡くなった國達晃の幽霊である。実は國達の幽霊に会うのはこれが2度目となる。だが、1度目に会った時に、成仏するようなことを言っていたような気がするのだが……。

國達は蛍光灯からパッと手を離すと、ふわふわ降りてきて教卓の上に立った。さすが幽霊、重力云々は関係ないようだ。

彼女は「きひっ」と笑うと、今更ながらにスカートを押さえた。

「やーい、玖埜霧のえっちー。私のパンツ見ただろー」

「み、見てねえ!水色の水玉模様のパンツなんて、断じて見てないぞ!第一、あれは不可抗力じゃん。頭上から声を掛けられたら頭上を見るだろ。お前がスカートを履きながら蛍光灯にぶら下がっているのがいけないんだろ」

「見てんじゃん。模様までしっかりと。模様まで分かったってことは、まじまじ見てたってことでしょ?」

尤もな台詞を言われた。反論する余地もない。

それはともかく、と俺は強引に話を戻した。

「何してんだよ。何でまだウロウロしてるんだ。日直当番を手伝いにでも来たのか」

「仕方ないじゃん。成仏っていってもねぇ、そんな簡単に旅立てるもんじゃないんだよー?”四十九日”って言葉、知ってるかい?」

「ん?人の死後、49日間経った日のことじゃなかったっけ。確か、納骨する日でもってあるんだよな」

「まあ、大雑把に要約するとそうなるねぇ。更に注釈を加えると、死者は死後、49日の間は成仏するために修行を重ねるんだ。前世までの善行、悪行、報いを定め、来世へと旅立つための準備期間。それ則ち四十九日のことさね」

「ほう……。初めて聞いた。見掛けによらず博識なや奴め。つまり、お前は今まで成仏するための修行をしていたんだな」

「んー。初めは頑張ってたけどねぇ。きひひひひ。飽きたし面倒だから、最近サボリがちなんだよねぇ」

……この破戒僧め。飽きたからサボるって、それじゃダイエットじゃねーか。

「じゃあ、何の用だよ」

俺は書き終わった日誌をパタンと閉じた。正直、さっさと帰りたかったが、幽霊となった國達1人残して帰宅するのも気が引けるので、帰るに帰れない。

すると、待ってましたと言うように國達はニヤリと笑い、教卓に腰を下ろした。

「玖埜霧には確か、高校3年生になるお姉さんがいるんだよね?高校3年生ともなれば、進学か就職かで色々と思い悩む時期だよねぇ。お姉さん、どうするって?進学?それとも就職するのかい?」

「な、何でそんなことお前に話さなくちゃいけないんだよ」

「きひっ。べぇーつにぃ。深い意味はないんだけどさ。ただ……私も事故で死んだりしなければ、いずれ高校、大学に進学して、”夢”を叶えたい思ってたんだけどーーーその夢も、潰されたなぁと思ってさ。きひひひひ。そんな顔するなよ、玖埜霧。同情はごめんだぜ。それにさ、別に死んじゃったから夢が果たせなくなったってわけじゃない

「生前からだよ。私の描いていた夢は、未来は、ある日木っ端微塵に砕けた。砕け散ってしまったんだ。

「おや、気になるかい?なら、話してあげようか。つまんない話だけれども、そこは辛抱して聞いてくれよ?

「私の夢はね、児童相談所の職員になることだった。意外かい?まあ、そうだろうね。まさか私みたいな人間が、児童相談所の職員なんていうマトモな仕事に就ける筈がないよねぇ。

「でも、なりたかった。ずっとずっとなりたかった。

「と、いうのもね。私自身が児童相談所にお世話になったからなんだよ。

「珍しい話じゃあないんだけどね……私は母子家庭で育った。幼い頃に父親が死んで、それからずっと母一人子一人。

「その母親というのが、出来た人間でなくてねぇ。ロクに仕事をしないし、お酒ばっか飲んでるし、おまけに苛立ってくると、私に暴力を振るうんだよ。

「お陰で体中、痣だらけ。あの人も知能犯でさぁ。服で隠れる場所にしか攻撃しないんだ。

「だけどね、痣は隠せても悪事は隠せなかった。

「同じアパートに住む住人が、親切にも通報してくれたらしいんだ。

「そりゃそうだよね。毎夜毎夜、物凄い大声で子どもを叱りつけているだもの。不審に思わないほうが不思議さね。

「結局、私は一時的に児童相談所に保護された。その時に職員の先生がとても親切にしてくれたんだ。

「正直、嬉しかったよ。母親の愛情に餓えてたからね。優しくされたり心配されるのが、堪らなく嬉しかったんだ。

「だから私は、将来は児童相談所の職員になろうと思った。私のように、親から虐待を受けて苦しんでいる子どもがいるのなら、救ってやりたいと。

「青臭い台詞だよねぇ。人が人を救うなんて、口で言うほど簡単なことじゃあないのにね。若気の至りというやつかな。

「でもーーー本気だった。私の決意は固かった。

「自分にも人を救うことが出来る。そう思っていたんだよ。

「でも、

「その夢は、ある日アッサリ打ち砕かれた。

「あれは事故に遭う1ヵ月くらい前だったかな。私はデパートに買い物に来ていた。

「そこでね、ちょっと気になる親子連れを見掛けたんだ。

「まず気になったのが、子どもの服装。寒い時期にも関わらず、上着を着ていなかった。おまけに顔や首元に、不自然な痣があったんだ。ちゃんとした食事をしていないのか、体はやせ細り、母親に引きずられるようにして歩いていた。

「直感で分かったよ。あの子は虐待に遭っているってね。

「私は思わず母親の顔を見た。こんな小さな子に、平気で暴力を加えることが出来る母親の顔を見てやりたかった。睨み付けてやろう、いや、その場で怒鳴ってやろうかとさえ思った。

「そしたらさぁ……笑っちゃうよ。

「その人……以前、私に親切にしてくれた児童相談所の先生だったんだ。

「なあ、玖埜霧。笑っちゃうだろ?笑えよ、なあ。笑いなよ。きひひひひ」

「……笑い事じゃないだろ」

笑えねえよ。笑いたくもねえよ。そんなオチで誰が笑えるか。

國達は肩を竦め、「笑えないか。そりゃそうだね」と言った。平坦な口調だったけれどーーーどこか不自然な言い方だった。無理して平坦に言ってるような、そんな感じ。

「なあ、玖埜霧」

「何だよ」

「今日で本当にお別れだ。今日は私の四十九日だからね。修行はサボってばっかりだったけれど……タイムリミットはタイムリミットだからね。きひっ。それじゃあお暇するよ。つまんない愚痴を聞いてくれてありがとさんさん。これですっきりした。心おきなく成仏出来るよ」

「ま、ちょっと待てーーー」

手を伸ばし、國達の肩を掴む。しかし、実体のない彼女の肩に触れられるはずもなく、俺の手はするりと空を掴んだだけだった。

國達はだんだんと薄くなり、周囲の景色と同化していく。國達はーーー最後までニヤリと笑っていた。

愉快そうに、笑っていた。

「じゃあな、玖埜霧。お前は人並みな幸せを掴めよ」

それが。玖埜霧鴎介と國達晃の最後の別れだった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3,37414
18
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

Licoさん☞まめのすけ。

初めまして。応援ありがとうございます。

この間、職場の先輩がドラゴンボールの映画のDVDを借りてきて下さいまして。休憩中、真剣に見ていました(笑)。

べジータが好きな私は、彼のプライドを捨てた振る舞いや、ブルマさんに対するツンデレにドキドキしておりました。彼の意外な一面を知ることが出来ました。目を瞑ると、ドキンちゃんと服部君が話しているみたいで面白かった。

人間は弱いですね。弱いというか脆いというか……ふとした弾みで簡単に折れてしまう。他者を傷つけることで、何とか自我を保っていられる人間も実際にいます。

ただ。どん底まで落ちるだけ落ちた人間の這い上がり方は凄いです。落ちるだけ落ちたら、あとはもう這い上がるのみです。

久々にドラゴンボールを見て、つくづくそう思いました。プライドも何もかも捨てた人間は強い!嗚呼、でもべジータはサイア人でしたか。

なんだかすごく、切なくなりました…。悲

國達が憧れが、夢が…
人は弱い生き物ですね。

現実なんて見ずに夢だけ見れたら幸せなのになぁ…なんて思いました( ˙_˙ )シュン

初コメントです☆
応援してますー♥︎

永吉様☞言葉遊びの弟子。

コメント、ありがとうございます。

私も彼女をあのままにしておくのは忍びませんので、次のシリーズに半ば強引に押し込もうと思います(笑)。

次は姉さんシリーズから少し外れたものになりますが、國達にも素知らぬ顔で登場して頂きます(笑)。
ただ、國達さんは語り部ではなく、登場人物の一人として出てくるかと思いますが、申し訳ありません。

微弱ながら、読者様のご要望には出来る限りお応えしていきますので、どうか宜しくお願い致します。

國達さんシリーズ、お待ちしてます。

来道様☞言葉遊びの弟子。

コメント、ありがとうございます。

あきらタン……(笑)。あの國達さんに、そんな可愛らしい渾名を付けて頂き、ありがとうございます(笑)。私も今度からあきらタンと呼ぼう(笑)。

みみりんとキャンパスライフもドキドキですよね(笑)。多分、言った先々で何か問題を起こしてくれそうな娘ですが、どうか宜しくお願い致します(笑)。

あきらタンはいいやつだなぁ
来世はおうすけ先生以外も信じられる人生を!

みみりん!
一緒にキャンパスライフ送ろう!
田舎の大学で風俗学かー(;´Д`Aハァハァ

ロビン様☞言葉遊びの弟子。

コメント、ありがとうございます。

國達さんには辛い役目を背負わせてしまい、申し訳ないですが、残された鴎介がこれからどう変わっていくか……それを大切にしていきたいと思います。
鴎介もまた、彼女の死によって変わっていくことでしょう。

國達さんのご冥福をお祈りします。
親子でなぜ傷つけあってしまうのでしょうか? かけがえのない血の繋がった身内なのに、とても悲しいです。

将来なりたかった夢、そして現実。。。

人間とは、業が深い生き物ですね なんとかおうすけ君とお姉様には夢を実現できるように、そして國達さんの分まで生きて喜びを分けてあげてほしいです。

彩貫様☞言葉遊びの弟子。

コメント、ありがとうございます。

姉さんにしろ、國達さんにしろ、どうして私の書いたキャラは一癖二癖あるのでしょうか(笑)。普通に可愛らしいだけの女子を書いてみたいものです。

國達さんには、色々背負い込ませてしまいました。暗めなストーリーで終わらせるのは何ですので、新たなストーリーで締めくくりたいですね。

永吉様☞言葉遊びの弟子。

コメント、ありがとうございます。

國達さんの語り口……いいかもしれませんね!
そのネタ、頂いても宜しいでしょうか。

彼女には暗い生い立ちやら何やらを背負わしてしまい、申し訳ないです。國達さんの可愛らしい一面や日常生活など、機会がありましたら書いてみます。

ありがとうございます。

ローザ様☞言葉遊びの弟子。

コメント、ありがとうございます。

そして申し訳ありません。お子さんがいらっしゃる方にしてみれば、虐待の話は気分がいいものではありませんね。
配慮が足りず、不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

よほど作品を削除しようかと思いましたが、他の読者様からコメントを頂いており、作品を削除してしまうと、頂いたコメントまでをも削除してしまうため、思いとどまりました。

本当に勝手とは思いますが、御了承下さい。

次回からは、もっと配慮し、精進出来るよう努力していきたいと思います。

私が至らないせいで、ローザ様にご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ありませんでした。

國達さん…そんな過去があって飄々としているのが、ほんとにカッコいいです…
姉さんも強くてかっこいいですが、國達さんも違ったかっこよさがありますね。
来世はよい生涯を送れるのを心から願います!

國達さんの語り口良いですね。できれば遡って生前のエピソードも読みたいです。

成仏できたのはいい話。くにだちさんよかった(*^^*)私もすっきり!
けど、虐待云々を思い返すと(*_*)
私も一児の母。いい思いはしませんね。。。