短編2
  • 表示切替
  • 使い方

夜の山道

wallpaper:576

あるカップルが夜遅くに山道でドライブを楽しんでいた時のことだ。

突然道路の脇のから幼稚園児ぐらいの少女が飛び出し、彼らの乗る車の前に立ちはだかった。

shake

少女は何事かを大声で叫びながら両手を大きく広げ、彼らの車を停めようとしている。

ところが、運転していた男性は突然山道に現れた少女にすっかり気が動転してしまい、大きくハンドルを切ると少女の脇をすり抜けてそのまま走り去って行った。

しばらく走り気持ちが落ち着くと、二人はさっき見た少女について話しはじめた。

こんな真夜中に、あんなに小さな女の子が山道に一人でいるなんて絶対おかしい。

さっきは気が動転していたので無視してしまったけど、もしかしたらあの子は迷子になって困っていたのでは?

そんなことを話していると、道の前方から若い男が走ってきた。

男は彼らの乗る車に気づくと、大きく手を振って停まってほしいというゼスチャーを見せる。

二人は今度は素直に従い、車を道の脇に停めた。

男は車に駆けよると、「この辺で私の娘を見かけませんでしたか?」と二人に尋ねてきた。

なんでも彼はこの山道を歩く途中で娘とはぐれてしまい、必死で探している最中なのだという。

するとさっきの子供は、父親とはぐれて困っていたのか。

そう納得した二人は彼に先ほど幼稚園児ぐらいの女の子に出会ったことを告げ、そのだいたいの場所も教えた。

少女を置き去りにした罪悪感から、二人は「そこまで車で送りましょうか」と男に申し出たが、男は「いえ、そこまでしていただかなくても結構です。どうもありがとうございました」と言い残し、少女がいる方角へと走り去って行った。

それからしばらく経ったある日、二人が何気なくテレビを見ていると、最近起きた幼女誘拐殺人事件の犯人が逮捕されたというニュースが流れた。

次の瞬間、画面に映し出された犯人の写真を見て彼らは顔色を失う。

何しろそこに映し出されていたのは、あの日山道で会った男だったのだから。

次に映し出された被害者の幼女の写真にも二人は見覚えがあった。

あの日、二人が山道で会ったのは親子などではなく、恐ろしい殺人鬼と、その魔の手から逃れようともがいていた幼い少女だったのだ。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,2835
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ゾクっとしました
こういう話、とても好きです

霊より恐ろしいのは生きてる人間ってわけだな

これ怖いっすねw

咄嗟にとった行動が、幼い少女を見捨て、犯罪の手助けをしてしまったことになるとは、夢にも思わなかったでしょうね...

自分にもおこりそうなお話で怖かったです。
夜中に山道で少女が突然現れたら
躊躇しちゃいますよね...

まさか殺人鬼から逃げてたとは(;´゚д゚`)エエー
後味の悪さと後悔が残りますね。

もし殺人鬼が車に乗ってたらカップルは...
ギャー(((p''д`q)))