中編6
  • 表示切替
  • 使い方

Twitter 2

music:4

wallpaper:23

夏実がこの世を去って、3日が経った。

俺はその3日の間、ずっと家にこもっていた。

現実味が湧かなかった。

身近な人が死ぬなんて、考えたこともなかった。

夏実の葬式には、行かなかった…

いや、行けなかったのかも知れない。

nextpage

3日ぶりに開いたTwitterは通知が何件も来ていた。

その中に、康子はいなかった。

隣の部屋からはあの日以来、何も音がしなくなった。

ふと、夏実が言った言葉を思い出した。

「…本当に気付いてないんだね…」

何を気付いてないんだ?

何かあるんだろうか…

頭を捻らせて考えてる時。

nextpage

wallpaper:10

ピンポーン

チャイムが鳴った。

俺は誰かと思い、ドア穴から確認する。

ガチャッ

「…はい」

「田所です」

「あ…警察の方ですか…」

「少しお時間よろしいでしょうか?」

「はい。…あ、やっぱり明日でいいでしょうか?部屋掃除してなくて汚いので…」

「…じゃあまた明日この時間にお伺い致します。失礼します」

「すいません。ありがとうございます」

nextpage

wallpaper:23

ドアを閉めて、中に入る。

まだ心臓がバクバク鳴ってる。

カーテンを開けて、窓から田所さんの後ろ姿を見る。

さっきインターホンが鳴った時にドア穴を見て誰かを確認した時だ。

あの時の…田所さんの表情が…

「…いや、気のせいだよな…」

俺はその後考えるのをやめて、適当に飯を食って風呂に入り寝た。

--------------------------------------

nextpage

翌日。

「さて、掃除するか…」

部屋に溢れているゴミを片付けている時、小学校の時からの友人から電話がかかってきた。

nextpage

〜♪

「はい」

「お!久しぶり〜」

「この声は…空か」

「今なにしてんの?」

「部屋の掃除ですけど…」

三浦空と他愛のない話をしながら掃除をしている時だ。

nextpage

壁に薄っぺらいペラペラしたような紙が貼ってあった。

「なんだこれ…」

「どーしたー?」

「壁に薄っぺらい紙が貼ってある。こんなの貼った覚えないな…」

「剥がせば?」

俺は空の言うとおり、その紙を剥がした。

「………え?」

nextpage

紙を剥がしたら、隣の部屋と繋がってるであろう小さな穴を見つけた。

「…何かあった?」

「穴が…」

「穴?」

「うん…隣の部屋と繋がってると思う…」

覗いてみると、大きいビニール袋が何個もあった。

「隣の部屋、ゴミ屋敷なんだけど…」

nextpage

「はぁ?wwww意味わかんねー」

「ビニール袋いっぱいあるんだよ」

「ふーん…そういやさ…」

「ん?」

「倉木覚えてる?」

「倉木?」

「小学校の時の。俺らがイジメてた奴」

「ああ…んで、倉木がどうした?」

「倉木の法事行く?」

nextpage

「いや、行かない…てかさ、犯人捕まったの?」

「捕まってないらしいよ。相変わらず探してるみたいだけど」

「そっか…あ、これから用事あるから切るな」

「おう…今度会おうな」

「了解」

電話を切った後、穴を隠すようにまた紙を貼り付け掃除を終わらせた。

nextpage

ピンポーン

田所さんが来たようだ。

「どうぞ、上がってください。掃除して綺麗にしましたから…」

「お邪魔します…」

田所さんを中に入れ、お互いが向き合うように座る。

「お話の前に一つ、小林さんに聞きたいことがあって」

nextpage

「なんでしょうか?」

「山中夏実さんとはどのような関係で?」

「…夏実とは前付き合ってました」

「今は…?」

「今は付き合ってないです…」

「そうですか。失礼致しました…」

「それで、お話と言うのは…」

「山中さんの事です」

「…夏実がどうしました?」

nextpage

「山中さんに最近会ったのはいつですか?」

「えっと…夏実と会ったのは…6日前ですね…バイト帰りに声をかけられて…振り返ったら夏実で…」

「そうですか…それは何時ぐらいだったか分かりますか?」

「いいえ…そこまでは…あの、何かあるんですか?」

「昨日の午前9時ぐらいに家島梨沙さんの遺体が発見されました」

「…誰ですか?」

nextpage

「調べてみた所、山中夏実さんとは中学の同級生でした」

「あ…!」

ふいに思い出した。

夏実と久しぶりに会った時、夏実は確か…

「中学の友達と会ってたの」

と、言っていた。

「…何か心当たりがあるような顔をしてますね」

「あ…夏実に声かけられた時、さっきまで中学の友達と会ってたと言ってたのを思い出して…」

nextpage

「そうですか…多分、家島さんのことだと思います」

「家島さんはなんで亡くなったのですか?」

「めった刺しでした…」

「そうですか…」

ちょうどその時、テレビからニュースが流れた。

「○○県○○市で幼女が腹を抉られて死亡しているのが発見されました。この幼女殺害事件はこれで4度目です。警察は、犯人をまだ特定できていないようで…この事件と幼女殺害事件の犯人は同一人物だと警察は断定しているようで…」

nextpage

「この事件の犯人…捕まりませんね」

「全力を出してはいるのですが…犯人の証拠さえも掴めなくて…」

「そうなんですか…警察もたいへんですね…」

「…私は、家島さんを殺害した犯人は山中さんだと考えてます」

nextpage

「夏実が…?」

「はい」

「それは…警察側がですか?それとも…」

「”私は”です」

「…」

「今日のところは失礼します。お時間ありがとうございました」

「…あ、はい…」

「では」

バタンッ

nextpage

田所さんが帰った後、田所さんが言っていた言葉が頭の中でグルグルと回っていた。

----------------------------------------

深夜。

目が覚めた俺はTwitterを開いた。

久しぶりにみんなのツイートをみる。

”眠い…”

”家に帰って、お酒が飲みたい”

など、相変わらずなツイートばかりだった。

康子からは返信が来ていなかった。

nextpage

「夏実はどんなツイートしてたんだろ…」

夏実のツイートをみてみると、

”これから友達と会う!楽しみ(´∀`*)”

”お家につきました…疲れたぁ(*˘_˘*)”

などのツイートばかりだった。

「そうだよな…夏実は人殺しなんかじゃないよ…」

俺は安心をしたのか、そのまま深い眠りについた。

nextpage

次の日。

空からメールが来ていた。

”おはよー!俺はこれからバイトだよ…

マジでだるいw

大介かわっておくれー!w

後、昨日穴見つけたって言ってたじゃん?

あれ、大家さんにでも言っといた方がいいんじゃね?

それではさらばじゃ\( ̄w ̄)/ トウ!!”

nextpage

「穴か…」

昨日見つけた穴を思い出すと、穴がある場所に行き紙を剥がした。

「ビニール袋しかなかったんだけどな…」

俺はその穴を覗きこむ。

相変わらずビニール袋しかない。

nextpage

1、2、3、4、5…ん?

5個目のビニール袋が目に止まった。

なんだか中に肌色のような…

「…あ…ア…あ゛…ウワアアアアアアアアアアアアア‼︎‼︎‼︎‼︎」

ビニール袋の中に…人の腕のようなものがあった。

俺の頭の中には色々なことが浮かんだ。

nextpage

なぜビニール袋の中に腕が?

もしかして、他のビニール袋の中も…

など、頭が混乱していた。

心臓がバクバク鳴っている。

落ち着かない。

「…なんだ…今の…」

nextpage

もし、あれが腕なら俺の隣には殺人鬼が住んでるということになる…

「警察に電話した方がいいのかな…」

俺はすぐさま田所さんに電話をかけた。

「…もしもし」

「あ…こ、小林…大介です…」

「小林さんですか?どうしました?」

nextpage

「あ…の…」

「…山中さんが犯人ではないかということですか?」

「え?あ…は、はい…」

「まだ私も断言できませんので…なにも言えないのですが…」

ふと、あることを思い出した。

「あ、すいません…切ります。すいません」

ピッ

nextpage

田所さん…

田所さんが前家に来たとき、ドア穴から覗いた時に見た田所の表情…

あの時、田所さんは俺を殺しに来たかのような表情をしていた。

なんともいえない…殺意に湧いた表情…

しかも、なぜ田所さんは家島さんを殺した犯人が夏実と言ってるんだ?

nextpage

やはりそれは…家島さんを殺した犯人…そう、夏実を殺した犯人は…自分だから…?

もしかして…田所さんと夏実は知り合いなのか?

俺は夏実を殺したのは田所さんだと強く思った。

-----------------------------------------

2話 完

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4,11210
28
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

大変読みやすく麺をすするような感覚で、頭の中に入って行きます。
随所に謎があって、面白いです。

「座敷女」っぽくてイイ感じに怖いですね!こういうの大好きです、続き楽しみに待ってます!

面白かったです。
続きお待ちしていますww

もの凄く、いいセンス!3話に期待!!

まるで小説読んでるみたいです!

次回も楽しみにしてます!

待ってました!w
田所さん気になりますw
次回作も楽しみにしてます!

続きが気になります。
早く読みたい

続きぐ気になる

 なんじゃこらぁあ~(≧◇≦)続きが気になる!まるで小説を読み進めてるみたいです。

またまた謎な展開ですね(((p''д`q)))
続きが気になります!康子からツイートが無いのも気になります。田所は一体?

ぁ-気になります!次回作お待ちしてます。