中編2
  • 表示切替
  • 使い方

おーい……。

ある精神科病院で実際に起きたと言われる話。

ある晩のこと。深夜の見回りに行っていた看護士が当直室に飛び込んできた。仮眠用のベットで寝ていた医師は、何事かと飛び起きた。

「どうした?」

「先生、大変です!201号室の患者さんがいないんです!部屋の中を隈無く探したんですが、どこにもいなくて……」

201号室には一昨日入院したばかりの若い女性がいた。彼女は長いこと鬱病を患い、7年もの間、実家に引きこもっていた。それを心配した家族により、半ば強制的に入院したのだが……。

「いないとはどういうことだ。部屋の鍵は閉まっていたのか?」

「はい。部屋には外側からしか鍵が開閉出来ないようになっていますし、私が見回りに行った時には確かに閉まっていました。でも、部屋に入ったら誰もいなくて」

「そんな馬鹿な……」

医師は俄かに信じがたい思いに駆られつつ、看護士と共に201号室へと走った。

部屋に入ると、確かに人影は見当たらない。ベットの下やトイレなども探したが、やはり女性の姿はどこにもなかった。

医師はまさかと思いながらも、窓に目を向けた。この病院では、鬱病患者の衝動的な自殺防止のために、窓には鉄格子が嵌めてあるのだ。だから窓の外には出られない筈である。

「まさか……なぁ」

口ではそう言いながらも、医師の脳裏には嫌な予兆めいた何かがあった。肌がざわざわっと粟立ち、唇からは水分が失われていく。

窓に駆け寄った医師は、「ああっ」と短い声を上げた。鉄格子はぐにゃりと飴細工のように曲がりくねり、人が1人どうにか出られるくらいのスペースが出来ていたからだ。

驚きも束の間、医師は階下に目を向ける。

女だ。女が、いた。

それは確かに201号室に入院していた女性だった。

医師は異様な光景に目を疑った。彼女は何故か下半身が地面に埋まっているのである。腰から下は地面に埋まっており、身動きが取れないようだ。

女性はぼんやりとした表情で医師を見上げ、か細い声で、

「おーい……。おーい……」

と、手を振った。その顔は、どこか満ち足りたような穏やかな顔だったという。

医師は慌てて部屋を飛び出し、下半身が地面に埋まってしまった彼女の元へと駆けつけた。

そしてーーー絶句した。

彼女は下半身が地面に埋まっていたのではない。部屋から飛び降りた衝撃により、下半身がグズグズに崩れ、潰れてしまったのだった。

この女性、実は長いこと引きこもりの生活をしていたため、骨が脆くスカスカだった。骨粗鬆症の診断も受けていたのだとか。だからこそ、飛び降りた衝撃で下半身が潰れてしまったらしい。

しかし、健康体の人間であっても、鉄格子をぐにゃりと曲げることは不可能に近い。骨粗鬆症、その上、非力な女性の力ではまず無理である。

ではなぜ、あの女性は鉄格子を曲げることが出来たのかーーーそれは今をもってしても謎である。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,48812
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

uniまにゃ~さん☞まめのすけ。

おおお。uniまにゃ~さんは荒氏さんが仰りたいことを理解されたのですね!

私など、ろくにニュースや報道番組を見ないため、よく分からないっ言わざるを得ないのです……。無知な人間で申し訳ありません。

先日、先輩に「あなたの家は大丈夫?」と聞かれまして。何が何だか分からず、どういうことかと尋ねたところ、私の自宅付近に消防署があるのですが、その署員の方が住居不法侵入により捕まったと聞きまして。ゾッとしました。

「ニュースであれだけ報道されてたでしょうが」と呆れられてしまいました。

よし、ニュースは見るようにしよう(笑)。

hikaさん☞まめのすけ。

突飛な行動をしている人間は恐ろしいですね……。自分が被害に遭っていなくとも、その人間を視界の端に捉えているだけでも恐ろしい。

先日、皮膚科に行きましたら、隣に座る男性が鞄を床に下ろしたり、膝に置いたり、キョロキョロしたり……落ち着かない様子で。何だか思うところがあり、席を移動しましたら、彼は私が座っていた席に腰掛け、居眠りしていました……

体のご心配もありがとうございます!冷え性なためか、よくお腹は壊しますが、漢方薬にて治療中です。あの独特な味にもようやく慣れてきました(笑)。

荒氏さん☞まめのすけ。

小池さんですか。皆様からのコメントを読み、知り得たのですが、指名手配されている方のことみたいですね。

あまりニュースは見ないため、よく知りませんでした。無知をお許し下さい。

おーい小池(犯罪者)だ
指名手配犯のやつですけど、確か…死んでますよね
「おーい……おーい……」のワードがあったから「小池」って呟いたんですね

面白い方ですね 荒氏様

横から失礼いたしました (^_^)/

地面に埋まって声を出してるのを想像してコミカルだなぁと思ったのも束の間 背筋がスッとしました…

鉄格子を曲げられるほどの力、出せるのでしょうかね…そこまでしてでも自殺したかったのか…だとしてもなぜ おーいと声を出していたのか…色々と考えると恐ろしいです。

胃腸お大事にしてくださいね。

まめのすけ。さん☞荒氏
交番前の手配ポスター見えば分かると思うwwwwwwwwwwwwwwwww

絶望さん☞まめのすけ。

コメント、ありがとうございます。

確かに。人間の生きることに対する執着心は物凄く強いですよね。ゴキブリをも凌駕するやもしれません。

火事場の馬鹿力、なんていう言葉もありますけれど。極限まで追い詰められたら人間というものは、常識では不可能なことを可能にしてしまう力があるのかもしれません。

荒氏さん☞まめのすけ。

コメント、ありがとうございます。

ところで、これは何と読むのでしょうか?こいけ?しょういけ?それとも当て字みたいなものなのでしょうか。

勉強不足で申し訳ありませんでした。

uniまにゃ~さん☞まめのすけ。

コメント、ありがとうございます。

骨粗鬆症……私も詳しくはよく知らないんですが、骨が脆くなってしまう病気であることは、ぼんやりながら知っております。

骨を丈夫にしたいと考え、安易に牛乳ばかり飲みまくり、胃腸を壊したことがある私は一体何なのだ(笑)。今日も今日とて、職場で出された珈琲を強がってブラックで飲んだら、胃腸が痛い……。

幽霊などの類いよりも
人間のゴキブリ並みの生命力に驚かされる

小ー池……。
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

関節が自由自在に外れる骨粗しょう症の人
頭蓋骨は何とかする