中編2
  • 表示切替
  • 使い方

呪詛。

薫さんは若い頃、俗にいう不良だった。たちの悪い仲間とつるみ、せっかく受かった高校も二か月で中退してしまった。

当時、薫さんは父親と祖母と三人暮らし。母親は彼女が小さい頃に家を出て行き、それ以来音信不通の状態だった。

「大丈夫よ、薫ちゃん。おばあちゃんがついてるからね」

仕事の忙しい祖母に代わり、祖母が薫さんの面倒を見ていた。たった一人の孫ということもあってか、祖母は薫さんにはとても優しかった。時折、我が儘を言ってみたりしたが、祖母はいつもにこにこと聞いてくれた。父親と喧嘩すれば必ず庇ってくれたし、幾ら悪事を働こうが口答えしようが、叱られた記憶がない。

……ただの一度を除いては。

その日、薫さんは勝手に祖母の財布からお金を盗み出した。こっそり盗んだつもりが、たまたま祖母に見つかってしまった。これには祖母も眉を吊り上げた。

「薫ちゃん、何してるの。お金を盗むなんて人としてやっちゃいけないことでしょう」

「うっさい、クソババア!」

逆ギレした薫さんは、手近にあったリモコンを引ったくると、祖母目掛けて投げつけた。当てるつもりはなかったのだが、リモコンは祖母の左目に激突し、祖母は悲鳴を上げ、顔を両手で覆って倒れ込んだ。

……しまった。

これは流石にいけなかったと思ったが、素直に謝れる心境ではない。内心の気まずさと動揺を隠しつつ、薫さんは万札を握り締め、うずくまる祖母の横を通り過ぎた。

「あんた……罰当たりなことばっかしてると、」

すれ違いざま、祖母がボソリと呟く。骨ばった皺だらけの指の隙間から、ギョロリと祖母の眼球が動いた。

目 が 潰 れ る よ

いつもの優しい口調ではなく、嗄れた低い声で祖母は言った。まるで呪詛の言葉を紡ぐように。

それからしばらく経った頃。薫さんが目覚めると、右目に妙な違和感を覚えた。酷く痛むし、眼球ごとかきむしりたいほど痒い。慌てて洗面所に行き、鏡で確認すると、上下の睫毛が全て抜け落ちていた。

怖くなり、病院に駆けつけたが、特に異常はないという。だが、彼女の右目の視力は日に日に落ちていき、とうとう全く見えなくなってしまった。色んな病院にかかったが、原因は判明せず、また治療を続けてはいるが、芳しくない。

薫さんは二週間に一度は病院に行き、検査と治療を続けている。最近になって、左目の睫毛も抜け始めてきているそうだ。

「ーーーおかえり、薫ちゃん。病院は混んでた?疲れたでしょう。今、ご飯にするからね」

祖母はあれから増して薫さんには優しいという。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,7088
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

hikaさん☞まめのすけ。

きゃあああ。何だか私もドキドキしてしまいました(笑)。奥手だけれど、ごめんなさい。恋愛にはガチで弱いまめのすけ。です(笑)。

先日、友人とダイソーに行きましたら、友人が手錠の玩具を見つけて「これ、彼氏にあげようかなぁ……」と言っており。何でそんな物を、と尋ねたら「だって、彼氏は私に首輪付けるって言うんだもん。だから彼氏には手錠♡」とニッコリ言われました(笑)。

若干引きつつ、「へー、過激だね」と返した私の反応は間違っていただろうか。

言霊の力は恐ろしいですね。

まめのすけ。様に好かれているとかもう私どうしましょう_(:3」∠)_
名前もミルクティーに改名しようかしら…
ニヤニヤが止まりません。

言霊の力は計り知れないものがありますね…

やってはいけないと思いつつも、自分に対して何かしら嫌な事をしてくる相手にはついつい悪い言葉を口にしてしまいます(^^;;

人を呪わばなんとやら…ですから心清く生きていきたいものです(´・_・`)

kkさん☞まめのすけ。

温かいお言葉、感謝致します。長編を書くのも好きですが、やはり短編ものを書くほうが好きです。

短編は短いため、事細かな説明や描写などが少ないので、リアルな恐怖を表現するのは至難の技です。まだまだ力量不足ですが、これからも前進したく思いますので、見捨てないで頂ければ幸いです。

uniまにゃ~さん☞まめのすけ。

なるほど。おばあさんは元々、薫さんのことを憎らしく思っていたのかもしれないですね。息子を捨てた女の子どもですし、顔が似ていれば余計憎らしくも思うでしょう。

表面上ではニコニコとしていても、人間は腹の中で何を考えているのか分からないですしね。人間の心理は簡単には紐解けないです。

赤煉瓦さん☞まめのすけ。

以前、某番組で見たのですが、呪いというものは簡単に発動するらしいのです。大掛かりな儀式を執り行ならずとも、地獄通信に書き込まずとも、「あいつが憎い。呪ってやる」と考えた時点で、呪いは発動するそうです。

それが事実なのだとすれば、世の中は呪いで満ち溢れ、充満していることでしょうね。

頭の中で描写しやすくて、入り込みやすく怖いと思いました。

ばぁちゃんは、元嫁が嫌いだったんじゃないかな…
薫ちゃんの顔が、元嫁に似てるとか
長年の積み重ねで息子を取られた…から既に始まっていたんじゃなかろーか

まめのすけ。様

ヤバいでしょ・・これは絶対にお婆ちゃんの呪詛・・呪い・・
いや?そう思い込んだ結果の自己暗示によるもの・・
あ~~どっちにしても更に優しくなったお婆ちゃんが恐い・・