中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ママだよね?

music:2

wallpaper:652

sound:32

夢の中で家電のベルがなっていた

少しずつ意識がハッキリして時計を見ると

午前4時30分…だった

sound:32

布団の中で目をこする

まだ、ずーとなり続けている

sound:32

「もう…こんなに早くに誰よ」

文句を言いながら布団から出て

電話が置いてあるところまで、ゆっくり歩く

全然、切れる気配はない

「はい」不機嫌に言った

「ママだけど」

母だった

私の声のトーンが変わる

私「どうしたの?こんなに朝、早くに」

母「具合が悪くって………」

私「えー?!」

「どんなふうに?どこか痛いの?」

母「具合が悪いの……」

私「ちょっとママ??」

やだ…もうろうとしてるのかしら

心拍が早くなる

私「パパは?いるんでしょ?」

……………………………?

聞いても、ハッキリしない

ただ、ただ、具合が悪いのと繰り返す

何か変………??

…………………………?

そう、思ったのは母親が具合が悪くてと

何回か繰り返す内に

壊れたテープのように、徐々にスローというか

テープをわざと、ゆっくり回転数を

下げて行くように声が気持ち悪くなって

声のトーンも低くなっていく……

music:6

おかしいよ……!

その内に、明らかにおかしい!と鳥肌が立った

「グ…ワィ…ガ…ワル…イイ〜」

「グゥ…ワァ……イガガ..ワァル...イ」

ママなの??

声が怖い

声が怖いよ ! 泣きそうだ

私「わかったから」「行くから」

母「イイゥ...コォナ...クゥテェ...ェ」

「グウゥワ....イ......ガァ..ワアァ..ルィルイ…

これ以上、聞きたくない

聞けないーーーー

話し終わらない内に私は大声で怒鳴るように言った

「すぐに行くから待ってて!」

nextpage

耐えられずに切った……

受話器を持つ手が、異常に震えていた

切ってからも、ガクガクと震え続け

まだ、肌寒いのに汗をかいていた

music:2

wallpaper:182

実家まで1時間は、かかる

スローモーションの低い声

さっきまでの声が耳に残っていたので、実家に行くのが

怖くもあり、早く母の顔をみて安心したかった

実家に行くと、仕事に出かける父がいた

「ママは?具合が悪いんでしょう??」

父に、かけより言った

父は、泣きそうな私を見て驚いていたそうだ

何を言ってるんだと言われた気がする

wallpaper:22

家に入ると母が、普通に朝ご飯の片付け物を

していた

「ママ!!!どうしたのよ?」と大声だったの

だろう母も驚いた顔を私に向けた

朝早く、あったことを話すと母は電話はしていないとのこと

健康で、どこも悪くないとのこと

母は笑って私が寝ぼけたのでしょうと言った

…………………………

寝ぼけてなんかない……

絶対………

wallpaper:527

数年前の本当にあったことです

母は今も健康で生きています

あの電話は、どこからかかってきたのか?

誰が母のふりをして私にかけてきたのでしょうか

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,2032
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ゾクソクしました(゚Д゚;)
なんかリアル過ぎて怖かったです!

あこさんの話本当の話だけに怖いです(゚〇゚;)

下手な文章を最後まで読んで頂きありがとうございました

これも、20代の頃の本当にあった話しです

今も、母に会う度に時々、話しがでます