夏は「後悔」の季節でしかない

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

夏は「後悔」の季節でしかない

僕にとって夏は「後悔」の季節でしかない

nextpage

小・中学校の夏…

宿題を後回しにして、夏休み終盤に泣いた。

nextpage

高校生の夏…好きな女子に告白する前に、その女子が彼氏を作っていた。

nextpage

大学生の夏…早めに就職活動を始めた結果、全く満喫出来なかった。

nextpage

必死の思いで入社した今の会社も収入は中の下。さらに、有給休暇から戻ってきた僕に体良くミスをなすりつけた上司から、

「あ、お前は明後日から離島にある新設の事業部に異動な。」

という左遷命令。

nextpage

ーその日の夜ー

nextpage

僕は山に来ていた。

夜の山奥は街中よりも蝉の声がうるさい。

「…本当、夏は後悔の季節でしかない…」

そう呟いた僕の前には………

nextpage

ある一つの死体が転がっている。

nextpage

その死体を持ち上げてから、

「じゃあな。クソ上司…」

僕は崖から死体を放り投げた。

nextpage

死体が何かにぶつかった音がしたが、夏の蝉の声にかき消されてうまく聞こえない。

nextpage

「あ、そうだそうだ。」

nextpage

僕は誰かに言うのでもなく。

nextpage

「大人になってから後悔するのはこれで…」

nextpage

1人でにこう言った。

nextpage

4回目だったかな?

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9728
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ToruMathuokaさん。
コメントありがとうございます。

はい。そういうことです。

表示
ネタバレ注意

ゲス姉さん。
怖いありがとうございます。

Licoさん。
怖いありがとうございます。

ベアトさん。
怖いありがとうございます。

ケイさん。
怖いありがとうございます。

AokiMinoさん
怖いありがとうございます。

こんばんは。朱城憂です。

「夏の夜に後悔するお話」

お暇な方はぜひご覧下さい。