長編9
  • 表示切替
  • 使い方

お兄ちゃん

昨日、お兄ちゃんが死んだ。

元々、病弱だったお兄ちゃんは常に入退院を繰り返して

とうとう16年の生涯を閉じたのだ。

両親は病弱なお兄ちゃんを何とか救いたかった。

その心の隙間に付け入られ、6年前、新興宗教に勧誘されてしまったのだ。

宗教は人の心を狂わせる。

両親はお兄ちゃんが死んだというのに、涙一つ流さなかった。

私は、一晩中泣き明かしたというのに。

「かおり、そんなに悲しまなくていいのよ。

お兄ちゃんは必ず復活するのよ。

ジザス様がお救いくださるから、大丈夫なの。」

母はそう言い、微笑む。

私は母に猛然と食ってかかった。

「神様なんていないの!まだわからないの?

お兄ちゃんが死んだってのに、目を覚ましてよ!

お母さんたちは狂ってる!」

そう言うと、母は鬼のような形相で、私を殴りつけた。

「なんて罰当たりなこと言うの!

ジザス様は慈悲深いのよ!お兄ちゃんを見捨てるわけないじゃない!

狂っているのはあなたよ!なんでそんなこともわからないの!」

それを見ていた父が私を庇った。

「お前、何も叩かなくてもいいじゃないか。

でも、かおりも悪いぞ?縁起でもない。おにいちゃんはきっと

復活するんだ。お母さんにちゃんと謝りなさい。」

私は少しでも、父に期待したことに腹が立ち、失望した。

狂人に何を言っても無駄だ。

私は自分の部屋に走って閉じこもり、鍵をかけた。

どうしてこんなことになったんだろう。

あの宗教にハマるまでは、うちは普通の家庭だった。

お兄ちゃんは入退院を繰り返していたけど、家族旅行したこともあったし

体の弱いお兄ちゃんを支え、皆で協力して、愛情に溢れる家族だったのだ。

宗教が私の家庭を壊した。

両親が宗教にハマってからは、何をおいても、その宗教の行事が優先で

食事前には、今までしなかった、お祈りのようなものも強制され

何かと私も宗教のイベント会場に連れて行かれた。

はっきり言ってウンザリしていた。

お葬式だって、親戚縁者を誰一人呼ばず、教団施設内で

誰ともわからない人々が葬儀に参列し、おかしな歌を歌い始めたのだ。

ただし、両親はそれをお葬式とは呼ばずに、復活祭と呼んでいた。

何かの宗教のアレンジじゃないの。バカみたい。

葬儀のあくる朝、私は2階の自分の部屋を出て、下に降りて驚いたのだ。

お兄ちゃんの死体が、まだお布団に寝かされているのだ。

「ちょっと、何でお兄ちゃんを火葬場に連れていかないの?

ずっとこのままにしておくつもり?」

私は両親にたずねた。

「何言ってるの。焼いたりしたら、お兄ちゃん、戻ってこれなくなっちゃうじゃない。

復活するまで、待つしかないのよ?お兄ちゃんは死んだわけじゃないの。

生まれ変わるのよ。」

「かおり、心配しなくても大丈夫だぞ。もうすぐ、

お兄ちゃん帰ってくるからな。」

両親の目は普通じゃない。

でも、この人たちはこれが正しいことだと信じてやまない。

私はもう疲れ果ててしまった。

両親と言い争う元気もない。

でも、本当に、お兄ちゃんはまるで寝ているだけのような

安らかな顔をしていた。

両親の気が済むまで、こうしてお兄ちゃんを側におくのもいいのかも。

そして、私自身も、お兄ちゃんの体がこの世から消えてしまうことが悲しかったのだ。

しかし、1週間も経てば、ちょっと様子は変わってきた。

家中にお兄ちゃんの腐臭が漂っている。

お兄ちゃんの顔色も、土気色になってきて、多少崩れてきている。

これはさすがにまずいのでは、そう思い、再度両親に

きちんと死体の処理をするように言ってみた。

でも、やはり応えはわかりきっていた。

烈火のごとく怒り、もう少しで復活するのだ、と言い張るのだ。

2週間もすると、お兄ちゃんがだいぶ変形してきた。

人間の形をかろうじてとどめている。

臭いはもう強烈だ。

私はなるべく、自分の部屋にお兄ちゃんの臭気が入ってこないように

密閉した。そして、食事も自分で買ってきて、自分の部屋で食べた。

もうこれは限界だ。

友人の家にでも居候させてもらうか。

私がそんなことを考えていた矢先だった。

ある朝、学校へ行くため、下へ降りていくと、ダイニングの椅子に

お兄ちゃんが座っていたのだ。

信じられない。本当に蘇った。

肉が腐って垂れ下がり、ほぼ顔はお兄ちゃんだとはわからない。

私は吐き気を催した。

「かおり、心配掛けてごめんな。俺、帰ってこれたよ。」

懐かしいお兄ちゃんの声だ。

「お兄ちゃん、お兄ちゃん!」

私は嗚咽した。

「ね、言った通りでしょ?

ジザス様は、お兄ちゃんをお見捨てにはならなかったのよ。」

両親は満面の笑みで私を見た。

お兄ちゃんは蘇ったのだけど、相変わらず肉体は腐ったままで

歩くたびに臭気を撒き散らし、やはり吐き気を抑えられない。

お兄ちゃんが蘇って3日目の夜、私はうっかり自分の部屋の鍵を掛け忘れ

勉強していたら、いきなり腐臭が漂ってきて、振り返ったら

お兄ちゃんが立っていた。私はまだその容姿に慣れておらず

心臓が止まりそうなほど驚いた。

お兄ちゃんとは言え、見た目はゾンビ、リアルゾンビなのだから。

「そんなに驚くなよ。俺だってこんな姿になんてなりたくなかったのだから。」

そう言われ、私は、お兄ちゃんに悪いと思った。

「ごめんね。どうしたの、お兄ちゃん?」

「久しぶりに勉強でも教えてやろうか?」

そう言いながら私に近づいてきた。

やはり臭いは強烈で、吐き気がした。

なんとか耐えて、勉強を教えてもらうことにした。

私がノートに向かうと、机の上に腐敗したお兄ちゃんの手が乗って

お兄ちゃんは、私の耳元でこう囁いたのだ。

「お前、うまそうだな。」

私は驚いてお兄ちゃんの顔を見た。

黄ばんだ歯が、腐った唇の隙間から覗いた。

笑ったのか?

これは、お兄ちゃんではない!

お兄ちゃんのぬるりとした手が私の手を掴んだ。

私は、今まで出したことの無いような悲鳴をあげた。

強く引っ張って抗うと、お兄ちゃんの手のひらの皮がずるりと剥けて

私の腕に張り付いていた。

「いやっ、いやぁあぁぁ!」

私はお兄ちゃんを力いっぱい部屋の外に突き飛ばした。

すぐに、鍵を掛けて部屋に閉じこもった。

何が蘇ったのか。

おぞましい何か。

お兄ちゃんの皮を被った何かがドアを叩く。

ほぼ肉体が腐っている手でドアを叩くから、

叩く度に湿った物がぶつかるような嫌な音がする。

私はおぞましさに耳を塞いだ。

びちゃびちゃびちゃ。

「急にどうしたんだよぉ。開けろよー。」

声が半分笑っている。

助けて。母に助けを求めようとしたが、

あの正気ではない目を思い出してしまい諦めた。

きっとふざけあってるとしか思わない。

「なあに?騒々しい。ご近所めいわくでしょう?」

お母さんが大声で注意する声がした。

「お母さん!ダメ!」

私が叫んだ時には、もうお母さんの悲鳴が響いていた。

「お母さん!」

私は思わず、ドアをあけてしまった。

そこで私は信じられないものを目にする。

お兄ちゃんが階段の下でお母さんの喉元に喰らい付き、おびただしい血が、お母さんのエプロンを濡らしていた。

「きゃあああああああ!」

私は喉が裂けるほど叫んだ。もうお母さんの目は虚ろに開いているだけで、生の気配を消していた。なんていうことを。私の頬を涙が伝った。

振り向いたお兄ちゃんの口からは、真っ赤な鮮血が滴り、腐った皮を伝って廊下に血溜まりを作っていた。

お父さんは、まだ会社から帰っていない。助けて、お父さん!

私の太ももを熱いものが伝った。

「だめじゃないか。かおり。いい年をしてお漏らししちゃって。」

お兄ちゃんが笑っているのかどうかわからない顔で階段をゆっくりと昇ってきた。

私は素早く、部屋に引き返して鍵をかけた。

ドンドンドンドンドンドンドンドンッ!

執拗にドアが叩かれる。

ドカッ、ガツン!ドガドガドガ!

お兄ちゃんがあらゆるものを使ってドアを破壊しようとしている。

逃げなくてはいけない。

その時、外で車が止まる音がした。お父さんが帰って来たんだ。

慌てて窓から覗くと、お父さんは車から降りて玄関のドアを開けようとしていた。

「お父さん!助けて!」

私が叫ぶと、ドアを叩く音が止み、ドタドタと階段を走って降りる音がした。お兄ちゃんだ。お兄ちゃんはお父さんまで殺す気なんだ。

「お父さん、逃げて!」

ドアを開けたお父さんが一瞬、二階の窓から覗く私の顔を見上げた。

その瞬間、お父さんの姿が消え、玄関のドアがバタンと乱暴に閉められた。

「うぎゃああああああ!」

今まで聞いたことも無いような、お父さんの叫び声が響いた。

喉を食い破られたお母さんの姿が一瞬目に浮かぶ。たぶん、お父さんも今、同じ目に遭ってる。

どうして?なんでなんでなんで?こんなことに。

私が悲しみに暮れている間にも、お兄ちゃんの足音がまた、近づいてきた。

もうお父さんの声もしなくなり、不気味な静けさの中、お兄ちゃんの足音だけが、私の耳を捉える。もう一刻も考えている余地は無い。

私は、二階の窓から飛び降りた。

それと同時に二階の私の部屋から大きな物音がした。

きっとドアを壊された音だ。

私は恐る恐る、二階の窓を見上げると、お兄ちゃんが下を見下ろし

おそらく笑った。遠くて表情はわからなかったが、声が笑ったのだ。

私は足がガタガタと震えた。

お兄ちゃんが階段をかけ降りる音が響く。

「来ないで!」

私は声の限り叫んだ。

私は、飛び降りた時に、足をくじいた痛みを我慢して、

震える足を一心不乱に動かして、夜のアスファルトを裸足でひた走った。

お兄ちゃんが玄関を開ける音がした。私は走りながら振り返った。

そこには、血まみれのお兄ちゃんが立っていた。

お兄ちゃんは私を追うでもなく、たた呆然とそこに立ち尽くしていた。

お隣の家までは、100メートルほどなのに、やけに長く感じた。

夜中にお隣のドアを叩いて助けを求めた。

隣のおばさんに、何があったのかと問われた。

「お兄ちゃんが!お兄ちゃんが!」

私はしゃくりあげて、ただそう言うだけで、この状況をどう説明していいのかわからなかった。

隣のおばさんも、お兄ちゃんが死んだことも、ましてや蘇ってゾンビになったことすら知らないのだ。

「どうしたの?お兄ちゃんが、また具合悪いの?救急車を呼びましょうか?」

おばさんが、私に問いかける。

「お兄ちゃんが、死んで・・・お父さんとお母さんを、襲ったの!」

おばさんは、私の言うことに明らかに困惑をしている。

「よ、よくわからないけど。何かあったのね?」

そう言うと異常を察知して、おばさんが警察を呼んでくれた。

私は警察官に付き添われて、自分の家に帰って来た。

だが、そこにお兄ちゃんの姿はなかった。

両親の遺体の状態は酷かった。

まるで動物に噛み殺されたような死に様だった。

喉元は裂け、腸も裂かれ、あたりは血の海だった。

私は腐った唇からのぞいた、お兄ちゃんの黄ばんだ

鋭い歯を思い出し、映像を追い出そうとぎゅっと目をつぶった。

最初、私が警察に疑われたが、物的証拠は何もなく、明らかに異常な両親の死に様に警察の捜査も難航した。両親の司法解剖の結果、両親の体のいたるところからお兄ちゃんのDNAが発見され、お兄ちゃんは警察に指名手配されてしまった。

もちろん両親は、お兄ちゃんの死亡届けを出していないのだから、お兄ちゃんは戸籍上生きているので、指名手配されてもなんら不思議ではない。

ただ、私だけが、お兄ちゃんが絶対に捕まらないことを知っている。

だって、お兄ちゃんはもう死んでるんだもの。

今もお兄ちゃんは行方不明だ。

お兄ちゃんの皮を被った何かが

きっと今も、どこかを彷徨っているのだ。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,3586
20
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

鏡水花様
コメント、怖い、ありがとうございます。
随分古いやつです。
バカみたいに100以上書いてるので読んでなくて当たり前ですよw
本当、書き散らしてばかりでスミマセン。

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

>ゴルゴム13様
ありがとうとざいます。ゾンビの映画は怖くて見れなかったのですが、CMが怖かったのを覚えています。

よもつひらさか様
インパクトありますね。面白いです。