中編2
  • 表示切替
  • 使い方

放課後の学校

music:1私は、親友の優子と一緒に帰っていた。

nextpage

「今日のは、凄かったね。花ちゃん」

nextpage

私達は、足が止まってしまい、長話を続けていった。

nextpage

気がつけば、5時になっていた。そんなに経ってないと思うのだが…。

nextpage

「花ちゃん、あのプリントある?国語の」

nextpage

カバンを下ろし、プリントを探した。……あれ?あれれ?無い!え!?

nextpage

「大変じゃない!今日の宿題だよ!」

nextpage

忘れたら、減点されちゃう…!仕方ない。

行くしかなさそうだ。

nextpage

「私も行くよ?花ちゃん。暗いし、危ないかもしれないから…。」

nextpage

二人で行くことになった

nextpage

電気が消えていて、辺りは真っ暗。こっそり、携帯があったので、お母さんに訳をいった。なんとか、許可をもらった。

nextpage

「見て、懐中電灯毎日、持って来てるの」

nextpage

優子がライトを付けた。少しは見えるように、なっただろうか。やがて、教室へついた。「ガラガラッ」扉を開けて、席へ。

nextpage

music:2ライトが、切れてしまった。

nextpage

「嘘!つかない!」

nextpage

wallpaper:213

ライトをカタカタと、揺らしてみるが、全くつかない。私達は、机を触りながら、安全に行った。電気は、消灯時間でつけても、元から切ってあるので、つかない。

nextpage

「落ちついて!優子」

nextpage

慌てている優子の手をにぎり、落ち着かせた。

nextpage

「タタ…」

nextpage

足音がきこえる。口に手を当てて、喋れないように、ふさいだ。優子と私は、汗を書きながら、何かを祈った。

nextpage

「ガラガラッ」

nextpage

私達がいる、教室に誰か入ってきた。優子は、私はにくっつき、泣きそうだ。

nextpage

ケタケタと笑い声が聞こえた。その声がどんどん、近くへ…近くへ…

nextpage

光…!光はない!?懐中電灯以外のっ!

nextpage

どこにも見当たらない…。そうだ

携帯で懐中電灯のアプリがあったはず…

nextpage

携帯を開き、アプリを開いた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
50300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ