中編3
  • 表示切替
  • 使い方

心霊スポット 滝不動

山形県で最も有名な心霊スポットです。

実害も、多く、事故っただの、死んだたの、呪われただの、噂が絶えない場所です。

自分もその体験をするまでは、たたの噂だと、思っていました。

滝不動には、3つの関門があります。

1つ目は、トンネル

よくありがちな、トンネルに入ると、乗り物は、エンジンがかからず、懐中電灯や、携帯も使えなくなる。

2つ目は、山道

トンネルを抜けた先の山道。

街灯は、ぽつぽつあるが、光が弱いのか、やたらと暗い。

そこには、着物を来た女性がいる。

不気味なのは、振り返らないと見えない。

通る時には、何も無かったのに、振り返ったり、バックミラーで、後ろを確認した時にしか、現れない。

3つ目は、首なし地蔵

ここまで来れば、滝不動は、目の前。

滝不動に行くためには、階段を使って降りる。

その階段の中腹に首なし地蔵は、ある。

そこでは、地蔵の前で、一礼をしなければならない。

やらなければ、永遠にその中腹を、行き来することになる。

この関門も、諸説あるらしいのですが、

今回は、トンネルでの話。

自分が高校生の時、面白半分で、先輩たちと、滝不動に行くことに行った。

単車3台で向かい、自分は、バイクの後ろに乗せてもらった。

トンネルまで来ると、先頭の先輩が、バイクを止め、降り、エンジンまで、切った。

「試してみようぜ。」

3台共、エンジンを切っり、「せ~の」でエンジンをかけた。

かかった。

「かかるんかい!アッハハハ。」

先輩たちが、笑っている時、自分は、違和感に気づいた。

トンネルの照明が、暗くなった気がした。

注意して見ていると、ゆっくりと光が弱くなっていた。

その事を先輩に話すと、理解してくれた。

不気味さも相まって、戻ることになった。

が、

先頭の先輩がエンスト、中型バイクの走り出しは、コツがあり、初心者は、よくエンストする。

「ダッサ!エンスト~!」

ギュ~ン……

ギュ~ン……

残り2台も、エンジンが止まった。

バイクのライトが消えてやっと、気づいた。

トンネルの照明は、消えかかっていた。

「マジかよ!エンジンかからねぇよ!」

3台とも、鍵を回しても反応すらない。

「おい!今俺の首に何か、付いてないか!」

先輩が、首を指差しながら言った。

暗くてよくわからない。

何も付いていないように見えるが、

首筋の色がどんどん変わって行くのがわかった。

「一先ず、バイク引いて、トンネル出るぞ!」

トンネルから出ると、バイクのエンジンが、勝手にかかった。

様子のおかしい先輩と運転を代わり近くのコンビニまで行った。

先輩の首筋は、黒く変色し、頬の一部まで広がっていた。

アザなのか、うっ血なのか、火傷なのか、

念のため、病院へ行ったが、原因は、全く分からなかった。

先輩が言うには、痛みは、ないが、ひどく冷たいらしい。

違和感を感じた時も、凄く冷たい手で触れられたような気がしたと言う。

結局、何の影響もなく、十数年経ち、

アザは、薄くなったものの、消えては、いない。

むしろ、残ったアザは、人の右手の形で残っている。

Normal
閲覧数コメント怖い
5540
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ