中編2
  • 表示切替
  • 使い方

玄関

ある男が体験した話です。

wallpaper:68

おとこは高校生で、夏休み中でした。

毎日暇な様子で、テレビを見たり、ゲームをしたりしていました。

そして、ある日の昼間、豪雨でした。

「ピーンポン!」

だれだだれだ?

と玄関を開けました。

宅急便でした

「印鑑おねがいできますか?」

「はーい」

荷物は母親あてでした

そして、さらに5分後

「ピーンポン!」

「今度は誰だ?」

と玄関に向かう。

「ガチャ」

「キィー」

「はーい、何の用ですか???」

といった瞬間男は不思議に思ったそうです。

チャイムが鳴ったはずが、ドアを開ければ誰もいない

不思議そうに思った男は玄関のドアを閉める

「キィー」

次の瞬間いなかったはず人影が玄関のドア越しでは見える。

「は!?」

男は不思議そうに恐る恐る玄関のドアを開ける

だが、誰もいない

そしてまた、ドアを閉める。

そしてまた人影が現れる。

男は恐怖になり、2階へ駆け上がり

布団にもぐる

恐怖のあまり母親に電話を掛けるが

通話中で「ぷーぷーぷー」

「なんでだよ!」

またかけなおす「ぷーぷーぷー」「なんでだよ!」

そして次の瞬

「ガチャ。キィー」

さっきのやつが入ってきたのか?

と男は思ったそうです。

「ドンドンドン」廊下を歩く音

「ガタンガタン」扉を開ける音

「完璧に俺を探してる」と恐怖のあまり震えが止まりませんでした。

「カタンカタンカタン」会談を上る音

「お終いだ...]

この家の2回には4つの部屋がある。

「ペタペタペタ」「ガチャ」1つ目の部屋

「ペタペタペタ」「ガチャ」2つ目の部屋

「ペタペタペタ」「ガチャ」3つ目の部屋

「あぁぁぁ次は俺の部屋だ」

「ガチャ」「ペタペタペタ」俺の部屋を歩き回っている

「ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガ」震えが止まらない

そしてかすかに聞こえる音「はぁーはぁー」息の音

次の瞬間、低くて怖い声で「そこの布団のなかかなぁ。。。はははははははははは」

と誰かが笑い出しました

「あぁぁもう終わりだ・・・」

次の瞬間「ガチャ!ただいまーーすごい雨だねー」

と母親が帰ってきた。

「おーい、いないの?」と母親が言った

「もう大丈夫かな?・・・」

布団から出て1階に向かった

男は、母親にすべてさっき起きたことを話した

母親は、知っていることをすべて話した

「あんたには言ってなかったんだけど、ここ中古物件なのよ。昔この家でDVに悩まされていた女の人が

精神状態が限界になり首をつって自殺したらしくて、でも、そのDV夫を探してるっていう話らしいよ。

そして、自殺したっていう場所が2階なの・

と母親はすべて話した

怖くなった男は、部屋を1回に移してから、

このような怖い体験をしたことはないそうです・・・

Normal
閲覧数コメント怖い
7980
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ