中編3
  • 表示切替
  • 使い方

交代

及川さんは一つ歳下の妹の死後、学校を休み家に閉じこもっていた。家全体が暗い空気に包まれていた。

とても学校に行く気持ちになれなかった。両親も特に何も言わなかった。傷が癒えるのを待っていてくれた。

3ヶ月程たった頃。夜、及川さんの家に佐村君がやって来た。

「罰、あたったねぇ。」

玄関口で佐村君は突然こう言った。

「…何言ってんだお前?」

「カミサマ。馬鹿にしたでしょ。」

佐村君がニヤつきながら、ポケットから石を取り出す。明らかに様子がおかしい。

及川さんは、以前佐村君にその石を見せてもらったことがある。

カミサマと呼ばれているその石。

手のひらに収まる程度の大きさの石ころだ。

ぼそぼそと何かを喋る石。

ただ喋るだけの、何の御利益もないその石を及川さんは罵った。

佐村君と喧嘩別れして帰宅すると、妹が死んでいた。階段から転落して。

「及川君が馬鹿にするからカミサマ怒ったんだよぉ。」

焦点の合わない目。ぼそぼそと囁き声が聞こえる。

気がつくと佐村くんを殴り飛ばして馬乗りになっていた。

「カミサマを馬鹿にするからぁ。」

何度も何度も殴り続けた。

「ひとごろしぃ。罰当たりぃ。」

相手の顔と、自分の拳が腫れ上がり、血が出ている。

「これからはぁ、ちゃんとカミサマを拝むんだよぉ。交代だよぉ。」

…ぶっ殺してやる。

「何やってるんだ!」

及川さんの父親に引き剥がされ、我に帰ると、涙がポロポロと溢れてきた。

「こいつが!俺のことひとごろしだって!」

及川さんは先程までの出来事を父親に伝えようとする。嗚咽で上手く話せない。

「待て待て!先ずは手当てだ。」

及川さんの父親が佐村君の方を向いた。及川さんも続く。

佐村君はいなかった。いつの間にか消えてしまった。

「帰ったのか?あの子は何処の子だ?」

・・・帰れるのか?あんなに殴ったのに?

佐村君が倒れていた場所を見る。

佐村君の血。自分の血。そして、あの石。

・・・なんだよ。忘れていきやがった。

その石を庭に向かって蹴る。腹の虫はまだ治まらない。

「その手。薬塗ったらさっきの子の家に行くぞ。案内しろよ。」

母親に手当てしてもらった後、及川さんは佐村君の家に父と向かった。途中で菓子折りを購入する。

道すがら、事の顛末を全て父親に話した。佐村君のこと、妹のこと、そして、石のこと。

「お前のせいじゃないよ。あれは事故だ。誰も悪くない。」

涙が止まらない及川さんの頭を撫でながら、父親が言った。

「石は父さんも良くわからんな。今度調べてみるよ。」

父親の頼もしさに及川さんは少し安心した。

佐村君の家に着き、すぐに様子が変だと気付く。

人の気配がない。明かりもついていない。庭先を除くと相当に荒れている。

父親が玄関ドアを叩く。反応がない。誰もいない。

玄関前に立ち尽くしていると、隣人が様子を窺っているのに気付いた。

話を聞いてみると、1ヶ月程前から一家の姿を見ておらず、夜逃げだと思っていた。とのことだった。

お礼を言い帰宅に付く。

「本当に佐村君だったんだよな?」

父親が呟いた。

帰宅後、食事と風呂を終えた及川さんを母親が強く抱きしめた。

「大丈夫だからね。あんたは悪くないからね。」

もう寝なさい。母親は優しく微笑んだ。

深夜。誰かの声で目を覚ます。ひそひそと囁く声。部屋の中ではない。何を囁いているのかはわからない。

・・・煩いな。誰だ。

突然、1階の電話が鳴る。時計を確認する。深夜の3時を回っていた。

一向に電話が鳴り止まない。両親が気付かないはずはない。だが、誰も電話に出ない。

2階の寝室を出て階段を降りる。1階の廊下にある電話が鳴っているのを確認する。両親は起きてこない。

そっと受話器をとる。

「もしもし。」

「おいかわくぅん こうたいだよぉ カミサマァ ちゃんとまつってねぇ。」

電話が切れた。

震える足で1階の両親の寝室に駆け込み布団に潜り込む。囁き声はまだ続いていた。

Normal
閲覧数コメント怖い
7602
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

津軽様。
ファンになりました。
次回作、お願いいたします!

表示
ネタバレ注意