中編3
  • 表示切替
  • 使い方

黒い服のオンナ

やあロビンミッシェル子だ。

突然だが皆、脳幹出血により3年前にこの世を去った昭和の「猛者」を憶えているだろうか?

そう…桑名◯博氏だよな!

桑名氏と言えば引きこもりに始まり、シャブを食ったり、矢沢や優作と喧嘩したり、未成年猥褻事件等々、何かと世間を騒がせて来た伝説の男だ。

それは俺がまだ20歳の頃、双子の妹2人を連れて、親戚が営む小料理屋に晩飯を食いに行った時にまで遡る。

カウンターに3人腰掛けて呑んでいると、店の奥にある8人掛けの小上がり席から、どうも聞き覚えのある、大きな笑い声とダミ声が響いて来た。

「ガハハハハ!!!」

柄の悪い、関西弁丸出しのその声の主はそう…まさかの「セクシャルヴァイオレット」だった。

「お、芸能人♪♪ 」

俺は素直にテンションが上がったが、妹2人はなぜか桑名達を見た瞬間、嫌な顔をして「もう帰ろう!」と言い出した。

その理由を何度聞いても教えようとはせず、しきりに夏美が俺の上着の裾を引っ張ってくる…

終いには美菜の方が泣き出す始末だった。

もう、2人共ボコボコにしてやろうかとも思ったのだが、親父にバレると俺が「倍返し」にされてしまうので、そこはグッ!と堪えて店を出た。

「何なんだよ一体!サインぐらい貰わせろよ!!」

密かに、彼の生き方をリスペクトしていた俺は、滅多にないこのチャンスをみすみす逃してしまった事にかなりイラついていた。

「もう…やっぱり兄貴は鈍感ね!あの人の周りの空気とかヤバかったでしょ?気付かなかったの?」

夏美が珍しく怯えている。

「そうそう!特に桑名さんの前に座ってた黒い服着た女の人が超ヤバくなかった?恨みこもってると言うか、何かもっと邪悪な物感じたよね?!」

美菜も明らかに呼吸が荒れている。

「同意!同意!てか、美菜気付いてた? 私達がお店出る時さ、あの女の人振り返ってずっと私達の方見てたでしょ?」

「えっ嘘!キモっ!!」

「な、なんかね…すっごい目ぇして笑ってたよ…うっ!おえっ!」

そう言うと突然、夏美がゲーゲーと吐き始めた。

「きゃあ大丈夫?夏美!」

同じ顔をした美菜が、必死で夏美の背中をさすっている。

「……… 」

俺には見えなかった、桑名氏を含めた男性5人の姿しか…

「ちっ!」

俺は何か怖くなり、用事を思い出した!と嘘を吐いて逃げる様にパチンコ屋へと向かった。

後日、従兄弟である店主に先日の事を聞いて見ると、やはりあの日あの席には、桑名氏を含めた男性5人しかいなかったそうだ。

では、妹達があの時に見た黒い服装の女性とは一体誰なのか…

あれから何年経っただろうか?桑名氏が倒れ、入院した。

俺は一緒にNEWSを見ていた妹達に、今回の入院とあの女の関係の有無を訪ねてみた。

夏美はテレビ画面を指差して「ほら!」と言った。

画面には、入院する少し前の桑名氏の映像が流れている。

「…桑名さんの左腕に黒い手が巻き付いてるね」

美菜が、マモルを膝の上に乗せたまま言った。

「…まだ憑いてたんだあの人」

だが俺には何も見えない。

すると場面が切り変わり、息子さんの会見風景が映った。

白い背景をバックに沢山のフラッシュを浴びながら、桑名氏の詳しい病名と現状についての説明をしている。

その瞬間、その後ろを全身黒い服を来た女性がスウ…と滑る様に横切って行った。

そんなタイミングで、そこを人が通るのは不自然に思えた。しかし記者の誰もが気付いている様子もない。

「…今のは視えたでしょ?」

夏美が、オレンジジュースを啜りながら言う。

「…あ、ああ」

俺はゆっくりと頷いた。

【了】

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
3,56618
37
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

こ、これは∑(゚Д゚)
六本木心中…の。
うわぁっ‼︎

ロビンM子様

お誘いありがとうございます。♫~
そうですね。
体調不良を克服したら、また、若いころのように「ひとり旅」にチャレンジしてみたいです。

関西方面 特に大阪では、本当に良くしていただきました。懐かしい・・・
可能なら、お姉さま方と ロビンM子さんの作る 絶品「チャーハン」と「海老マヨ」食べに行きたいです。

昨日、夕方タクシーを利用したのですが、ドライバーさん、「どこのお店も閑古鳥ですよ。」と話していました。
「怪談レストラン ロビンM」があったら、ちょっと時期はずれですが、行ってみたいなぁ。

ちなみに、私も、桑名さん、アンルイスさん リアル~世代です。

やあ鏡水花姐さん、チャーハンを作らせたら右に出るものがいないロビンミッシェル子だ。
ほうそんな事が、離婚した事は知っていたが…数年前にアンルイス先生をテレビで見かけたが、まう随分おばちゃ…うっ!ごほごほ!ひ、ひい…

やあ沙羅姐さん、なんと「俺んとこにこないか?」だったとは!まちゃまちゃもなんかパンクな感じで好きな有名人の一人だ!羨ましいな…ひ…
俺も唯一の自慢をさせて貰うとしたら、あのクレイジーケ◯バンドの横山◯先生を助手席に乗せた事があるよ…ひひ…もう10年以上も前の話だがな…

やあ番長氏、火の玉氏、駒形氏、コメントおおきに♪♪ふむ、六本木心中…?ひひ…俺はまだ若いのでそんな古い歌は知らないなぁ…(大嘘)

やああんみつ姫氏、今日も店は閑古鳥が飛び回っているが、もし関西に来る事があったら海老マヨでも食いに来てくれ!…ひ…

表示
ネタバレ注意

あ。翔の方です(^^;
まちゃまちゃも居ましたぜww

桑名氏の関係者・・・・見ちゃったら怒るかな~
宣伝効果に繋がったと主張してみては?( • ̀ω•́ )✧
・・なんにせよ・・黒いのは、どうしても悪ぅ~い感じしかしないよねぇぇぇ~

業が深そう…

表示
ネタバレ注意

こんばんは ロビンさん
本当に美菜さんは見える力が強いんですね…。

その黒い女の人にどんな恨みを買ったのか…
これは知らない方が良さそうですね…w

なるほど。
納得しました。決して、考えすぎではないかと・・・。

秋の深まりとともに、暖かさや温もりを求めて
お店を訪れる人が増えると思いますよ。

やあシルバーウィーク明けで、皆、金を使わないな!!店が暇すぎて潰れそうなロビンミッシェル子だ。
あんみつ姫氏、沢山のコメと怖いのプレゼントをありがとう!
聞いた事があるのは、桑名氏は代々伝わる富豪の家系で、実家が恐ろしくデカく、娘か息子がお化けが怖いからと言ってよく怯えていたらしい。
もしかすると、ご先祖様が何か関係しているかも知れない…と、いうのは考えすぎかな?…ひひ…

表示
ネタバレ注意

やあ沙羅氏、それは君麻呂か翔、どっちの綾小路ですか?…ひひ…

牡丹氏、コメントおおきに♪やあロビンミッシェル子だ。
確かにここだけの話、桑名氏程のsuperstarになると、色々な人々の念が「実体化」するなんて事も有り得るのかも知れないな…ひ…怖い!俺は凡人で本当に良かったよ…ひひ…
一つ心配なのは、桑名氏の関係者がまかり間違って、この話を読まないかという不安だな!…ひい…怒られる

ロビちゃん♪こばわ(^-^)/

芸能人見かけると、私もテンション上がるわ(笑)
綾小路君の遠~~い友人が私の友達だったんで、夜中にも関わらず飲みに行ったよ(ノ´∀`*)

結果、綾小路にチューハイを焼き鳥マドラーされ。
怒ってみたというwww

表示
ネタバレ注意