短編1
  • 表示切替
  • 使い方

完璧すぎる彼女

ついに完成した。

完璧な彼女は、自動学習型アンドロイド。

目にするもの、手に触れるもの、音、匂い、味、五感の全てを駆使して、自ら学習進化を遂げていくのだ。

言語はもちろん、難解な数式も、音楽、料理、全てを再現できるのだ。

もちろん、僕の好みも全て学習済みで、容姿も、服装も、性格も、スタイルも全て僕好みに進化を遂げた。全てが完璧。

ただ一つ、彼女の欠点をあげるとすれば、彼女は勤勉すぎるということだ。

学ばなくても良い物の区別がつかない。だから、僕はなるべく悪い影響を受ける外の世界には出さなかったのだ。僕だけが彼女に、英才教育を与える。

だから、どうして、今彼女が、口から糸を吐き続けているのかわからない。

彼女の体は徐々に、繭に篭って行き、とうとう見えなくなってしまった。

でも僕は信じている。

きっと君は、もっと驚くべき変貌を遂げて、完全体になることを。

そして彼女が羽化した。

美しい羽が、日差しにキラキラと輝いていた。

そして、彼女は大きく飛び出した目を輝かせながら、ぜんまいのような口をしゅるしゅると伸ばし、僕の首に突き刺した。

彼女は何に進化したのだろう。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,3336
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意

よもつひらさか様、はじめまして。
と、おはようこざいます(笑)

お話を読んでいる間は、え?え?!と思いながら読んでました(笑)
なるほど!!
短編なのにこの仕上がり、流石です(*´ω`*)

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意