短編2
  • 表示切替
  • 使い方

プリクラ台の裏

「…でさ、そこのプリクラ台付近にな、いるんだよ。」

“出る”のポーズをしながらNは言う。

《ギャアアアアアアアア!もう行けないじゃん!そこ!》

話を聞いていたであろう周りに集まっていた人達は口々に文句を言いながら騒いでいる。

nextpage

『今日もやってんのなwまた、ビビらせて。人が悪いw』

「そう言うお前こそ、さり気なく聞いてたじゃん。」

『ん?』

「うっざ」

Nは定期的に各某所の怖話を話す。今日もその日だった。彼女は怖話に対しての知識が強い。元々、都市伝や魔術関係のオカルトに強かった私を怖話にまで発展させた人だ。すでに周りには人がいない。よし。

nextpage

『そのプリクラ台のって、またどっかの噂かなんかなのか?』

「……………マジ。」

『あ〜やっぱりね。そんな気がしたw』

「………………………行くか?…ていうか、行け。」

『えー。わかった。どうせ、明日休みだし。あ、でもお前も道づれな』

「チッ」

nextpage

翌日。確かにそのプリクラ台に行った。

『これねぇ。てか耳鳴りすんだけど。大丈夫か?』

「… 」

いつもなら笑いながら返答するはずのNから、応答がない。慌てて振り返る。

separator

マズイ。

直感的に悟った。いつもの様で何かが違う。

されど、憑かれている様子でもない。そこに女子高生ぐらいの集団が通り過ぎた。

(あ…この人達《無色》だ。)

nextpage

通りでNがおかしかったわけだ。

強制的に外に連れ出しても、相変わらず。目に色がない。

『おい。お〜い。聞こえますか〜?私です。Faustです!…起きろ!』

nextpage

「…え?なになになに⁉︎何で外いるんだ⁉︎」

『おはようございます。Nさん。頭痛の後から意識とんでるね?』

「あ…うん…どうだった?」

『お前の意識がとぶくらいの女子高生集団だったw』

「嗚呼、やっぱり…」

何故だか納得いかない様子。

『どした?』

「いや…あのな…そのプリクラ台の裏にな…

nextpage

もう一人首吊ってんのがいたんだよね。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6263
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

*mamiさん*
コメントありがとうございます。
Nも私も女性です。
リアルだとNは一人称が俺だったりするので(痛いw)つられて私も口調が男性寄りになってますw
ただ、作中は想像にお任せしたいと考えておりましたので、グレーな表現が多いのかと…(^_^;)

プリクラ台の裏のソレは、誰にも見つかってなかった様なので、きっと…ですねw

こんばんは、夜更けに申し訳ありません。
Faustさんのお話しの登場人物…会話から男性かと以前も感じたのですが、女性なんですよね?
Faustさんは、どちらなのでしょう(^_^;)?

プリクラの裏で首吊り…とは、何となく考えにくいので…と、いうことは、どこからかやってきたのでしょうか…もしくは、本当にそこで‼??
どちらにせよ、恐ろしいものです…

先日は、メッセージのお返事までありがとうございました。
なんだか、ほっこり嬉しくなっちゃいました。

現在は無くなってますw