中編2
  • 表示切替
  • 使い方

妖精さんと僕~子供の国へ~

改めまして、どうも、Faustです。

今回は創作です。

nextpage

wallpaper:517

1904年:ロンドン(夜

「お前は何をやっているんだ!!!!!!これじゃあ、利益どころか損するだろ!」

今日も父さんの怒鳴り声がする。

「はぁー、やだなぁ。」

最近ついてない。友達は僕を見るなり避けるし、今日返ってきたテストも芳しくない。おまけに、上級生は僕が“大会社の社長の息子”と知ったとたん、お金を要求してくる始末。本当に最悪だ。相談したくてもあんな状況の家族には無理だ。いっそ何処かに行ってしまいたい。

nextpage

wallpaper:1268

『大人になんてなりたくないな』

窓を開け夜景を見ながら呟いた。一人でいるとついつい本音を漏らしてしまう。今だってそう。あんな父さんを見れば、どんな子だって思うはずさ。

《オトナ二ナラナクテホント二イイノ?》

…誰?今の声は。鈴の様な綺麗な声。

『気のせい…かな…』

そう呟いて窓を閉めようとした時、また聞こえた。

《ココヨ!メノマエ!》

ビックリして顔をあげると、そこには小さい妖精がいた。

nextpage

《オトナ二ナラナクテホントニイイノ?》

また聞いてきた。

『うん!大人ってつまらないと思う!』

気付いたら、そう叫んでいた。

《ナラ、イッショニ、“子供の国”ニイコウヨ!》

『“子供の国”?』

《ソウ!イッショウ、コドモノママデイラレテ、“シケン”モ“イジメ”モナイノ!》

…行ってみたい。そう思った僕は迷わずに

『行く!行かせて!』

叫んだ。

nextpage

《ソレジャア、コッチよ!》

玄関の方へ妖精は動き出した。幸い、誰もいない。やっぱり、僕はいなくても大丈夫なんだ。そう思っているうちに、妖精はどんどん進む。暗い。足元が見えない。妖精の光しか頼りはない様だ。

wallpaper:1105

『どこまで行くの?』

《コノ、モリヲヌケタところよ。》

『あの森を⁉︎』

《エエ、ソウヨ。もう直ぐね。》

嗚呼、僕はもう直ぐで“子供の国”に行けるんだ。大嫌いなこの国とはおさらばできる!

嬉しくなって自然と足は前へ出る。

nextpage

wallpaper:1171

《ココよ!》

『ここ⁉︎』

ついたのは、崖。海にうつる月が美しい。

《ココから、飛ぶの!用意は出来た?》

『うん!』

《ココロの用意は?》

『大丈夫!』

《それじゃあ、行きましょう!》

nextpage

wallpaper:1273

僕は飛んだ。風が心地良い。目下にはロンドンの街並みが見える。さようなら、ロンドン。さようなら、僕の家族。

nextpage

wallpaper:1386

1904年:ロンドン(朝

街でちょっとした騒ぎがあった。

〈号外!号外!街一番の富豪である、あの社長の息子が自殺した!崖から飛び降りたらしい!遺体は砂浜にあり、即死だそうだ!号外!号外!…〉

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ