短編1
  • 表示切替
  • 使い方

質問

突然だが、読者であるあなた方に質問したい。

あなたたちはふと、後ろになにかいると感じたことはないだろうか。

例えば、怖い話を聞いたあとや、見たあとなんかに、風呂にはいって髪を洗ってるときに、後ろを振り返るとなにかいるんじゃないか、とか、顔を上げると鏡に何か映ってるんじゃないかとか。いつもは意識することはないが、一度意識し始めるとどうにも気になってビクビクしてしまう。

そんなものはいないとわかっていても、「いるんじゃないか」と思ってしまう。

そういう感覚に、あなた達は慣れることはないんじゃないだろうか?

そもそもあなた達の後ろにはなにかいるわけじゃない。勝手に恐ろしい幽霊だのを想像して怯えてるだけなんだからな。実在しないものに対して「慣れる」なんておかしな話だろう?

俺は慣れたけどな。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
40700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ